高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

ぎゅうせん

2012.09.29

『ラストチャンス』 → 『ファミーユ前編』 → 『ファミーユ後編』 → 『シェルター』 → 『モスバーガー』 → 「ぎゅうせん」


夜は白々と明けはじめていた。
私の手はガタガタ震えていた。

麺欠乏症だ。

<やっぱり・・・!
昨夜のスパカツバーガーのスパじゃ足りなかったんだ・・・>

アルコールはスッキリ抜けていて、思考が順調に巡る。
油をさした機械みたいに。

<朝から麺を食べられる所・・・!
朝から麺を食べられる所・・・!>

郊外であるならば、朝から営業しているうどん屋さんを、
いくつか挙げることができたけれど、まだ私はこの街にいたかった。

「ぎゅうせん・・・!」

"アルコール油"をさしただけのことはある。
いつになく頭の回転がいい。

<ぎゅうせんは牛丼屋だが・・・!
たしか・・・うどんもラーメンもあったはずだ・・・!>

ぎゅうせん

『ぎゅうせん』

高知の牛丼屋さん「ぎゅうせん」に来るのは、きっと10年ぶりとかだと思う。
以前は数店舗あったけれど、今は帯屋町の店舗しか無いらしい。

たしか前は"牛丼専科"という店名だった気がするのだけれど、
当時から定着していた略称、"ぎゅうせん"が店名になったのだろうか。
看板には「ぎゅうせん」と記されていた。

入ると聞こえてくる・・・!
大音量のイビキ・・・グーグーっ・・・!

<相変わらずだな・・・!>

「ぎゅうせん」に入るのは十年ぶりでも、
その十年前の頃には、私はかなり頻繁に来ていた。

明け方の「ぎゅうせん」に、仕事帰りの飲み屋の従業員や、
酔い潰れて店内で寝てしまっている人がいるのは、日常茶飯事の光景。
"様式美"と言っても良かった。

<ぎゅうせんは・・・こうでなくっちゃ・・・!>

テーブルに突っ伏して眠る、
太ったオジサンのイビキを微笑ましく聴きながら、入口で食券を買う。

私が頻繁に来ていた頃は、
よくある口頭で注文する形式だったけれど、
もう何年も前から食券制になっているみたいだった。

ぎゅうせん とんこつラーメン

『とんこつラーメン』

うどんもあった。
でも、この局面は、昨夜"ラーメン難民"と化して以降、
ずっと食べたかったラーメンにした。

"ラーメンにしやがって・・・!
お前それでも農業界のうどん野郎かよ・・・!"

と天の声が聞こえた気もしたけれど、まぁいいや。

ぎゅうせん とんこつラーメン アップ

チャーシュー!べろぉーん・・・!

べろんべろん・・・べろんべろん・・・!
べろんべろんのチャーシュウゥゥ・・・!

<これほど広ければ・・・!寝れるっ・・・!
子供一人ぐらいまでなら・・・チャーシュー上にて余裕で寝れるっ・・・!>

ぎゅうせん とんこつラーメン 麺アップ

いけぇっ・・・!
麺・・・いけぇっ・・・!

<あぁっ・・・!>

牛丼屋だから・・・本当は牛丼屋だから・・・!
紅生姜入れ放題っ・・・!

必然的・・・!
入れ放題っ・・・!

行こうか・・・。
紅生姜の果てまで・・・。

ぎゅうせん コーヒー

『コーヒー』

<やっぱり朝はコーヒーだっ・・・!>

砂糖・・・ミルク・・・!
それを混ぜるスプーンまで付いて・・・!

怒涛の160円っ・・・!

<ありがたいなぁっ・・・!
いやぁ・・・ありがたいっ・・・!>

長い金髪にスーツ。
ホストみたいな格好した男性二人が、
私の後ろでナニカを食べている。

イビキを掻いて寝ていたオジサンに、
「おきゃくさーん」と声をかけて起こす、店長。

なぜ店長だとわかるのか。
十年ほど前、彼がココの店長になったばかりの頃を知っているからだ。

あの頃は絶対に想像できなかった。

十年後の自分が農業をしていて、うどんに嵌って、
それが発端となってネットでブログを書いていて・・・。

書いていたからこそ、大阪から来たお母さんと知り合えて、
意気投合して酒を飲んで、飲む先で素敵な人たちと出会って、
朝こうして「昨夜のシメのやり直しだ!」と息巻いてラーメンを食べているだなんて。

『ラストチャンス』 → 『ファミーユ前編』 → 『ファミーユ後編』 → 『シェルター』 → 『モスバーガー』 → 「ぎゅうせん」

ぎゅうせん

◆ ぎゅうせん
(高知県高知市帯屋町1丁目)
営業時間/きっと24時間営業
定休日/たぶん無し

(とんこつラーメン490円、コーヒー160円など)
『ぎゅうせん』の場所はココ・・・!

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

居酒屋めぐりに!

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.