CAFE TERRASSE Dax(ダックス)

投稿日:2014.06.21 更新日:

「ケイントップ」というサトウキビの殻を、生姜畑の畝一面に撒いていた。

梅雨の合間の貴重な晴天。
雨が降ると仕事にならないので、休憩もロクに取らずに作業は急ピッチで進められた。

重さ20kgのケイントップを次々に担いで畑の各所に配置する。

いま俺カッコイイと思った。男らしいと思った。20kgを軽々と担いでいるのだ。カッコよくないわけがない。

だが、その光景。
タヌキすらも見てくれていない。

刹那さを消せやしない。
by T-BOLAN

数日もしない内に、再び高知に梅雨空が戻った。

その日は、朝からどんよりとネズミ色の雲が空を厚く覆っていた。

<モーニング……食べに行こうかな………>

私は日頃、滅多にモーニングを食べに行ったりしない。朝ごはんは家で食べるものだという認識がある。農家だし。米は売るほどあるし。食べ放題だし。

それでもこの日は、なぜかモーニングを食べに行きたいと思った。

<ファミレスのモーニングでもいいけど…どうせだったら可愛らしいお店に行きたいな……>

可愛らしいお店………。

女子かっ!
俺は女子かっ!

自分の女らしい一面に驚きながら向かった。

『Dax(ダックス)』

香南市野市町に、昔からある喫茶店。

たしか子供の頃に何度か来た記憶がある。
大人になってからは初めてで、おそらく二十数年ぶりだと思う。

周囲には、のどかな田園風景が広がる。

<田んぼはすでに見飽きている…とはいえ素敵……!>

駐車場が私の車でちょうど満車になったので、座る席があるのかと心配していたが、運良くわずかに席が空いていた。そこに腰をおろす。

「 洋風モーニング」と「和風モーニング」の2択。

この局面、迷わず「和風」

私は基本的にパンを食べない。
最後にパンを購入したのがいつだったのか、思い出せないくらいパンを食べない。

「最近の若いモンは米を食べんき!パンばっかりやき!ほんで日本の米の消費量が落ちる!」

と言うオビ=ワン(祖父)よりも、確実に圧倒的にパンを食べる頻度が低い。

「パンが嫌いとかそういうのじゃない。ただ俺は、米が好きなんだ」

だから、たとえばパスタを食べに行ったときに、コースの中にガーリックトーストがあれば喜んで食べる。むしろパスタがいらないくらいの勢いで、ガーリックトーストを貪る。

でも、パンか米か!と問われると、米。

そんなこんなでグダグダ待っていると来た。

『和風モーニング』

ドリンクはホットミルクにした。

カルシウムが欲しかった、それだけだ。

アジサイの花のように散りばめられた俵型のおむすび。

可愛い。

その可愛らしいおむすびを箸でつまみ、口の中に男らしく一個丸々放り込む。

漂い散らす米の香り。
お口の中がライスワールド。

そして流し込む。
ご飯を味噌汁で流し込む。

米の香りに味噌の香りが加わってくる。

朝だ。日本の朝だ。
日本の朝の香りだ。

流し込む。流し込む。
味噌汁で流し込む。

ジャパーン!ジャパーン!と流し込む。

◆ CAFE TERRASSE Dax
(高知県香南市野市町西野990-1)
営業時間/8:00~19:00
定休日/水曜日、第3火曜日
駐車場/23台

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-香美・香南市のカフェ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.