高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

ウサギ日和 EP6 「バリィさん目当てで、愛媛県今治市へ」

投稿日:2013.08.06 更新日:

『EP5を読む』


ウサギ島68

"ウサギ島"こと大久野島から船で大三島へ戻り、盛港に停めていた愛車"高級な軽自動車"に乗り込んで、しまなみ海道を南下。
愛媛県今治市(いまばり市)で高速道を降りた。

<今治って、何度か通過したことはあるけど、まともに観光したことはないな・・・>
そのまま高知へ帰らずに、しかもウサギ島での滞在時間を削ってまで、わざわざ今治市へきたのには理由があった。

<バリィさん・・・どこにいるんだろう・・・!>

僕は可愛いものが好きだ。
せっかくここまできたのだ。
愛媛県今治市のゆるキャラとして有名なバリィさんに、是非とも会ってみたかった。

土産物屋に行けば、おそらくは居るだろう、と考えてスマホで検索すると、今治港の近くに土産物屋があると出た。
すぐさま、事件現場に急行するときの柴田恭平みたいな表情を作って、今治港を目指す。

真っ青な空には雲ひとつ無い。
<ええ天気じゃのぉ・・・!>

快晴だ。
あまりにも青いので、海と空を間違えて飛び込んでしまいそうなほど、快晴だ。

ウサギ島75

「今治港」

今治港の駐車場に車を停めて、目的の土産物屋へ歩く。

<考えてみれば今日3つ目の港か・・・>
と僕は思う。普段、港に行く機会はあまりない。<1日で3つ・・・"ひとり港祭り"の様相を呈してきた・・・>

テクテク歩いて土産物屋に到着する。
なにやら黄色いものが店先の立看板に描かれている。

「バリィさんだ・・・!」

僕は有名人・・・いや有名鳥に会えた感動を隠し切れないまま、声をかける。
「すいません・・・一緒に写真撮ってもらっていいですか・・・?」

バリィさんは、穏やかな黄色い顔で僕を見ている。

<大丈夫かな・・・>
僕は疑心暗記する。<いきなり写真のお願いは失礼だったか・・・>

そのとき・・・!
バリィさんが口を開く・・・!

「ようきたねー!いまばり、ええとこやけんね!」

「バリィすゎん・・・!」
そう言ったっきり・・・僕はしばらく絶句した。感動のあまり言葉が出ない。

「写真?ええよ!」
と、バリィさんは相変わらず穏やかな黄色い顔で言う。

「いいんですか・・・!」
「もちろんやけん・・・!はよ撮りんしゃい」
「ありがたいっ・・・!ありがたいっ・・・!」

僕は感謝しながらバリィさんの横に並ぶ。

「どんなポーズをしたらいいんでしょうか・・・」
「そんなん、どうでもええがなー!」
「じゃ・・・じゃあ・・・バリィさんと同じポーズで・・・」

ウサギ島69

パシャッ・・・!

それから土産物屋の中へ入ると、大量のバリィさんグッズが売られていた。
僕は、目を辛子明太子みたいに血走らせながら、バリィさんグッズを物色する。

そして「バリィさんバッグ」と、「バリィさんTシャツ」と、「バリィさんのチキンコンソメスープ」と、「バリィさんのみかんジュース」を購入した。
(※ 後日、気が向いたら画像公開します!笑)

さらに土産物屋の中にもバリィさんがいた。
しかしお店の中なので、女性店員さんに訊く。

「あのバリィさんと・・・写真撮ってもいいですか?」
「どうぞ!どうぞ!なんやったら入口の戸を開けたほうが撮りやすいですよ!」

<おおっ!めっちゃ好意的!ありがたい・・・!>
今治の人はええ人ばっかりやぁー!と思った。
まだこの店員さん1人にしか今治の人と会っていないのにも関わらず、だ。

言われたとおりに、入口の戸を開けさせてもらって、撮る!

ウサギ島70

パシャッ・・・!
(※ 画像サイズは乙女心ですよっ!)

ウサギ島71

バリィさんと記念撮影して、バリィさんグッズを購入して・・・。
これで今治にきた目的は完全に達成された。

でも、なかなか来る機会のない場所だ。
せっかくなので、今治の街を少し歩いてみることにする。

ウサギ島74

広いアーケード街。
人通りは少なくシャッターを閉めている店も多い。

ウサギ島73

それでも、そこら中にいるバリィさんが、可愛いのなんの・・・。

黄色い自販機がある。
近寄ってみると、やはりそれもバリィさん。

ウサギ島76

自販機もバリィさん・・・!

<"おいしいけん、のんでみとん"って言ってる・・・!>
期待通り、バリィさん攻めしてくる今治に、僕の心はマグロみたいにトロトロ溶けた。
<可愛いよ・・・可愛いよ・・・バリィさん・・・>

(もうちょい続くー・・・!)
『EP7を読む』

押せばナニカが起こるー!ボタン!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.