喜寿・静岡伊豆放浪記! 第9話 「伊豆温泉・夕食」

2013.02.13

  1. 生姜農家の野望Online >
  2. 静岡観光 >

喜寿・静岡伊豆放浪記! 第9話 「伊豆温泉・夕食」

2013.02.13

『第1話を読む』 『第2話を読む』 『第3話を読む』 『第4話を読む』 『第5話を読む』
『第6話を読む』 『第7話を読む』 『第8話を読む』 『第10話を読む』 『第11話を読む』
『第12話を読む』 『第13話を読む』 『第14話を読む』


1泊目旅館18

風呂から上がって部屋へ戻る。

夕食。

1泊目旅館8

部屋に仲居さんが来て、
4人分の盆や箸を置いている最中にオカンが言う。

「これ見て!」

「ん?」
と私は言った。

「今日の日付け入りのメニューでぇ!」

一瞬、どういうことかよくわからなくて、
考えているあいだに仲居さんが微笑んで、
それは今日だけのものだから是非、
記念に持って帰ってくれ、と言う。

<なるほど・・・
その日泊まった人のみが
手に出来るメニューというわけか!>

本日限定!
みたいなのに弱い私の心、ときめく。

1泊目旅館21

そして、日頃
うどんばかり食べている農民を、
襲撃する、お料理たち。

・・・を眺めながら、
飲むビールっ・・・!

<ううう・・・うまい・・・!
温泉で火照った体に1日ぶりのビール・・・!
うぉぉ・・・熔けそうだ・・・!>

たくさん飲んでから、
ようやく箸を割る。

「え・・・アンタ・・・
いまからやっと食べ始めゆうが?」

とオカンが言う。

「うん・・・」
と私は言った。

見ると、他3人は、
飲みながら料理を食べている。

<あぁ・・・そうか・・・
ビールとお食事、同時進行するべきなのか・・・!>

1泊目旅館9

静岡名産、
ワサビ登場!

仲居さんが卸してくれる。
「ゴシ!ゴシ!ゴシ!」

仲居さん、速い!
アッと言う間に卸し終えた。

力を入れ過ぎると、ただ辛くなる。
あまり力を入れずに空気を含ませながら
軽く"する"のがコツだと言う。

1泊目旅館10

卸し立てのワサビを付けて食べる、刺身。

1泊目旅館11

「たんだ、かろうないねぇ」
(すごく辛くはないね、みたいな意)

とオバ=アが言う。

「これがチューブのワサビとの違いよ!
本物のワサビは、ただ辛いだけやないき!」

と私は得意げに、
わざとニヤニヤしながらオバ=アに言った。
すると、オカンが笑う。

「竜一、アンタ本物のワサビらぁ
ロクに食べたことないろうがえ!」

「うん・・・」
と言って、また私はニヤニヤした。

かつら剥きして、
トイレットペーパーみたいに巻かれた大根を
箸で持ち上げながら、オカンが言う。

「すごい!これ!
全部繋がっちゅうがで!」

「ちゃっ・・・!」
とオバ=アも感心する。

「こういうのが料理人の腕の見せ所やきに!」

と上から目線で言うオビ=ワンに、
オバ=ア、苦笑。

「知ったような口を聞きゆうけんど!
オジイさん普段、料理らぁひとつもせんやいか!」

「せんこたぁないけんど!
オラが料理したらオマンのすることが無いなるき、
やらんばぁのことよ・・・!」

「オジイさん!そんなこと言うて、
料理らぁ、なんちゃあようせんろうがえ!」

家でも何回か聞いたことがあるこのやり取り。
もはや夫婦漫才のネタみたいなものである。

お馴染みのネタを聞きながら、
私も"トイレットペーパー型大根"を食べてみる。

「おぉ!これエエわぁ・・・!
ビールに合う・・・!」

1泊目旅館12

以降、仲居さんが、
何品かずつ料理を運んできてくれる。

刺身に入っていた、
四角くて赤い小さな物体が何であるかがわからず、
我々4人は議論した。

1泊目旅館13

「マグロの肝やろう・・・!
どうせ心臓とか、そんながじゃ!」

というオビ=ワンの意見に、
他3人が概ね賛同したところで、
料理を運んできた仲居さんに正解を訊いてみる。

「刺身に入っちょった、
四角くて赤いコンマイの!
あれなんですろう・・・?」

と、コテコテの土佐弁で尋ねるオビ=ワン。

「あぁ!あれはコンニャクです!」

仲居さんの返答に、
我々は目を丸くして驚いた。

コンニャク・・・!
圧倒的!コンニャク!

1泊目旅館14

「いかがでしたか?」

と、"肝、改め、コンニャク"
感想を訊く仲居さんに、私は言った。

「さ・・・魚の味がしました・・・!」

私より年下に見える
若い仲居さんは、可愛らしく笑って言う。

「料理を当てるクイズをされてるんですか?」

「えぇ・・・!
いま、肝や!肝やない!言うて、
結構揉めてました・・・!」

と私も笑った。

1泊目旅館15

米。

1泊目旅館16

仲居さんが、ごはんにさっきのワサビを乗せて、
醤油をかけて食べても美味しいと言うので、そのようにする。

<たしかに旨い・・・!
いくらでもごはんが食べれる・・!
これがあったら、オカズいらんわぁー!>

と私は身も蓋も無いことを心の中で思ったが、
口には出さなかった。

「米がなかなか旨いが、
これはどこの米ぞね・・・?」

と、60年以上に亘って高知で米を作る男、
オビ=ワンが、米の味に感心しながら仲居さんに訊く。

「こちらは修善寺のお米です!」
と仲居さんは言う。

「修善寺ってどこら辺?」
と私はオカンに小声で訊いた。

「ここ!」
とオカンは言った。

<この宿がある場所が修善寺か・・・!>

勉強になった・・・。

1泊目旅館17

オバ=アが食べ切れなかった料理も、
私が全部食べさせていただいて、完食!

1泊目旅館19

オカンとオバ=アは、
夕食前に入った大浴場とは違う露天風呂へ行き、
私とオビ=ワンは宿の中を探検したあと、部屋で焼酎を煽った。

(第10話へ続く!)
『第1話を読む』 『第2話を読む』 『第3話を読む』 『第4話を読む』 『第5話を読む』
『第6話を読む』 『第7話を読む』 『第8話を読む』 『第10話を読む』 『第11話を読む』
『第12話を読む』 『第13話を読む』 『第14話を読む』

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

人気記事ランキング

Copyright © 生姜農家の野望Online , All Rights Reserved.