週末はもちろん、平日でも満席だという『焼鳥家』に行く機会は唐突にやってきた・・・!

焼鳥家・高知市葛島6

<噂に聞く人気店だが、郊外にあるがゆえ、いままでなかなか行けなかった・・・!>

焼鳥家・高知市葛島14

高知市葛島・・・!

焼鳥家・高知市葛島15

串焼!焼鳥家・・・!

急遽行くことになった、とある平日!当日の午後7時半頃・・・!
満席の可能性が高いことがわかっていたため、店に電話をかけてみると、ちょうど空席があると言う!

そのまま席を予約して、いざ!初体験の焼鳥家・・・!

予約をしていなかったら、よもや入店できなかったかもしれない、満席の店内・・・!

焼鳥家・高知市葛島1

まずは生っ・・・!
とはいかず!ハイボールからいく、竜一!

お通しは枝豆・・・!

焼鳥家・高知市葛島2

焼鳥は備長炭で焼くため時間がかかるとのことで、まずは速攻メニュー・・・!

焼鳥家・高知市葛島3

ヘルシー路線で冷や奴・・・!

焼鳥家・高知市葛島4

もろきゅうなどを注文・・・!
<ありがたいっ!これならいくら食べても太らない・・・!>

その後、続々と鶏が羽ばたいてくる・・・!

焼鳥家・高知市葛島5

手羽唐揚げ・・・!

メニューに「おすすめ」と記載されていた一品・・・!
<甘い!ひろめ市場で食べられる『ひろめ揚げ』にも似た味・・・!>

からの・・・!

焼鳥家・高知市葛島6

鳥串・・・!

ロンギヌスの槍のごとき、串に突き刺さったモモ肉から漂う、甘いタレの香り・・・!

<ミサトさーん!美味しいよ!ミサトさぁぁああん・・・!>

人気店の貫禄に取り乱してしまう竜一・・・!
さらなる驚愕は、その直後だった・・・!

焼鳥家・高知市葛島7

肝串!これはヤヴァイ!

肝というと、どうしても苦手な人も多い!苦手な人には薦められないけれど、好きな人には焼鳥家の肝串・・・!

圧倒的オススメ・・・!

<1串に3個ほど刺さった肝のひとつひとつが大きい!しかも、やわらかくてフワッフワッ・・・!>

キモい・・・!肝いほど美味い・・・!
<物凄く白ごはんが欲しくなる!この濃密な味で白ごはん3杯余裕・・・!>

焼鳥家・高知市葛島8

さらに皮串・・・!

<外側はカリッカリッ!内側はやわらかい!ほんのり漂う炭の薫りが美味しさのボルテージを倍増させてくるっ・・・!>

焼鳥以外にも、数は多くないがいくつかのサイドメニューがある焼鳥家・・・!
<鳥類が続くと、自分自身が鶏になってしまう危険がある!バランスを取るため、この局面、甲殻類もいっておこう・・・!>

焼鳥家でよもやの・・・

焼鳥家・高知市葛島9

カニミソ・・・!

そしてまた鳥類に戻る・・・!

焼鳥家・高知市葛島10

なんこつ串・・・!

このとき、とっくに焼酎に切り替えていた竜一・・・!
<染み出る脂が焼酎を加速させる・・・!>

焼鳥家・高知市葛島12

鳥類ラストは、親鳥炭火焼・・・!

<噛み締めるごとに深い味を醸し出す親!毅然とした態度!堂々たる貫禄!親の威厳っ・・・!>

焼鳥家・高知市葛島11

これまたごはんが欲しくなる、エノキベーコン・・・!

焼鳥家・高知市葛島13

名物と聞くオムライスでシメ・・・!

オムライスの中にゴロゴロと入った、焼鳥家の鶏・・・!
<香るバター!どこか懐かしい昔ながらのオムライス・・・!>

満腹!食べて飲んで大満足・・・!
<鶏が食べたいときに鶏を食べに来て、鶏をこれでもかと食べさせてもらえる!郊外にあっても人気があるわけだ・・・> 

◆ 串焼 焼鳥家
(高知県高知市葛島1-1-6)
営業時間/18:00~23:00
定休日/日曜、祝日
電話番号/088-884-8341
駐車場/有(店先以外にも有り。詳しくはお店の方に!)
一人行きやすさ/○ カウンター席有り
子連れ行きやすさ/○ カウンター席以外はいくつかのテーブルが並ぶ広い小上がりで、賑やかさの中に紛れられて意外と行ける!(というか行けた)

  • 窪川BEER STYLE Callman 56のブラッディマリー
    窪川ビアスタイル「コールマン56」高知市のビールと肉がおいしい店
  • 居酒屋大吉 カツオの塩タタキ
    居酒屋 大吉。高知・帯屋町の名店で人気メニュー「イカ団子」を食べる
  • 幡多バル・長太郎貝のアリオリチーズグリル、伸びるチーズ
    人気の土佐清水ワールド「幡多バル」高知本店オープン!
  • 屋台餃子「安兵衛」高知・ひろめ市場内の餃子屋さん。
  • 【高知市】一人飲みにおすすめのBAR(バー)「ラストチャンス」
  • 高知の寿司店!土佐鮨処「康」本店。おまかせ握り。
おすすめの記事
暗黒料理
前から思っていることなのだが、市販のレトルトミートソースには、あまり美味しいものがない。 特に、お母さんっぽい名前のメーカーのミートソースな...
農家の日常
5月………。片田舎の田んぼ……。 そこに田植え機と竜一の姿があった……。 いっぱい米を植えて………!いっぱいオニギリを食べるんだ…!! 隙間...
生姜栽培
<一雨降ると全然違う・・・> 雨が降った翌日辺りから感じていた、生姜の勢い・・・! <茎や葉が見るからに、茂ったというか・・・> それまでは...
農家の日常
生姜畑を作っている。雨の日が多いから、わずかな晴れの日に、目の色を変えて仕事をする必要が出てきている。 そんな中、やる時はやらんこともないか...