高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

手打うどん 吉川 復活の章

2012.04.05

オープンした当初は「麺が細いうどん屋さんだなぁ」ぐらいにしか思わなかったのに、
『武蔵野肉汁うどん』を食べて「おぉ!この店面白いことになってきたぞ!」と、
急速に興味を持ち始めていた矢先であった昨年12月のある日。

突然長期休業に入った、香南市野市町の『吉川』
その吉川が、3月16日、ついに復活。

<待ってたぜ、吉川ちゃん・・・!
キミには早速ボクの胃袋に入っていただくよ・・・!>

元来の人混み嫌いで、祭りやイベントなんかあんまり好きじゃないし、
新規店や、今回の吉川みたいに、営業再開直後で、
いかにも混んでいそうな場面を極端に嫌う男が、まさかの翌日来店。

17日に参上っ・・・!

手打うどん 吉川
(※ 店舗画像は長期休業前のものです)

『手打うどん 吉川』

<16日に来れないこともなかった・・・!
だが、さすがに復活初日は恐ろしかったぜ・・・!
激混みだったら俺のテンションがガタ落ちだしなぁっ・・・!>

戸を開けると、そこには長期休業していたなんて、
知らなければ分からないほどに、以前と同じ吉川の光景が広がっていた。

コンクリートの床。
壁に沿うようにして、"コ"の字に設置されているカウンター。

飾りっ気の無い軽少なイスに座って、
数人の客が「ズルズルムシャムシャ」と音を立てている。

けれども、カウンターの中にいる店員さんの顔ぶれは、
まったく違っていて驚いた。

前に居た30代ぐらいの男性と、
他のおばちゃん数人は居なくなっていて、
その代わりに若い男性が2人。

以前から居る白髪の年配の男性だけが、そのままだ。

<たしかに考えてみれば、
休業前にもあの男性が麺を切っているのを見たことがある気がするんだけど、
元々、吉川の店主はあの人だったのかな・・・!>

30代ぐらいの男性、それが吉川の店主だと無意識に思い込んでいたため、
"新生・吉川"の情報が一気に脳内ハードディスクに再インストールされて、一瞬、混乱しながらも、
営業が再開されたら絶対に食べたいと思っていたブツを、上方に掛けられたメニューから探す。

<メニュー・・・変わってないといいけど・・・!>

店員さんがほぼ総入れ替えとなっていたため、
いささか心配したけれど、それは休業前と同じ位置にバッチリ掛けられていた。

<あった・・・見つけたっ・・・!>

前に来たとき、「次はコレだ!」と決めていたのに、吉川長期休業の話を聞いて、
もうあれは永遠に食べることが出来ないんじゃないかと、寂しい気分になった。

いつでも食べられると安易に考えていたソレは一気に霞み、
まるで、砂漠の向こうに、蜃気楼だと分かっているオアシスを見ているみたいな気分になった。

でも、そんなことは過去の話で、
今、現実に、間違いなく、私は砂漠を抜けてオアシスに辿り着いたのだと確信した。

<見ろよ俺・・・!
コレだよコレっ・・・!>

コイツが俺の希求の一杯っ・・・!

手打うどん吉川 ピリ辛鳥ぶっかけ・冷(特盛) & ちく天

『ピリ辛鳥ぶっかけ・冷(特盛) & ちく天』

手打うどん吉川 ピリ辛鳥ぶっかけ・冷(特盛)

鳥っ・・・鳥っ・・・!
バードっ・・・バードっ・・・バードっ・・・!

<逢いたかったよ、ピリ辛鳥よぉ・・・!>

心から渇望し、食べたいと思っていた「ピリ辛鳥ぶっかけ」に、
ようやく出逢えた感動に、ひとしきり浸った私は、とても低い声で小さく呟いた。

「今スグ食べてあげるね・・・」

手打うどん吉川 ピリ辛鳥ぶっかけ・冷(特盛) 麺アップ

醤油うどんと同じくセルフシステムになっている大根をガリガリと摩り下ろし、
上から出汁をぶっかけ、白い麺をワシッと箸で掴み上げる!

<相変わらずの細麺・・・!
そして相変わらず不揃い・・・!
ツヤツヤしていて瑞々しい・・・!>

表面にツルッとした歯触り。
細麺独特の食べ易さで、ガツガツと喰える。

手打うどん吉川 ピリ辛鳥ぶっかけ・冷(特盛) アップ

そして、この一杯においては、
麺よりも注目度が高いピリ辛鳥に手を伸ばす。

<おおっ・・・ホントにピリ辛だ・・・!>

タレがかかっていて、そのタレ自体は甘く感じるのだけれど、
塗されている唐辛子、それを噛むとピリッと刺激が来る、正に『ピリ辛』

肉質は固めなのだけれど、
固いことが、逆に元々柔らかめである吉川の麺との食感の対比を生み出していて、食べ飽きない。

<なにせ大きいのはタレが果たす役割だな・・・!
タレが先頭打者とクリーンナップを繋ぐ2番バッターみたいに、
上手く鳥と麺を繋いでいる・・・!>

黙々と食べ進む私の斜め後ろに座る
子連れのお母さんが、小さな女の子に声を掛ける。

「いっぱい食べるねぇ、おうどん好きやもんねぇ」

それを背中で微笑ましく聞きながら、
復活した"吉川アルデンテ"を噛み締めた。

手打うどん 吉川 手打うどん吉川 メニューご紹介
(クリックすると拡大して表示されます)

◆ 手打うどん 吉川
(高知県香南市野市町西野1523)
営業時間/11時~15時
定休日/月曜日(月曜が祝祭日の場合はその翌日)
営業形態/セルフ
駐車場/10台

(ピリ辛鳥ぶっかけうどん460円、醤油うどん280円、武蔵野風肉汁うどん500円、
[大は100円増、特大は200円増]ちく天100円など)
『手打うどん吉川』の場所はココっ・・・!

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中【詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

-香美市/香南市うどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.