高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

幻の本手打うどん山雀 桜花の章 前編/麺狂

投稿日:2011.04.07 更新日:

複雑な心境で迎えた、
人生29回目の3月29日。

<うっ・・・!うっ・・・!
今年の誕生日も・・・ヒッソリと暮れてゆくのか・・・>

頬を伝って流れ落ちゆく、一筋の涙。

野良仕事を終えて、着替える。
そして、作業着のズボンのポケットに入っていた携帯電話を、
ガサゴソと取り出した、その時。

<あれ・・・彼から・・・着信が入ってる・・・!>

幻製麺所の山雀さんだった。

山雀さんに電話をかけ直すと、
山雀さんは、言う。

「竜ちゃん、今日誕生日なが?」

「えぇえぇ、まぁ誕生日ですね。(;^ω^)」

「実はね、イベント用に打っちょって余っちゅううどんがあr・・・
・・・!いや・・・竜ちゃんの為に特別に打ったうどんがあるがよ!」

「え・・・今なにか聞こえた気が・・・!」

山雀さんは、なにか途中まで言いかけて訂正したような気がしたけれど、
私が田舎に居て電波状況が悪いせいか、よく聞き取れなかった。

その晩・・・。

私は嬉々として、
待ち合わせ場所へと走った。

<人生は・・・何が起こるか分からない・・・!
だけど・・・また幻の山雀うどんをいただけるなんて・・・!>

はっぴーはっぴー・・・!
マジはっぴー・・・!

暗闇の中で、
手を振ってくれている山雀さんが遠くに見える。

<このままその胸の中に飛び込んだら・・・!
一体・・・どうなってしまうんだろう・・・!>

一瞬、そんなあらぬ妄想を抱いてしまいながらも、
終始笑顔で接してくれる優しい山雀さんから、
うどんを受け取って、また走って帰った。

<早く・・・茹でねぇと・・・やべぇ・・・!>

実はこの時、竜一のお手手は、
プルプルと小刻みにバイブレーションを起していた。

例の禁断症状である。

幻の本手打うどん山雀 ゆがき中

家に入って、急いでうどんを茹でる。

『ふきこぼれないギリギリの強火で13~14分茹でて締めると、
ねばり腰で延びるゴム系麺ができるよ』

前回いただいた時のコメント欄で、
山雀さんからそう聞いていたから、
茹で加減を確認しながら、そのとおりにやってみる。

ゆらり・・・ゆらり・・・。
立ち上る湯気の中から覗く白い麺・・・。

<・・・ええのぅ・・・ええのぅ・・・!>

ムラムラと湧き上がる興奮。
竜一は必死でそれに耐える。

しかし、茹で上がって水で締める時。

ついに、
竜一の興奮、
頂点超え。

そして、壊れる。

うわぁ・・・うわぁぁあああ・・・!
この手触り・・・感触っ・・・!

堪らん・・・堪らんっ・・・!
プルンプルンプルンプルン・・・!

"竜一を・・・強襲する・・・!
アルデンテの誘惑・・・!"

ま・・・まだ食べていないのに・・・!
すさっ・・・凄まじいっ・・・!

すっ・・・すすすすすす・・・
吸い込まれるぅぅううう・・・小麦の世界に・・・!
ぎゅぎゅぎゅいーんって・・・!

うあぁっ・・・!
うあああぁっ・・・!

圧倒的っ・・・悶絶ううぅぅうううっ・・・!

"小麦の世界に吸い込まれる竜一・・・!
果たして彼は大丈夫なのか・・・!"

怒涛の後編へ続く・・・!

後編はコチラっ・・・!
『幻の本手打うどん山雀 桜花の章 後編/うどん乱舞』

(大丈夫なわけが無い)♪~(´ε` )

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.