ほか弁の「牛とじ丼」が美味しい!竜一さんは20年ほどこれ一択だよ

投稿日:

ほか弁で、あなたは何を食べますか?

「そもそも『ほか弁』に行かない、という人も多いだろうけれど……」

ほか弁に行くとしたら、何を食べるか。

.
.
.

「牛とじ丼」でしょう!

価格は530円(税込)

ご存じですか?牛とじ丼。

むしろ……。

ご存じ、ないのですか?
(▲ ムカつくよね?この顔……。ウヒヒ)

卵と牛肉の交わり!これがいいんだよ!

「卵、牛肉、タレの相性が非常に良くて、食欲がないときでも意外と食べられる」

20代の頃までは、溶き卵に醤油を加えたものを、これにかけて食べていたんだけど……。

オッサンはノーマルで大丈夫。

オッサンは……

普通が一番。

「30歳回ったら、変なアレンジいらなくなるね。二郎系のラーメン屋さんに入ってもマシマシとかしなくていいもん」

野菜、ニンニク普通でいいですか?
「ええ、普通で……」って言っちゃうもんね。

もうかれこれ20年くらい、ほか弁では「牛とじ丼」ばかりで、時々メニューを見ても「牛とじ丼」を上回る猛者(弁当)には出会えないんだけれど……。

スポンサーリンク

ほか弁って、ほかに何か美味しい弁当あるのかな?

ほか弁(ほっかほっか亭)の、ほか弁(他弁)が知りたい。

「注文しているのが多そうなのは、定番の「幕の内」「シャケスペ」とかかな……。

子どもの頃は俺も「スポーツランチ」とか食べていた記憶があるけれど、いまとなってはスポーツランチは注文しづらい……。


▲ コイツが「スポーツランチください」とか言うんだよ?

お前絶対スポーツしてねぇじゃん!
……なんてレジ越しにツッコミを入れられても、おかしくない。

べつにスポーツしている必要はないんだろうけれど、部屋着でもなくメイド姿でもないときの竜一さん、間違えて出てきたビジュアル系バンドの人、みたいな格好をしているせいで、余計に「スポーツランチ」、注文しづらい。

それでいつも……「ぎゅ、ぎゅうとじどん……」

小声で「牛とじ丼」頼んじゃう。


むぎゅうううう………

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知の弁当店

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.