ウサギ日和 EP5 「ウサギ島でもアレを食べる、そしてウサギたちとの別れ」

投稿日:2013.08.05 更新日:

【運営チームからのお知らせ】

生姜農家の野望Online運営チームです。
どこかを旅した紀行文など長編シリーズになると、大抵途中で書いている本人が飽きてしまい、突然フェードアウトすることで知られる当blogですが・・・何でも中途半端はいけません・・・!

そこでこのたび、わずか『EP4』まで書いたところで力尽きた、瀬戸内海に浮かぶ"ウサギ島"こと大久野島へ行った話、『ウサギ日和』の続きを、まさかのやる気を出しまして、完結させる所存でございます。

「どんな話やったっけ?」という方は下記のリンク先にて、是非ご一読を!
『ウサギ日和を1話目から読む』  『ウサギ日和の4話目を読む』

まだ竜一はウサギ島にいた・・・!
というわけで、物語はウサギ島で昼食をとるところから再スタートします!


ウサギ島50

時が潮風と共にゆっくり流れていく。

ウサギ島67

僕は相変わらずウサギと戯れていた。
ホテルのフロントで購入したペレット(エサ)を見せると、ウサギが丸っこい目をしてピョンピョン駆け寄ってくる。

<かわいい・・・!>
僕はデレデレデレデレデレデレした。

やがてペレットは底をつく。
「ごめんねっ!もうないの・・・」
僕はウサギよりも可愛らしい口調でウサギにそう言って、スッと立ち上がった。

<お腹減った・・・俺も何か食べよう・・・>

時間を確認すると、ちょうど正午ぐらいだった。
ホテルの入口にあった蛇口で手を洗ってから、中へ入る。

蛇口の近くに紙が貼られている。
水はドコソコから運んできていて、島ではすごく貴重なのもだから無駄に使わないでくれ、というようなことが書かれている。

<なるほどなぁ・・・>
と僕は思い、ガガガガガッと九州新幹線ぐらいの速度で手を動かして洗った。

それからホテルへ入る。
レストランの入口の前で少し躊躇。

<ホテルのレストランとか・・・何年ぶりやろ・・・>
普段は、場末のうどん屋が主戦場なので、なんだか緊張する。

ウサギ島54

ドキドキしながら入ると、店内にいたスーツ姿の男性が上品に案内してくれる。
「はいはい!にいちゃんどこでも座りや!何にする?きつねうどん!?」みたいな雰囲気ではない。

<いやーんすごい!俺偉い人になったみたいー!>
などと僕はすでに大満足だ。

ウサギ島52

ウサギ島53

メニューを見る。

あ゛っ・・・?
うどん・・・!?

