高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

gumbo(ガンボ) 後編/怪物の丘

2012.10.31

『前編を読む』


gumbo 外の飲食スペース

店先にも飲食スペースがあった。
そこを通り抜けて、店内へ。

髪の長い色白の女性が、
水やおしぼりを持ってきてくれる。

gumbo ランチメニュー

メニューは、4種のみ。
日替わりの「お肉ランチ」「お魚ランチ」
それから「ココナッツカレー」と「フォー」である。

<俺はアジア好きで麺好きなんだ・・・!
この局面は・・・もちろん当初からの目的だった"フォー"・・・!
フォーで勝負するしかな・・・!いや・・・しかし・・・!>

カレーは、"おムシ"に任せて、
"お竜"はフォーの一点勝負だと全世界が信じていたであろう、gumbo決戦。

ところがこの店、gumboのネーミングセンスは、
麺至上主義である男の信念をも揺るがす・・・!

<お肉ランチに・・・お魚ランチ・・・!
おにく・・に・・・おしゃかな・・・可愛い・・・おしゃかな可愛い・・・!
俺・・・!こういう可愛いの・・・!>

キュンキュンすんねんっ・・・!

フォーにするべきではないか、
元々フォーが食べたくてここに来たのだろうが、と散々自問自答した。
けれども、可愛いものに、いつも私は抵抗できない。

「す・・・すいません・・・!
おしゃかな・・・違っ・・・お魚ランチで・・・!」

結局、注文してしまったのは、
フォーではなく、お魚ランチ。

gumbo 水差しがイイ!

おしゃかなは・・・!
フォーに勝るっ・・・!

<勝負は紙一重だった・・・!
フォーがフォーじゃなくて・・・おフォーだったら・・・!
あるいは・・・フォーの再逆転もありえた・・・!>

なにかの本のベトナムの写真で見たような、
しなやかな形の青い水差しを愛でながら、お魚の到着を待った。

gumbo スープ

先制攻撃は、スープ。

<太いもやし・・・シャキシャキの水菜・・・!
なんだろう・・・!すごく・・・スープだ・・・!>

その後・・・登場した主役を見て、
私は一瞬黙ってしまったあと、笑いながら小声で発した。

「えぇっ・・・!
こんなに来るとは・・・!」

男の俺は肩身が狭いほどに女子だらけの店内・・・!
そんなgumbo・・・!女子支持率絶大のgumbo・・・!

<だからこそ・・・量だって可愛らしく来るのだろうと思っていた・・・!
なにせ"お魚ランチ"だ・・・カワイイに決まってるもん!と思っていた・・・!
量が足りるか心配だ・・・大盛り・・・出来ないかな・・・とさえ思っていた・・・!>

でも・・・この姿を見たとき・・・!
俺はgumboを舐めていたと気づかされた・・・!

gumbo お魚ランチ アップ

コイツは・・・!
お魚という名の怪物だっ・・・!

丘みたいになってますけどぉーーーーーー!

gumbo お魚ランチ

『お魚ランチ』
(上から撮った画像では伝わらないが、かなり・・・丘である!笑)

ご飯も、もーり盛り!

<ご飯ものの重さは麺類の非じゃない・・・!
初手からご飯を食べちゃダメだ・・・お腹に溜まってgumboの底に沈むのがオチ・・・!
まずは軽い手・・・オカズからいくべき・・・そして最終局面・・・仕上げでご飯だ・・・!>

作戦は固まった。
口の周りをタルタルソースだらけにしながら、一心不乱。
白身魚のフライにかぶり付く。

<うぅっ・・・ジューシィー・・・!
さらに濃厚にタルタルが纏わり付いてきやがるっ・・・!>

時々、サラダに手を伸ばして口を変える。
口を変えて、またタルタル。

<うひぃ・・・うひぃ・・・!>

そもそも東南アジア料理・・・フォーを食べに来たはずだったのに、
お魚ランチを食べている現状を鑑みて、こんな行き当たりばったりの人生でいいのかよ!

なんて今回gumboに来た理由と同時に、己の人生の根幹を揺るがしかねない事項に
気付いてハッとしながらも、まぁいいや、と深く考えずに食べ進む。

食べ疲れるほどの感覚。
額に滲む汗。

"たこせんべい"みたいな円盤型の白い皿からは、
徐々にオカズが減ってゆき、誰が見ても"たこせんべい"と化した。

戦いが終わったのだ。

ガラスの向こうに見える中央公園を眺めて、コップに水を注ぐ。
青い水差しの口から、透明な液体が象の鼻みたいに伸びて落ちる。

居合わせる客は、女性がほとんど。
だが女性にこの量はツライのではないか、なんて思ってチラリと横を見ると、
細身の若いお姉さんが、私と同じ「お魚ランチ」を涼しい顔してドンドン食べ進んでいた。

目の前の現実に、
なるほど・・・!と納得して、
また私はコップに水差しを傾ける。

<お魚も良かったけど・・・やっぱり俺は麺戦士・・・!
再度・・・俺はここにフォーを食べに戻ってくる・・・!
gumboのフォーを食べないと・・・!食べないと・・・!>

ワシャ死んでも死にきれへんっ・・・!

次回は必ずフォー!
フォー、タベル、ゼッタイ!!

gumbo お肉ランチ

『お肉ランチ』
(お肉ランチとお魚ランチの内容は、日替わりの模様)

帰りはエレベーターに乗って下りた。

gumbo

◆ gumbo(ガンボ)
(高知県高知市本町1-1-13 パークサイドテラス3F)
営業時間/12:00~15:00、18:00~21:00
定休日/火曜日
駐車場/無

『gumbo』の場所はココ・・・!

押して頂けると励みになります!

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中【詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

-高知市カフェ
-, ,

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.