「藁屋」高知・沢田マンション1階のおしゃれカフェでランチ

2017.02.18

  1. TOP >
  2. 高知市グルメ >

「藁屋」高知・沢田マンション1階のおしゃれカフェでランチ

2017.02.18

バランスの取れたヘルシーランチ!いかにも体に良さそう・・・!

沢田マンション1階「藁屋(わらや)」

女子が大好きな『藁屋』さんだよぉ・・・!

高知県外のかたにも有名な、手作りマンション「沢田マンション」の1階に『藁屋』はある。ちなみ「藁屋」と書いて「わらや」と読む。米も作っている竜一はもちろん「藁」、読めた。

「俺『沢マン』入るの初めてだわ・・・」

幼少期の大部分を『沢マン』の近所で過ごしたにもかかわらず、竜一、沢マン初体験。

「いまでこそ県外からも人が来るほどの有名スポットだけれど、昔の『沢マン』って正直ちょっと恐いイメージあったよ。得体が知れないというか…。外観は要塞みたいだし…。」

スポンサーリンク

藁屋のランチメニューは、2種のみ

「藁屋定食」(950円)。あるいは「ササカリー」(800円)。

「この2択なら『藁屋定食』かな・・・」
即決してしまったが、考えてみれば『ササカリー』もありだった。

スポンサーリンク

藁屋の店内、おしゃれな雰囲気

カウンター席とテーブル席で構成される『藁屋』の店内。座敷はなく、幼児連れには少々つらいが、照明の色合いがよく素敵な写真が撮れる。

インスタ女子には最高の環境・・・!

スポンサーリンク

野菜たっぷり「藁屋定食」

運ばれてきた「藁屋定食」

綺麗・・・!

「これはインスタ女子のみならず、百姓男子も、ときめく。まあ綺麗に盛れるもんだなぁ・・・」

なんだかアートだねぇ

「むしろこの綺麗さは、もうほとんど絵画の世界だよ・・・!」

もう藁屋さん、絵画だよ!

宗田節(そうだぶし)のお吸いもの

「これなんか完全に温泉だからね。湯気が半端ない・・・」

こんなに湯気って上がるものなんでしょうか?

「私にはわかりかねますねぇ・・・」

古代米のごはん

「宗田節からの古代米。漁師からの農家。漁村からの農村。そう来たか・・・」

おにくのおかず

鶏もも肉にトマトソース絡んでいる。

よくあるトマト煮みたいで、よくあるトマト煮ではない。味が複雑。深い味わい・・・」

いつまでも噛んでいたい。噛めば噛むほど旨味が出てくる。上質のスルメのようだ。

りんごのお白和え

「白和え!」と言わずに「お白和え」ってのがいい。上品。一気に京都感が高まる。

「はんなりやわぁ・・・」

キヌアのサラダ

『キヌア』というと、一時期スーパーフードとして話題になったアレか?麦みたいなやつだよね」

きせつのおやさいプレート(高知県産)

高知の野菜だって・・・?

興奮のあまり、2枚写真を撮る。

「アートだね・・・」

何度も言うけれど・・・。

これはもうアートだよ・・・

藁屋さんの料理は、芸術の域に達してんだよ・・・!

ここは飲食店であって、飲食店ではない・・・!

美術館!

「だってここが美術館じゃなかったら、いったい美術館はどこにあるの?という話になる。むしろ教えて欲しい。どこに美術館があるのか・・・」

店内に穏やかな空気、漂う『藁屋』。たくさん野菜が入ったヘルシーな料理は、見た目も絵画的で美しい。

「素敵だねぇ。芸術に触れて癒やされた・・・!」

「藁屋」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市薊野北町1丁目10-3 沢田マンション1階(地図

▼営業時間
[火・水・木]11:00~18:00
[金・土・日]11:00~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:30

定休日/月曜日
駐車場/無
一人行きやすさ/○ カウンター席有り。
子連れ行きやすさ/△ 座敷無し。子連れはつらいかもしれない…。

竜一

高知で生姜農家を経営 / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知の飲食店を約20年でのべ2,000件以上食べ歩き / 大好きなお店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ
メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中
詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

© 2020 生姜農家の野望Online