平仮名3文字の呪縛は、ウサギ島でも発動される。

<タコうどん定食・・・>
メニューに記載されたそれ以外のものが目に入らない。<タコうどん定食・・・うん・・・これにする・・・>

ウサギ島55

天井から床まである大きなガラス窓の向こう側で、ピョンピョン跳ねているウサギたちと、ウサギと戯れている人たちの姿が見える。

「のどかやのぉー・・・」
僕は昼下がりのおじいちゃんみたいに呟いた。

ウサギ島56

やがて『タコうどん定食』がやってくる。

なんでもこの辺りでは「タコ」が名物らしい。
『タコうどん定食』は、そのタコの唐揚げが入ったうどんと、タコ飯のセットだ。

ウサギ島57

<どうせ冷凍麺・・・大したことないやろー>
僕は舐めきった態度でうどんを口にする。瞬間・・・!<あらまぁ・・・!>

美味しい。

出汁の旨味がすごい。
<なんでしょうこれ・・・圧倒的まろやか・・・!>

いまだかつて食べたことがないような、かけ出汁。
<何がどうなっているのかよくわからないけど、出汁!旨ッッッ・・・!>

高知や香川でいつも食べているうどんは、大抵カツオだったりイリコだったり、あるいは昆布だったりの香りがすることが多い。

だが、このうどんからはまったく違う香りがしていて、しかも味が複雑でえらく美味しい。
魚のアラを入れて水炊きにしたときに出る出汁・・・みたいなそういう味がした。

ウサギ島65

さらに、タコの唐揚げが抜群。
<香ばしい匂い・・・!プリプリした食感・・・!いままで食べたタコの唐揚げの中でもブッチギリの攻撃力・・・!>

ウサギ島59

勢いそのままに『タコ飯』を食べる。
<1粒1粒が立ったごはんに、やはりプリップリッのタコ・・・!これも出汁が効いている・・・!>

モグモグ食べる。
これは箸が止まらない。
仕舞いには器に口を付けて掻き込む勢いだ。

<うぉぉぉ・・・右手が勝手に動く!全自動洗濯機のように・・・!右手が勝手に!グルグルグルグル・・・!動きおおす・・・!>

それにしても・・・と僕は思う。
<この出汁の旨さ・・・"上手さ"は普通じゃない・・・!>
僕はうどんの出汁を残さず飲む。<きっとここの料理長はムシキングいいや・・・ダシキングに違いない・・・!>

僕の脳内イメージの中で、料理長は料理人らしい白い服を着て、全身に"節"や"骨"を装備していた・・・。

ウサギ島61

大満足でホテルを出る。
僕はそろそろ帰らなければならない。

ウサギ島0018

そこら中にいるウサギたちを横目に見ながら、2キロ先の港へ歩く。

<名残り惜しいのぉー>
次にここへ来られるのは、いつになるのだろうか。<楽しかった・・・!>

大久野島は広島県に属する。
それを思い出して、僕は船着場の近くにいたウサギたちに挨拶する。

「またくるけぇの!」
と広島弁で挨拶する。

そして僕は、やってきた船に乗り込んだ。

船はドンドン港から遠ざかっていく。
小さなウサギたちの姿は、もう確認できない。

・・・じゃあの。ウサギ島。

(※ 物語はまだ終わらない!あと2話ぐらい続く予定じゃけぇの・・・!)

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好きで大量の飲食店を食べ歩く日々。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。>>詳細ページへ

アクセスランキング TOP5

1 帯屋コッペ くまPANコッペパン フィレオフィッシュ

【高知】「帯屋コッペ」くまのPAN屋のコッペパン専門店がオープン

コッペ……コッペ…… コッペパン………。 突然ですが、問題です。 あなたは「コッペパン」と聞いて、何を思い浮かべますか? 竜一「帯屋コッペ」をご紹介します! コッペパンとは? そもそもコッペパンとは、なんでしょうか? 竜一本気のコッペパンを食べる前に、本気の勉強をしておきたい! Wikipediaによると、コッペパンの定義はこちら! コッペパンとは、紡錘形で片手で持てる大きさの底の平たいパンである。 形状はフランスの「coupé(e)(クッペ)」パンや、アメリカ合衆国などで見られるホットドッグバンズ(英: ...

2 大きな草と草刈機

草刈機(刈払機)の使い方!草刈機の使用方法を現役農家が徹底解説!

草刈機(刈払機)の使い方を現役農家の竜一がご紹介。プロが教える草刈機の使用方法。エンジンのかけ方、エンジンがかからない場合の対処法、草の刈り方について解説しています。

3 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

4 畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 竜一あけぼの街道沿いにある、産直所「なの市」と同じ敷地内で、以前「なのカフェ」が営業されていた跡地です。 駐車場は、ながおか温泉側につき注意! 産直所「なの市」 「畑の食堂Copan」の出入口は産直所「なの市」側を向いているが、 駐車場は「 ...

5 晩酌家つるじろ外観

晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】

晩酌家つるじろ(画像はオープン前に撮影しています) 2018年5月28日! 晩酌家つるじろ! 高知市にオープン! 当記事公開日である、本日5月28日(月)にオープンした居酒屋の新店「晩酌家つるじろ」。 居酒屋は居酒屋でも、ただの居酒屋ではない。 料理がおいしい! 店内がおしゃれ! 座敷あり! 掘りごたつあり! 子連れで行ける! カップルで行ける! 接待で行ける! 一人でも居心地がいい! マスターがイケメン! マスターが面白い! おすすめポイントをパッと上げても2,000個くらいすぐに思いつく、とんでもない ...

