高知市のうどん

手打ちうどん かめや かめうどん

更新日:

浜辺を歩いていると亀がいた。
亀は案の定、数人の子供たちに囲まれていた。

「こらっ!亀をいじめるんじゃない!」
私がすかさず蚊の羽音ほどの声量で言うと、子供たちはパッと散って行った。

「大丈夫だったかい…怪我はないかい…」
助けた亀に声をかけると、亀は私に深々と頭を下げて礼を述べた。

そして当然、竜宮城へ行く運びとなった。

だが私はそれを断わった。

「だがっ…!
断わるっ……‼︎」

というノリで断わった。

しかし亀は、それでは申し訳が立たないと言う。
竜宮城に行ってくれないのであれば、せめて…と言う。

「せめて…なに…?」
亀に訊くと、亀は叫んだ。

「せめて……!
うどんに行こうじゃないかっ…!」

酒とうどんなら断らないよ、と私は返事した。
亀には、亀オススメのうどん屋があるようだった。

「じゃあ行こうぜ!そのうどん屋…!」
私と亀は意気投合して、うどん屋を目指した。

もちろん亀の背中に揺られて、だ。

<それにしても切り立ってんなぁ…エッジ…!断崖絶壁って感じだ……!>

いったいここはどこだろう。

亀に訊いた。
亀は答えた。

「ここは…"かめや"……!
皆さんご存知…"手打ちうどん・かめや"さ…!」

亀だけに…!
と言い出しそうだったので、私はすぐに亀の口を塞いだ。

エビ天クロス!
クロスカントリー。

『かめや』『かめうどん(大盛り)』
俗にいう、エビ天ぶっかけ。

「温」「冷」が選べるということだったので、なんとなく「温」にした。

亀だから、当然そうするだろうことは想定の範囲内だったが、やはり亀も『かめうどん』にした。

カウンターで1人と1匹。
うどんを食べる。

タン!タン!タン!と大将が麺を切る音が奥から聞こえてくる。

ふと見ると、亀の口元にネギが付いていた。
優しい私が取ってあげようとすると、亀は顔の前で手を横に振った。

「気にしなくていいよ!」

それから、いいの?よくないだろう。取ってあげるって!というようなやり取りをひとしきりした。

けれども断固拒否する亀。

「ネギ…取ってくれなくてかまわない…!
ネギ…取ってくれなくてかまわないっ
…!」

「えっ…!取らなくていいの?」
「いいよ!いいよ!取らなくていいよ!」

「いいの…?取らなくていいの…?」

「いいよ…!取らなくていいよ…!ネギ…取らなくてもッッッ…!」

亀は此処ぞとばかりに関西弁で言った。

「かめへん。かめへん」

◆ 手打ちうどん かめや
(高知県高知市海老ノ丸8ー4)
営業時間/11:00~20:00
定休日/月曜日
駐車場/4台

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のうどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.