幻の山雀うどん ごっくん釜揚げ村の章 前編/UDONスーパーフード

師走も残り数日という時期に到った、昨年末のある夜。
私は、某・裏麺師さんのブログにコメントを書いていた。

「釜揚げうどんに柚子の皮っスか・・・!
いいっスねぇ・・・ごっくん釜揚げ村じゃないですかぁ・・・!」

パソコンのモニターに映し出された白き麺に、
いささか興奮しながらコメントを書き込むこと、30分。

圧倒的長文が完成した。

<あぁっ・・・!それにしても・・・!
我ながら超大作を書いてしまったものだ・・・!>

感慨に耽りながら、
送信ボタンを押した。

翌日。
事態は急転直下。

山の畑の畦ぶちに立つ柳の下で、
そよそよと流れる風にあたっていると、
一羽の伝書鳩が飛んで来て、紙をよこした。

鳩の足に括り付けられた紙を開いて、
見るとこうある。

[ウドンイルカ?]

私は、おもむろに筆を取ると、
紙に一筆書いて伝書鳩に託した。

[コトワリマセンヨ]

「鳩よ・・・!頼んだぞ・・・!
これを・・・あのお方に届けておくれ・・・!」

すると、鳩は、「クックルー」と鳴いた。
「うん、わかった」という意である。

ちゃんと鳩は私の書を届けてくれたようで、
その夜の内に、私の元に神々しく白い粉を纏ったうどんが届いた。

山雀うどん 生麺

これは夢か真か・・・!
気が付けば俺は麺世界の幻を手にしていた・・・!

<よもや・・・!まさかまさかまさか・・・!
この2011年最終局面で・・・幻の山雀うどんがいただけるだなんて・・・!>

千載一遇・・・!空前絶後・・・!
超絶奇絶・・・!奇蹟っ・・・!
神懸かり的・・・!ラッキーッ・・・!

ありがてぇっ・・・!
ありがてぇっ・・・!!

母さんっ・・・!!
年越しうどんだぁっ・・・!!!!

白い粉を纏いし麺を手に入れた、白い粉中毒。
大興奮、目の前の”おうどん”に、抗う事など出来ない。

「うおぉぉぉぉぉぉぉ・・・!
ウドウドウドウドウド・・・ウドォォォーンッ・・・!
やったぁぁぁあああ・・・!!」

<クククククククククク・・・!
さぁて・・・!どいつから湯掻いてやろうか・・・!
醤油で喰ってやろうかぁ・・・いいや釜玉でいこうかぁぁ・・・!>

「おぉ・・・!そぉだぁぁ・・・!
釜揚げにしよう・・・!ごっくん釜揚げ村・・・!」

山雀うどん に使った柚子!

※ はいっ・・・!
最初からそのつもりで柚子を買ってきております・・・!

山雀うどん に使った生姜とネギ(両方ウチの畑のご出身です)

※ 貯蔵用の横穴から生姜・・・!
畑からネギも、ぶっこ抜いてきておりますっ・・・!

物語には、大抵、台本がある。

「役者は揃っている・・・!
それじゃあ・・・行こうか・・・!
平成の世に到るまで発見されなかった秘境・・・!」

ごっくん釜揚げ村へっ・・・!!

山雀うどん ごっくん!釜揚げ村
(釜揚げの出汁も山雀さんにいただきました!)

「キミにも・・・!見えるだろ・・・
安田川沿いのクネクネ道を今日もバスが帰ってくる・・・!
そんな田舎の情景がっ・・・!」

段々と出汁が薄まってくる感じを嫌い、
元来、店では殆ど釜揚げを注文しない竜一。

そこで、この局面。
丼に湯を張らず、湯なし釜揚げという攻めの戦術。

そして、小皿には密かに生姜を、
おろしではなく、あえてスライスで乗せおおす。

<生姜をスライスして乗せるだなんて・・・!
何を考えているのかわからねぇと思うが・・・!
自分でも何をしているのかよくわからねぇのさ・・・!!>

何はともあれ、生姜を乗せおおした結果、
山雀うどん、竜一生姜、遇機のコラボ。

成立っ・・・!

そうやってコラボした両者を、
出汁に浸して一口。

すると・・・!
ゲートから一斉にスタートする各馬・・・!

馬・・・馬・・・馬・・・。

「ウマっ・・・!」

出遅れたウマっはございません・・・!
さらに、柚子の皮と絞り汁を出汁に加えて、一口。

すると、さっきとはまた違った様相を呈し、
キリリと酸味が効いて、爽快に「ごっくんごっくん」
飲める、飲める、飲む、飲みおおすっ・・・!

<うおぉぉぉぉ・・・!
俺の味覚中枢・・・!大パニックっ・・・!>

小麦畑生姜畑柚子畑総攻撃っ・・・!

「ぜぇ・・・!ぜぇ・・・!
よぉし・・・こうなったらドンドン行くぜ・・・!」

うどんの食べ方を自由自在にコントロール出来て・・・!
尚且つ悦楽の境地まで取り込むことが出来る・・・!
こんな夢見たいな機会そうそうあるかよ・・・!

手に持ったこの箸置く気なしっ・・・!

喰えるだけ喰うさ・・・!

続行だっ・・・!
アルデンテの果てが見えるまで・・・!

(後編へ続く・・・!)
『幻の山雀うどん ごっくん釜揚げ村の章 後編/アルデンテの中心で愛をさけぶ』

押して頂けると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: cc9f4328e026878631d31720239402d3
    おぉぉぉ!!! 
    まさかのお湯無しっ!  冥土竜的超絶湯切釜揚麺とは想定外や!
    ・・・・・こ・・・後篇を楽しみにしておりますっ。
      

  2. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    幻のうどんをありがとうございました!

    超絶湯切の件なんですけど、
    お湯が無いせいで麺の温度がドンドン下がってしまうという難点はありました、まちがいなしに。(;^ω^)

    そのことについては後編の文中でも少し触れています!

  3. By 高知うどんこ

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    想像するとよだれが・・・(笑)

  4. By にら吉。

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >段々と出汁が薄まってくる感じを嫌い

    ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ ウンウン!これ、よく解る!!!
    そぅだよなぁ。
    あとは、食べ終わりの所要時間もあるけど、ウチは湯に浸してる時間が長いみたいで延びちゃうんだなぁ。
    ボディーの締まった、キリキリ食感が好きゆえに、延びる=ボールデッドだにぃ。
    椀子蕎麦ならぬ、温・椀子うどんなものがあればいぃのに・・・。 (・∀・`;)ァハハ

  5. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    自分も安田川沿いのクネクネ道を想像していたら、
    ちょっと馬路村に行きたくなってきました!(^ω^)

  6. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    あー、のびるというのはあるかもしれんねぇー!
    椀子うどんエエですねー!
    「○杯食べたら無料!」とかあったら、アタシ必死で喰らい付きますけどもー!(^ω^)

コメント投稿

*

Return Top