最新記事

マンテンノホシ野市店 和食モーニング

【高知】「マンテンノホシ野市店」モーニングは和食&洋食両方あり!

高知県香南市野市町、マンテンノホシ野市店のカフェで新たに開始されたモーニングメニューをご紹介!満天の星の地元・津野町の野菜を使った和食モーニング、ほか洋食モーニングが食べられます!所在地:高知県香南市野市町西野2007ー1 フジグラン野市敷地内 営業時間:【モーニング&おやつ】9:00〜11:00 【カフェ&おやつ】11:00〜20:00定休日:年末年始

マンテンノホシ野市店 ほうじ茶飯の四万十ポークカレー

【高知】マンテンノホシ野市店でカフェランチ(ほうじ茶大福付き!)

2017年12月3日。高知・香南市野市町「フジグラン野市」敷地内にグランドオープンした、津野町のアンテナショップ『満天の星 野市店』。 津野町のお茶を始めとする特産品や「ほうじ茶大福」など人気のスイーツが販売される、ショップスペースにはオープン当初に訪れた。 関連記事:「満天の星」高知・津野町アンテナショップが香南市野市町にオープン 今回は、そのショップに併設されたカフェ『マンテンノホシ』に初入店。 なんでも津野町特産の「ほうじ茶」や野菜を使った料理が食べられるのだという。 満天の星のカフェ「マンテンノホ ...

マンテンノホシ野市店の日替わりランチ

マンテンノホシ野市店!高知・香南市でおいしいカフェランチ!

2017年12月3日オープンしてから当記事執筆時点で半年ほどが経過した、香南市野市町の「マンテンノホシ野市店」。 おしゃれカフェが多い、香美・香南市界隈にありながらも、大型スーパー「フジグラン野市店」の敷地内という立地。 買い物ついでに、おしゃれランチ。 スイーツを食べながら、まったりタイム。 ……なんてことも可能となっています。 高知市朝倉にある「フジグラン高知」内にも、3月末に新店舗をオープンされ、ひろめ市場の店舗もいつも賑わっている「マンテンノホシ」の野市店に今回はコソコソお邪魔したいと思います。 ...

高知 香南市野市町 マンテンノホシのメニュー モーニング

【高知】マンテンノホシ野市店!モーニング&ホルモンカレー提供開始

マンテンノホシ野市店のモーニングメニュー マンテンノホシのモーニング。 高知県は香南市野市町の「フジグラン野市」敷地内にある「マンテンノホシ野市店」がモーニングセットの提供を開始。 モーニング実食レポこちらから 【高知】「マンテンノホシ野市店」モーニングは和食&洋食両方あり! モーニングセットの提供時間/朝9:00〜11:00まで モーニングセットは2種類で、洋食(Aセット)、和食(Bセット)とある。 モーニングAセット パン2個(ジャム・マーガリン付き) スクランブルエッグ サラダ 味噌汁 ヨー ...

麺房三宅 冷しとり天ぶっかけうどん

【高知】「うどんランキング」プロが選んだおすすめの名店ベスト5

高知放送(RKC)で毎週月曜日~金曜日に放送されているテレビ番組「eye+スーパー(アイプラススーパー)」にて、2018年2月5日(月)~9日(金)の5日間かけて放送された、 「プロが選ぶ!美味しい高知のうどん店ランキング」そんな感じの企画……! 高知のうどん好きたち大注目のランキングは、 竜一どのお店も、間違いなくおいしい高知のうどん屋さんです。 特筆すべきは、ラーメンランキングでもベスト5の中に、2店ランクインしていた「香南市」の真田が高知市の一角を崩している点。 香南市に8店しかないラーメン屋さんの ...

