高知市のうどん

しまだ製麺所 高須本店

更新日:

しまだ製麺所・高須店6

高知市長浜から、高須に移転した『しまだ製麺所』は、僕の家から少しだけ近くなった。

しまだ製麺所・高須店5

セルフレーンの入口で「しょうゆ」を2玉で注文すると、すぐさま店のお姉さんが器に麺を入れて渡してくれる。

セルフレーンの途中には、たくさんの天ぷら類が並ぶ。
その中から、自分が好きな「ゲソ天」を見つけて、トングで挟んで麺の上に乗せる。

それから会計して、薬味を盛り、僕は壁際のカウンター席に腰を下ろす。

しまだ製麺所・高須店7

<カツオ節が入れ放題なのが、イイッ・・・!>
それは麺上で美味しそうに揺らめいている。<ふおーん・・・!>

しまだ製麺所・高須店10

相変わらず細めでエッジが立った麺。

しまだ製麺所・高須店9

僕はすすれない。
折りたたむようにして麺を食べる。

<ゲソ天がやわらかい・・・!>
と僕は思う。<ゲソ天がやわらかかったら、そこそこ幸せだな・・・>

フワリ。フワリ。フワリ。
ゲソ天がやわらかい。

しまだ製麺所・高須店4

「はふーん・・・ほみゅほみゅ・・・!」
食べ終えて、食器を返却口へ持っていく。

<そこそこ幸せ・・・>
と僕は思う。

ゲソ天がやわらかかったので、そこそこ幸せゲソ。

押せばナニカが起きるー!ボタン!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のうどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.