高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

中華そば 丸福

2013.09.14

買い物から帰ってきて冷蔵庫に食料品を詰めこんでいるときに電話のベルが鳴った。
ベルは酷く慎重に鳴っているように私には聞こえた。
プラスチックのパックを半分だけひきはがした納豆をテーブルの上に置いて居間に行き、受話器をとった。

「納豆はもうまぜ終わったかしら?」と女が言った。
「終わったけど・・・」と私は言った。「ど・・・どちら様でしょうか」

「秘密の組織の者です」と女は即座に答えた。
「このあいだは男の人が・・・」と私が『あるぺんはうす』に行く前にかかってきた電話のことを言いかけると、女は明るい口調で言った。

「ああ、あの男のことね!あの人は子持ちでね、まだお子さんが小さいのよ。あの日もアナタに会いに"あるぺんはうす"へ行こうとしていたんだけど、そのときに運悪くお子さんが通う幼稚園から電話がかかってきちゃってね・・・」

「幼稚園から・・・」
「そう。お子さんが幼稚園で熱を出しちゃったみたいなのよ。それで迎えにきてくれって・・・。そんなわけで"あるぺんはうす"に行けなくなっちゃったってわけ」

「なるほど・・・それなら仕方がない・・・」
私はアッサリ納得した。(あのとき帰り際に入ってきた男は、電話してきた"謎の男"ではなく、まったく関係ないただの通りすがりの男性客だった)

「そんなわけであの男も子守に忙しいから、今回からアナタの担当はアタシがすることになったわ。よろしくね!」

「えっ・・・担当?」
「アナタに釜揚げうどんの上手な食べ方を教える・・・担当」女は相変わらず明るい口調で淡々と話す。「もちろん、タダで教えるわけにはいかないわ。アナタにはコチラの指示通りに行動してもらう必要がある」

「くっ・・・」私は完全に弱者だった。「釜揚げの上手な食べ方を教えてもらわないことには、死んでも死に切れない・・・わかった・・・その条件を受け入れるよ・・・」

「戌年のアナタならきっと言うことを聞いてくれると信じてたけど、思った通りでよかったわ」
女の声が心なしか、さっきより弾んでいた。「では早速、今回のミッションを発表するわね!」

「ぬぬっ・・・!」

今回のミッション!
『中華そば・丸福』に潜入せよ!!


謎の女がどうして「丸福に行け」と言ったのか、私にはわからない。
わからなくても、黙って女の言うことに従うしかなかった。

<釜揚げうどんの上手な食べ方を教えてもらうためだ・・・仕方がない・・・>
自分にそう言い聞かせながら、夜の高知市「天神橋商店街」を歩く。

中華そば丸福0

やがて以前から場所は把握していた『中華そば・丸福』に達し、店先から中の様子を窺う。
<さすがは人気店・・・結構入ってるなぁ・・・>

中華そば丸福7

入店して、一番奥のテーブル席に腰を下ろす。
それはわずかな空席の一つだった。

カウンターの上部に紙が貼られていて、メニューが書いてある。
私はその文字列を凝視したまま数秒間、固まった。

<丸福チャーシューメン・・・>
店の名を冠したメニュー名に"チャーシュー"という圧倒的な響き。

「すすすすすす・・・!」
私は店のオバチャンに視線を向けて挙手した。「すすす・・・すいません!」

その光景は傍から見ると、私がオバチャンに謝っているように見えたかもしれない。
だがもちろん謝っているのではない。オバチャンを呼んでいるのだ。

少しだけ、にじり寄ってきたオバチャンに言う。
「丸福チャーシューメンを・・・!」

注文してから、秘密の組織のことを、ぼんやり考えていた。
<謎の男・・・謎の女・・・組織の黒幕とは・・・>
名探偵コナンみたいな設定だ、とは絶対に口にしてはいけない空気が漂っている。

<指示通りにすれば、釜揚げうどんの上手な食べ方を教える、謎の女はそんな風に言ってたよな・・・>

私は謎の組織に従うしかない。
だって釜揚げを・・・上手に食べたいんだもん・・・。

それから人差し指を基準にして、水が入ったグラスの直径を測ったりしていると、オバチャンが『丸福チャーシューメン』を運んできてくれた。

オバチャンは器をテーブルに置き去る。
私は口を開けて、目を見開いた。

中華そば丸福2

世界を席巻する・・・!
肉・・・!肉・・・!肉・・・!

中華そば丸福3

圧倒的・・・!
肉の攻撃力・・・!

<円盤みたいになってる・・・!
これ・・・犬がいるところで投げちゃダメ・・・!
追いかけて行くよ・・・!犬が追いかけて行っちゃうって・・・!>

中華そば丸福1

感動していると、オバチャンがもう1杯持ってきてくれた。
やってきたのは『モヤシソバ』だった。

<おおぉっ・・・!>と私は歓声を挙げる。<モヤシソバという名の通り、モヤシいっぱいだぁー!>

タンメンのような白みがかったスープが入った『丸福チャーシューメン』に対して、褐色のスープが入った『モヤシソバ』は、あんかけ風にトロミがついている。

中華そば丸福4

そして両者は麺がまったく違う。
『丸福チャーシューメン』の麺は太く、

中華そば丸福5

『モヤシソバ』の麺は細い。

<太麺の食べ応え・・・!細麺の喉越し・・・!>
ぬぅぅ、と私は低く唸った。<両方イイッ!ありがたいっ・・・!>

中華そば丸福6

さらに『餃子』も来ちゃう。
<うほっ・・・!いい餃子・・・!>

組織から指示されたミッションをクリアして、席を立つ。
いつの間にか満席になった店内。

オバチャンに舌代を払って、カウンターに座る人とテーブル席に座る人の、背中と背中のあいだを通って出口を目指す。

湯気が昇る寸胴の前で、寡黙な雰囲気の店主が長い箸を使って、黙々と麺を湯掻いている。
その後姿に会釈して退出した。

中華そば丸福0

◆ 中華そば 丸福
(高知県高知市本町2-3-23)
営業時間/11:30~15:00、17:30~19:50
定休日/日曜日
駐車場/無(少し歩いたところに1時間100円のコインPあり)

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.