ローソン「ホットミルク」を発売!牛乳缶のマークは伊達じゃない!


ロゴにミルク缶のマークが入っている、コンビニエンスストア『ローソン』のマチカフェ実施店で「ホットミルク」の販売が開始された。* 多くのローソン店舗では、レジにて店員さんに注文するシステムです。

  • 発売日/2017年10月17日(火)
  • 価格/130円(税込)

販売される地域によって、使用する牛乳の産地が違う。

▼ 各エリアの店舗で使われる牛乳の産地は以下の通り。

■北海道エリア 
 北海道根釧産牛乳
■東北エリア 
 岩手葛巻産牛乳
■関東・甲信越エリア 
 北海道根釧産牛乳
■東海・北陸・近畿エリア 
 北海道産牛乳
■中国・四国エリア 
 鳥取県産牛乳
■九州(福岡・佐賀・熊本・長崎・大分)エリア 
 阿蘇山麓産牛乳
■南九州(宮崎・鹿児島)エリア 
 種子島産牛乳
■沖縄エリア 
 沖縄県産牛乳(一部熊本県産を含みます)

(ローソン公式「ローソン研究所」より引用)

四国エリアは、鳥取県産牛乳使用とのこと。

鳥取……!
砂丘のイメージしかない!

高知で鳥取の牛乳はあまり……というか、まったく馴染みがないため、この機会に飲んでみると、”鳥取の味”が知れるかもしれない。

さらに「カフェラテ」、および「アイスカフェラテ」も10月17日(火)より、味がリニューアルされたらしく、

牛乳のローソン!

そんなイメージを強めてきている。

しかも各種カフェラテは、2017年10月17日(火)~23日(月)まで、20円引き!

個人的にはミルクよりも、もっとコーヒー感を強めて欲しいという希望はある。

けれども看板にミルク缶があしらわれているくらいだから、やはり牛乳のローソンでないといけないのかもしれない。

むしろ看板がミルク缶でなく、コーヒー豆になれば、豆にこだわってくれるのではないか。

そんな気もする。

ローソン株をたくさんお持ちのかた、看板をコーヒー豆化する件、よろしくお願いします。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top