高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

ウサギ日和 EP1 「盛港へ行って船に乗る」

投稿日:2013.05.08 更新日:

うさぎ島 馬立PA 竜一

早朝の「馬立パーキングエリア」で、僕はジョジョ立ちをしていた。
馬立PAは、愛媛県の四国中央市を抜ける高速道路沿いにあるPAだ。

「じゃあ予定通り、ここで朝ごはんを」
と僕はジョジョ立ちを終えて呟いた。

うさぎ島 馬立PA 朝ごはん

朝ごはんは、2日前にスーパーで買った半額のお惣菜だ。
食べ忘れていたそれを、これから遠出しようというこの局面で食べるのは、どう考えても危険である。

<お腹を壊したらどうしよう・・・>
と僕の中にも、わずかばかりの不安がよぎった。
<でも!いまここで食べなきゃコイツはもう絶対に食べられないんだよ!>

僕は、お惣菜のパックをメキメキ言わしながら開け、
中に入っていた「ナンチャラしんじょ(?)」を持参した割箸でつまみ上げて口に放り込んだ。

「大丈夫・・・!まだうまい・・・!」
と僕はナンチャラしんじょを食べながら言った。

それから自分で握ってラップに包んできたオニギリを食べた。

米の風味を最大限に楽しむために、味付けはシンプルに塩のみ!
・・・いや本当は具がなかっただけだ。

そうして僕は朝ごはんを食べ終えて、馬立PAを出発した。
高級な軽自動車は悲鳴のようなエンジン音を響かせている。

やがて「川之江ジャンクション」に達した。
十字に巡らされた四国の高速道が交わる点だ。
そこで進路を左へ。松山方面に向けて進行する。

うさぎ島 石鎚山ハイウェイオアシス 竜一

ひたすら走っていると、「石鎚ハイウェイオアシス」というサービスエリアが見えてきた。
疲れはあまり感じなかったけれど、とにかくここで2度目の休憩をとることにした。

お土産物売り場で発見した愛媛県今治市の"ゆるキャラ"「バリィさん」のグッズに、可愛いものが大好きな僕は興奮。

興奮のあまり、一時期やりまくっていた伝説のポーズ「キラッ☆」を、
誰だか知らないオジサンにニヤニヤ笑って見られながら、久しぶりにやりおおす始末だった。

うさぎ島 大三島 しあわせの鐘

それから瀬戸内海を跨いで愛媛県今治市から
広島県尾道市へ続く「しまなみ街道」を生まれて初めて通って、「大三島」という島に到着。

大三島 あっちゃんみたいなポーズを取る竜一

高速道を降りてスグのところにあった「道の駅・多々羅しまなみ公園」で、
「ファミーユ」のあっちゃんがよく取るポーズの真似をした。

<どこにいても・・・あっちゃんのことが気になるの・・・>
恋だろうか。それは僕にもわからない。

また高級な軽自動車に乗り込み、島内を走る。
飲食店らしき建物があった。外壁に「ヒラメ料理」と書かれている。

<ヒラメ料理屋さんか・・・高知では見ないなぁ・・・>
と僕は思った。<俺、ヒラメを食べたことあったっけ・・・>

盛港 乗船券売り場

さらに走って「盛港(さかりみなと)」に到着。
ここで船の乗船券を購入する。

「大久野島(おおくのじま)へ行きたいんですけど・・・」と僕は乗船券売り場の窓口で言った。
「往復で1人600円ね」と乗船券売り場のオバチャンはフレンドリーな口調で言った。

「車はココに置いておいて、いいんですか?」
「ええ、皆さん大体置いていかれますね」

船が来るまで、35分ほど時間があった。
僕は空を眺めたり海を見渡したり、港の風景を確認したりして待った。

盛港に入ってくる船

やがて・・・船は来た。

(続く・・・!)
※ 記事を大幅に修正しましたが、こまかいことは気にしないでください☆(笑)
『EP2を読む』

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.