うどん処 ゆたか 前編/連携力

2012.11.19

  1. TOP >
  2. 高知市グルメ >

うどん処 ゆたか 前編/連携力

2012.11.19

「本日、人手不足で迷惑をおかけするかもしれません」
そのような旨を記した張り紙が店先にあった。

うどん処 ゆたか
(※ 店舗画像は、いつものように使い回しです)

『うどん処 ゆたか』

土曜日の昼どき。ほぼ満席。
わずかに空いていた席に腰を下ろす。

壁にはメニューを記した紙が、
無数に、壁を埋め尽くすように貼られている。

<どれにする・・・どれにっ・・・!>

こういうとき、
迷い始めたら2時間は迷える優柔不断な性格を、
自分が一番よく理解している。

満席の客を相手に、
2人だけで奮闘する店主夫妻。

女将さんが、
水を持って足早に寄ってくる。

恋はあせらなくていいのかもしれないが、
うどんの決定はあせる。

<女将さんが水を置いたタイミング・・・!
そのタイミングで注文しなきゃ・・・!
店のリズムも俺のリズムも狂ってしまう・・・!>

たとえばサッカーでもそうだが、
"連携"するということは、
勝利するために、とても重要なことだ。

それは、混んでいて忙しそうなうどん屋さんおいても同じ。

「はい!お水どうぞ!」の瞬間に、「はい!○○うどんで!」と、
リズム良くパスを返せるかどうか・・・そこに客側の技量が問われる。

店と客がひとつにならなきゃ、
うどんは食べられない。

とにかく私はメニューの決定を急いだ。
すると、「とり天」の3文字に目が留まった。

<とり天・・・!
俺が・・・カキフライと同じぐらい好きな・・・とり天・・・!>

私は女将さんがテーブルの上に水を置いた瞬間に、
リズム良くドモりながら発した。

「とととととと・・・とり天っ・・・!」

(時間の都合で後編へ続く・・・!)
『後編を読む』

竜一

高知で生姜農家を経営 / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知の飲食店を約20年でのべ2,000件以上食べ歩き / 大好きなお店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ
メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中
詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

© 2020 生姜農家の野望Online