香南市野市町!高知県立「青少年センター」食堂でランチ! | 生姜農家の野望Online

香南市野市町!高知県立「青少年センター」食堂でランチ!

ごはんを食べに行こう!
……となったとき、迷うよね。

ああ、何を食べに行こう。
「うどんかな?ラーメンかな?イタリアン!パスタ!和食もいいなぁ……」

そんな迷える子羊たちに、私は提案したい!

いま「青少年センター」でランチする、という選択。

高知県立 青少年センター

香南市野市町にある『高知県立 青少年センター』。

「ここにあるのさ……」

空前絶後の格安ランチがっ!!

夏休み期間中ということもあるのか、青少年センターには学生の姿が目立つ。

格好から、明らかに「剣道部」だとわかる。
「おお……若き剣士たちが集っておる……!」

▲ 青少年センターでは宿泊もできる。宿泊者には朝食と夕食が提供される模様だが、それ以外の客はランチ時のみ食事可能。そういうシステム。

「よくある飲食店ではないからか、なにかドキドキする……」

ドキドキしながら入った食堂。中の空間は広々としている。

『高知県立青少年センター』の食堂は、食券制。

▲ 食堂の奥に、厨房と食事スペースを隔てたカウンターがあり、その脇に「券売機」が設置されている。

券売機には、うどん、ラーメン、蕎麦、丼もの、カレーライスなど、いかにも”食堂”といったイメージ通りのメニューが並ぶ。

残念ながら、蕎麦は売切れ。
「マジか!きょうは絶対蕎麦の気分だったのに!蕎麦食べたかったなぁっ!!!」(ウソ)

 値段は、格安。
「オムライス460円!そば飯420円!カレーうどんにいたっては、350円……!」

そのコンボでいこう!

食券を購入してカウンター越し、食堂のお姉さんに3枚の食券を渡す。
「これでお願いしやす……!」

数分後、現れた3品は、まさに食堂のそれだった……!

オムライス、そば飯、カレーうどん、を食べる。

これが!香南市野市町……!
高知県立青少年センター……!

「食堂」のランチだ!

「食堂ってこうだよねぇ……。なんか落ち着く」

オムライス(スープ付き)460円

トロトロ卵のオムライスを「平成のオムライス」と呼ぶ場合があるが、『高知県立青少年センター』のオムライスは綺麗に焼いた、“ザ・昭和のオムライス”

これぞ「食堂のオムライス」とも言える。

ケチャップの滝。

いいですなぁ……。
「トロトロ卵のオムライスもいいけれど、一周回ってこういうオムライスが食べたくなるとき、ある……」

カレーうどん(350円)

褐色の海に、うどんが横たわる。
「これもオムライス同様、見るからに”食堂のカレーうどん”だなぁ」

たとえば『自販機うどん』のような、魅力的な世界観が広がる。

参考記事:懐かし昭和レトロ自販機うどん&四国唯一のトーストサンド自動販売機

食べてみると……
「普通のカレーうどん。だがここで食べるにはそれがいい!」

そば飯(スープ付き)420円

ソース香る、そば飯。

「これも普通のそば飯なんだけれど、普通なのがいい。ここでいきなり“子羊の低温ロースト・ブラウンソース~ローズマリーを添えて~”とか出されると、違うだろぉぉぉ!となるように、普通、それこそが食堂……」

ノスタルジックってもんだろう……!!

オムライス、カレーうどん、そば飯。それらすべてに何か懐かしいものを感じた『高知県立 青少年センター』食堂。

食べ終わった食器は「食器返却口」にて、軽く水で洗い流して水溜まりへ。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「高知県立青少年センター」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県香南市野市町西野303-1(地図
営業時間/10:00~15:00
定休日/月曜日(祝祭日の場合は翌日休み)、年末年始
駐車場/有
一人行きやすさ/○ 店内広いが、食券制で行きやすい。
子連れ行きやすさ/?

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)