高知うどん全店一覧データ

【2018年版】高知のうどん屋さん全店データ一覧!地域別ガイド

高知県に存在するうどん屋さん全店の営業情報をリスト化しました。高知のうどん屋さん全店の所在地、営業時間、定休日の情報を地域別に一覧で見られます。さらに店名をクリックすると各店の詳細情報を確認できます。

十兵衛うどん!高知・室戸市の老舗でデカ盛うどんを食べる!

高知県最東端のうどん店である室戸の「十兵衛」。 そこを切り盛りするオバアに初めて出逢ったのは、 高知の地元タウン情報誌「ほっとこうち」で行われていた企画、「あけましてお麺路さん」 通称、「うどんスタンプラリー」に関連して、西は中村市(現・四万十市)、東は十兵衛がある室戸市まで、 県下25店舗のうどん屋さんを食べ歩いているときだった。 当時、中村市に存在した「ほうばい」のスタンプがすでに押されているのを見て、 十兵衛のオバアは目を丸くした。 「西から東まで、ようけ回られちゅうねぇ・・・!」 のちに25店すべ ...

めんどーるの外観(高知いの町)

自家製 手打ちうどん「めんどーる」高知・いの町の喫茶店うどん

2011年12月に初更新した記事です。ご注意ください。 発端は、紅千鳥さんのブログだった。 いの町、天王ニュータウンにフッと現れた新星『ちっ子亭』に出向いた千鳥さんは、 その際に、『めんどーる』という名のうどん屋を見つけたと記していた。 <めんどーる・・・!聞いたことがねぇ・・・!> さらに、千鳥さんに端を発して行かれた山雀さんのブログの記事を読んでも、 その「めんどーる」は、数年前には存在を確認されている店で、新店では無いらしい。 <なるほど・・・!つまり「めんどーる」は・・・! 今の今までゴク限られ ...

【高知】うどん専門「二十四万石」

イリコ・・・カツオ・・・昆布・・・。 私はうどんを食べて、かけ出汁を飲んでも、 出汁に何が入っているかなんて、強烈な場合はわかるけれど、 ほとんどの場合において、わかっていない。実は。 でも、そのかけ出汁の中に 「優しさ」という出汁が入っていることだけは、 私にもわかった。 『うどん専門 二十四万石』 初めて訪れる高知の老舗。 有名らしくて、名はよく聞いていた。 店の中にはオバチャンがいて、 そのオバチャンが一人で切り盛りされているようだった。 オバチャンは、終始ニコニコ微笑んでいた。 私は「五目」を注文 ...

【高知】セルフうどん「ひなた屋」サバの突撃

実は、「勝手にうどん振興協会」を勝手に設立している私は、 目当てのうどん屋さんに行く際に、通り道にあるうどん屋さんの状況を逐一確認している。 うどん屋さんの経営は難しいみたいで、 オープンから何年も持たずに閉店してしまううどん屋さんも少なくない。 誰が食べても美味しくないから閉店するのならわかるけれど、 光るモノが確実にあって、それが徐々に輝き始めた頃に、終了のお知らせ。 悲しいじゃないか。 「これからだったのに・・・! アンタのうどん、他の誰もが打てないようなうどんで、 うどんの常識・・・固定観念という ...

サバに代わりまして、代打・カマス 「セルフうどん ひなた屋」

(店舗画像は3年前のオープン当初のものです。 行けるときはいつも天気が悪くて撮りなおしできてないです…) 『ひなた屋』 『肉うどん(大)』 「並」で380円。「大」で480円。 『カマスの姿寿司 & ゲソ天』 カマスの姿寿司100円。ゲソ天70円。 以前来たときは、ゲソ天50円だったけれど、 増税の影響で値上げされた模様。 そして………! 少なくとも高知の"セルフうどん店では"、 ここにしかない薬味………! 柚子の皮で効かす……! 圧倒的冷涼感っ………!! オープン当初はシコシコ系。 その数ヵ月後に食べた ...

-愛媛県観光

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.