Cafe Rest HIIRAGI (カフェ・レスト・柊)

投稿日:2013.06.13 更新日:

<いくらうどんが好きでも・・・>
と私は思った。<うどんばかり食べていたのでは栄養が偏る・・・!>

うどん以外のものもバランスよく食べなければならない。

柊6

土曜日。
うどんから逃げるよううにしてやってきた、高知市本町。
昼前の静かな天神橋通りを北へ歩く。

そこに『カフェ・レスト・柊』もまた静かに佇んでいた。

開け放たれた扉から中へ入る。
空間、綺麗。礼儀正しい雰囲気の男性店主が迎えてくれる。

<店も綺麗・・・店主も綺麗・・・>
と私は口の中から外に出ないぐらいの声で呟く。
何か落ち着いた店の雰囲気と店主の雰囲気が似ているというか、同じであるように思える。

柊1

私は一番隅のソファーに腰を下ろした。

ランチメニューは6種類。
「オムライス」と少し迷ったけれど、「日替わりランチ」にした。

<内容が日によって変わる日替わりランチ・・・!
それならば!今日の流れに身を委ねてみるのもいいじゃないかッ・・・!>

日替わりランチを注文して、待つ。
落ち着ける空間。心安らぐ時間。

栄養のバランスをとるために、うどんから逃げるようにして僕はここにきた。
うどんから逃げるようにして・・・うどんから逃げるようにして・・・。

うどんのことは好きだけれど、僕だってうどんじゃないものを食べたくなるときだってある。
"相田みつを"じゃないけれど、僕だって・・・人間だもの・・・。

<うどんから逃げるようにして・・・>
と私はまた口の中から外に出ないぐらいの声で呟く。<うどんじゃないものを・・・>

だが・・・。
僕はうどんから逃げられない。

柊2

ぬぉぉぉぉっ・・・!
日替わりランチに・・・!
うどんが付いているという、まさかッ・・・!

私は目を疑った。
今日はうどんの顔など見たくもなかったのに、日替わりランチのプレートの上に涼しい顔で鎮座しているのは、紛れもなく、うどん!うどんなのだ・・・!

柊4

うどんは、どこまでも追いかけてくる。

<あ・・・あり・・・ありがたいっ・・・!>
と思いながらも混乱。変な汗が出てくる。<俺はうどんから逃げられないッ・・・!>

柊3

この日の日替わりランチ。
メインは「えびチャーハン」
それに、うどん、サラダ、デザートが付くという内容。

店主が丁寧に拵えてくれたことが、わかるようなチャーハン。
米の一粒一粒に味が付いている。
シメジが入ったうどんは出汁を優しく香らせる。

柊5

時が穏やかに流れている。
<なんか、ほっこりするのぉー!>

私が食べ終えるのを、店主はチラッと見て確認してデザートを持ってきてくれる。

<ちゃんと見てくれてるー!>
わざわざコチラから「すいません・・・デザートを・・・」と言わなくてもよいのはコミュ障にはありがたい。

デザートは、プリンの上に生クリーム(ホイップクリーム?)が乗ったものだった。
私はそれを食べて店を出る。笑顔で送り出してくれる店主。

<うどんから逃げられなかったけど・・・>
と私は思った。<喫茶店で食べるうどんもエエなぁ・・・>

エエお店やった。

柊6 柊 メニュー
(画像をクリックすると拡大して表示します!)

◆ Cafe Rest 柊
(高知県高知市本町2―5―17 住友学園ビル1F)
営業時間/9:00~17:00.19:00~23:00
(11時30分までモーニングタイム、土曜日はモーニングなし11時から開店)
定休日/日曜日
駐車場/無

押していただけると励みになります!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のカフェ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.