喜寿・静岡伊豆放浪記! 第4話 「岡山~熱海」

『第1話を読む』 『第2話を読む』 『第3話を読む』 『第5話を読む』 『第6話を読む』
『第7話を読む』 『第8話を読む』 『第9話を読む』 『第10話を読む』 『第11話を読む』
『第12話を読む』 『第13話を読む』 『第14話を読む』


岡山駅。

岡山~熱海 九州新幹線発見!

九州新幹線!発見!

<1年前・・・!
あれに乗って鹿児島へ行ったんだよなぁ・・・!>

鹿児島の旅がすごく楽しくて、
良い思い出として残っているからか、
九州新幹線が、夢の国へ連れて行ってくれる銀河鉄道みたいに見える。

今回は九州とは逆方向。
東へ行く新幹線に乗る。

岡山~熱海 のぞみ!

「来たで!来たで!」

走り込んでくる新幹線を見ながら、
オカンが土佐弁で言う。

岡山~熱海 のぞみ!2

ズンッ・・・!

<おおおっ!この娘が!のぞみちゃん!
のぞみちゃんカッコイイ・・・!イケメンだっ!
でも九州新幹線と顔ソックリ・・・名前が違うだけなの!?>

岡山~熱海 のぞみ 車内

━━━1月25日(金) 午前9時49分発、
新幹線・のぞみ14号・東京行き、車内━━━

この新幹線「のぞみ」は、
目的の駅「熱海」には止まらないということで、
「名古屋」までの乗車。名古屋で乗り換えである。

岡山~熱海 充電できる!

車内でiPhone!
充電可能!

平日だということもあり、
車内にはスーツを着たビジネスマンが多い。

多くの人がノートパソコンのコンセントを差し込んで、
「カタカタ」とキーボードを鳴らしている。

岡山~熱海 名古屋駅

━━━1月25日(金)
午前11時30分ごろ━━━

名古屋駅、着。

岡山~熱海 名古屋駅 きしめん屋

名古屋名物!
きしめん!発見!

<うおっ!さすがは名古屋!
駅のホームで!きしめん実食可能!>

麺野郎としては是が非でも食べたかったけれど、
時間がないということで、涙を呑んだ。

きしめん屋に見とれる私を置き去りにして、
ドンドン先に行ってしまう、他3人。

<ちょ・・・!おまっ・・・!>

迷子になる危険を感じた私は、
慌てて3人を小走りにて追いかける。

新たなホームに到着。
すると、すぐさま・・・!

岡山~熱海 名古屋駅 ひかり

新幹線ひかり、現る。

<のぞみちゃんと違う・・・!
ひかりちゃんはひかりちゃんで・・・!
また種類の違うイケメンやぁっ・・・!>

岡山~熱海 ひかり 車内

━━━1月25日(金) 午前11時34分発、
新幹線・ひかり464号・東京行き、車内━━━

岡山~熱海 ひかり 車内

この新幹線「ひかり」で、
目指すは、目的の駅「熱海」

岡山~熱海 ひかり からの景色

車窓から町が見える。

<俺は初めて見る町だけれど、
この地で暮らす人々にとっては、
見慣れた町の風景なんだろうな!>

自分が知らない町も、
誰かにとっては見慣れた町・・・。

そんな風に考えると、
不思議な気持ちになってくる。

すると感慨に耽る私の隣で、
オカンが「ガサゴソ」と
紙袋からナニカを取り出し始めた。

岡山~熱海 お弁当

昼食!

岡山~熱海 ひかり お弁当 開封

お弁当!

岡山~熱海 ひかり お弁当 タコ

タコ!

岡山駅でオカンが
買っておいてくれた弁当。

それにしても見覚えのある弁当である。
私はオカンに訊いてみた。

「これ鹿児島へ行ったときも食べんかったっけ?」

「あぁ!食べたかもしれん!
これたしか岡山駅で1番人気の弁当やとか
書いちょって、ほんで買うたき・・・!」

(昨年書いた自分のブログ記事を調べてみると、
私ではなくオカンが食べていたようである!笑)

食べ終わって、まったりしていると、
突然オビ=ワンが叫び始める。

「見よっ・・・!
フジサン!フジサンが見えるぞっ・・・!」

岡山~熱海 ひかり 車窓から見えた富士山

ドォーン・・・!
圧倒的!富士山!

子供のころに1度だけ、
山梨県側からの富士山を見たことがあるけれど、
静岡県側から見るのは初めて。

<さすがは日本一の高さを誇る山!
風格がある・・・!>

どやぁっ・・・!
ワシが富士山やでぇっ・・・!

<・・・っていう顔してるもん!>

岡山~熱海 ひかり 車窓から見えた富士山2

岡山~熱海 熱海駅

━━━1月25日(金)
午前13時01分━━━

熱海駅、着。

高知~熱海 地図

高知から807km。
約6時間で辿り着いた。

降り立った我々に!
早速!襲い掛かる!熱海!

さすがは・・・!
日本有数の温泉街!

熱海駅 駅前に足湯が!

駅前に!足湯!
足湯がある!

(上の画像の左下にわずかに写っているのが足湯です。正面のは池?
足湯には人がたくさんいたのでカメラを向けるわけにはいかなかった)

タオルが無い?
大丈夫!売ってる!

熱海駅 駅前の足湯のタオル自販機

初めて見た!
足湯用!タオル自販機!

<いやぁ!ビックリした!
駅の建物を出たら!いきなり湯気が上がってて、
温泉が沸いてんだもん・・・!>

観光客!迎え撃ち!
迎撃ッッッ・・・!

<”温泉!浸かりたいんだろっ!?
今すぐ浸からせてやるよ!駅から早速!
お前らを温泉づけにしてやるぅッ!”みたいな仕様!>

だが、我々にも考えがある。

<わざわざ高知から熱海まで来たんだ!
このまま熱海を観光するものだと・・・!
さすがの熱海さんでも思っちゃうでしょ?>

甘いっ!

<熱海!観光しねぇから・・・!
普通に素通りますよぉぉぉ・・・!>

(第5話へ続く!)
『第1話を読む』 『第2話を読む』 『第3話を読む』 『第5話を読む』 『第6話を読む』
『第7話を読む』 『第8話を読む』 『第9話を読む』 『第10話を読む』 『第11話を読む』
『第12話を読む』 『第13話を読む』 『第14話を読む』

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By かくれんぼみお

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    新幹線カッコいいですね。
    生新幹線、キュンキュンしそうですね。
    四国に、ないものだから(*^^*)

  2. By かあちゃん

    SECRET: 0
    PASS: f3f1f988748a1d6e1cd3d5c05ba2e3be
    関西弁のフジヤマッ

    (´∀`)

    ワクテカしながら続きも楽しみにしておりまーす♪

  3. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    自分も、普段、新幹線を見ることがないので、
    生新幹線!すごい!カッコイイ!みたいな感じでキュンキュンしちゃいました!(笑)

    速さを追求した乗り物だけあって、
    F1マシンのようにデザインが洗練されてますねー!(^ω^)

  4. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    フジヤマ!なんでなんでしょうね!
    なぜか関西弁でしたね!

    自分も思わず「アンタ!関西の山ちゃうやろー!」
    なんてツッコミを入れてしまいましたが・・・。(汗)

コメント投稿

*

Return Top