高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

製麺処蔵木 牛モツのつけ麺 & 塩の中華そば

投稿日:2010.09.05 更新日:

一般的に、「田舎に帰る」という表現はしても、
「都会に帰る」という表現は、あまりしない。

だけど、元々都会(といっても高知市だが)に住んでいて、
現在は田舎で暮らしている私にとって、
高知市内に行くということは、
「都会に帰る」というような、不思議な感覚がある。

この日、
用事があって市内に出て来た竜一。

路面電車のガタゴトと言う音。
シャー!と車が走る音。
行き交う人々の足音、話し声。

「市内は賑やかやな~」
心の中でそう呟きながら、中央公園をテクテクと歩く。

向かった先は、ココ。

製麺処 蔵木

『製麺処 蔵木』

にゃお吉さんのブログで見付けたの~!
(にゃお吉さんの蔵木の記事はコチラ→ 『にゃお吉さんの蔵木の記事へ』

小さくて可愛らしい店内は、
黒色が印象的な、今風でオシャレなデザイン。

入り口から見て縦にカウンター席があって、
その背中側にテーブル席が、5席ほどある。

私が行った時、4~5人いた店員さんは、みんな男性。
それぞれが力の入った眼差しで、忙しそうに動いていた。

いつもなら注文を決めるのに、
信じられないほど迷う竜一。

しかし、ここでは即決。

その理由は、メニューの中に私が大好きな、
ある物の名前を見付けたからである。

製麺処蔵木 牛モツのつけ麺(大盛り)

『牛モツのつけ麺(大盛り)』

出されたそれを前に、
右手を天に掲げると、
私はゆっくりと語り始めた。

おうおう・・・牛モツよ・・・。
愛するそなたが何故ここに。

製麺処蔵木 牛モツのつけ麺 スープ

焼肉屋に行く奇跡があったならば、
そなたを注文しない日は無いし、
スーパーのお肉売り場でも、
いつもそなたを購入したいと思っているのだよ。

その声。
モツに届く。

竜ちゃん・・・。(〃ω〃) ポッ

牛モツ・・・!

二人が深い関係になるのに、
時間は掛からなかった。

製麺処蔵木 牛モツのつけ麺(大盛り)麺アップ

ややや!
この麺はなかなかの太麺で歯応えがあるな!

そうだよ!竜ちゃん!
このお店の麺は、自家製麺らしいよ!

ふむふむ。
この食感、喉越しの良さ。
只者ではないな!

製麺処蔵木 牛モツのつけ麺 麺アップ2

ネットリと舌に纏わり付くように濃厚なスープは、
シコシコとした食感の太麺に絡み付き、
圧倒的な攻撃力を生み出して、喉を越す。

こ・・これは・・・!
まるで生ビール・・・!
ゴクゴクと飲める・・・!

麺を・・・、
飲む・・・!

スープに溶けた
旨味と共に・・・!

製麺処蔵木 塩の中華そば

『塩の中華そば』

基本的には、つけ麺が主体だと思われる蔵木。
しかし、普通のラーメンもありました。

つけ麺用のそれとはまったく違う、細めの麺。
スープは、とてもアッサリとしていて、透き通った味わい。

製麺処蔵木  羽根付き焼餃子

『羽根付き焼餃子』

羽根、全開。

まるで、円盤・・・!
まるで、フリスビー・・・!

投げたら、
犬が追いかける。

それだけは間違いない。
だから、決して投げてはいけない。

製麺処蔵木 羽根付き焼餃子 アップ

『製麺処 蔵木』
自慢の自家製麺の攻撃力が光るお店でした。

製麺処 蔵木

◆ 製麺処 蔵木
【営業時間】 11時30分~16時・17時30分~0時(金・土は深夜3時まで、日曜は21時まで)
【定休日】 無
【駐車場】 無

(牛モツのつけ麺750円、塩の中華そば600円、羽根付き焼餃子400円など。
大盛60円増、特盛100円増)
製麺処蔵木の場所

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.