手打ちうどんやまいち 温玉しょうゆ

投稿日:2010.10.21 更新日:

相次いで、
刺激的な麺屋さんがオープンした今年の高知。

あの店にも行ってみたい。
この店にも行ってみたい。

いろんな店に行っている内に、夏も終わり。
そろそろ食べておかないと、禁断症状が出る。

やまいち禁断症状がっ・・・!

わたくし、そう感じまして、
3月以来、約半年振りの来店。
香美市土佐山田町、

『手打ちうどん やまいち』
(9月下旬に行きました)

開店5分後に到着。
一番乗り。

メニューも見ずに、頼んだ。

手打ちうどんやまいち 温玉しょうゆ(特盛り)

『温玉しょうゆ(特盛り)』

手打ちうどんやまいち 温玉しょうゆ(特盛り)2

通常、『温玉しょうゆ』と言うと、
麺の上に乗っているのは、薬味と温泉玉子のみ。

だが、やまいちの『温玉しょうゆ』には、
デフォルトで肉が乗せられている。
(メニューにも、「温玉しょうゆ(少し肉のせ)」と表記されています)

そして、この肉の味付けが、また甘過ぎず絶妙。
醤油を掛けて、温玉と麺を絡めながら食べると、
信じられない次元で調和する。

手打ちうどんやまいち 温玉しょうゆ 温玉トロ~リ♪

温玉に箸を入れると・・・トロ~リ♪
溢れ出てくるんだよっ・・・!

黄身という名の
宝物が・・・!

黄身に・・・伝わるといいな・・・。
ただ好きとしか言えない・・この気持ち・・・。

手打ちうどんやまいち 温玉しょうゆ 麺アップ

久し振りのやまいちの麺。
やっぱ旨いわ~!

ムシャムシャと食べる。

傍らでは、大将が、店の隅にある冷蔵庫に、
なにやら茶色い液体が入った容器を入れている。

それを見た竜一。
箸、止まる。

審判・・・!
タイム・・・!
タイムを要求します・・・!

あれは・・・!
もしかして・・・!
ひやかけの出汁ですか!!

キョロキョロ。
店内を見渡して、見つけた。

壁に貼られた紙。
そこにはこう書かれていた。

『季節限定!冷やしかけ400円』

(;・`д・´)ナ、ナンダッテー!!

やまいち・・・!
いつの間にひやかけを・・・!

知らんかった・・・!
ぜんっぜん知らんかった・・・!

やり直したい・・・!
店に入ってくるところからやり直したい!!

だが、過ぎ去りし時は、元には戻らない。

たぶん、もう限定期間が終わっちゃったと思うので、
やまいちの『冷やしかけ』にノックアウトされるのは、
来年になりそうです。(;ω;)

手打ちうどん やまいち

◆ 手打ちうどん やまいち
営業時間 11時~19時(麺が無くなり次第終了)
定休日 水曜日 → 10月から金曜日に変更になっているようです。
駐車場 4台ぐらい

(温玉しょうゆ580円、生しょうゆ400円、しょうゆバター500円、
かけ380円、釜玉500円、特盛200円増、大盛120円増、中盛60円増など)
『手打ちうどんやまいち』の場所はココ!

1位になったら竜一が全裸になると言われているランキング。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-香美・香南市のうどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.