焼肉「牛角」おすすめメニュー「カルビ専用ごはん」が美味しい!

投稿日:

牛角、行ったことある?

『牛角』。全国に店舗を展開する有名な焼肉チェーンであるが、2017年6月現在、高知には1店舗が存在するのみ。

「その高知唯一の店舗に、今回は行ってみようかと……」

背水の陣で、牛角に行ってみようかと!

このとき竜一、何気に……。

人生初・牛角!
「おめでとう!俺!おめでとう!」

いやぁ!めでたい!

では、早速入店。

スポンサーリンク

牛角は「炭火焼肉」だった。

眼前で燃えさかる業火!

「火が強すぎたら、氷を網にのせて調節してください」と店員さんは、氷がギッシリ詰まったロックグラスを置いていった。

「これに焼酎入れたら、バッチリじゃん」
酒飲みの直感で、そう思った竜一。

「辛抱たまらん……!」

焼酎ロックを注文。

その後、お肉も続々注文。

▲ ぼんじり(390円)。

「塩ダレ」「味噌ダレ」「旨辛味噌」。選べるタレは「旨辛味噌」を選択。

▲ 牛ホルモン(490円)。

「ぼんじり」と同様に選べたタレは、やはり「旨辛味噌」を選択。


▲ 焼いていくよぉ。

メラゾーマ!
……とか言いながら焼くと、ちょっとだけウケる(ウケない)。

▲ 火力が強くなりすぎたら、氷で火消し。

▲ 桜ユッケ(790円)。

おおお……。

▲ 厳選四種盛り(1650円)。

▲ 塩とワサビが演出する、厳選感(笑)。  

業火よ!焼け!焼き尽くせ!
目の前の肉という肉を……!

▲ 軽く焼き、ワサビを添えて食べる。

▲ 牛角カルビ(590円)。

衝撃を受けたのが、次のメニュー……。

牛角の「カルビ専用ごはん」が異常にうまい!

本来は、カルビをのせて食べるらしい、カルビ専用ごはん。中350円を注文。

そのままでも異常にうまいんだよ!

カルビいらないんだよ!

ごはんを覆う、大量の海苔。
その下には、きざみネギが敷かれている。

この、ごはんが……
普通の白ごはんではない!

ごはんにタレがかかってるんだよ!

「海苔も普通の海苔じゃなくて、韓国海苔なの!」

韓国海苔とごはんのタレ。相性が良くて、すごくうまい。

なに、このごはん!
初めて釜玉うどんを食べたときみたいな衝撃が俺を襲う……!

さらに変わり種。

スポンサーリンク

牛角イリュージョン!「わたあめすき焼きカルビ」

挑戦すること、それが人生だ。

変わり種を見つけると、挑戦してみたくなる竜一。

迷わず注文!

おおお……。

圧倒的!ラピュタ!

肉に「わたあめ」……!
「わたあめ」がのっている……!

「こんなのある?初めて見た……」

「すき焼き」だけあり、生卵と割り下が付いている。

「わたあめ」を炭火にかける、という提案。

 

割り下をかけると、わたあめは魔法のように溶けてゆく!

あとはただ……煮詰めていくだけ……。

煮立ったら……。

卵で食べる!
「なんか……"甘いすき焼き"って感じの味だね……」

その後、メニューに書いてあった、上級者向けの「わたあめ卵とじ丼」に挑戦。

ライスを注文して……。

わたあめすき焼きを、かける!

これが「わたあめ卵とじ丼」だ!

「まぁ、あんまり見た目はよくないね……」

食べてみると……。
「甘いすき焼き丼……!」

初めて「牛角」に行ってみて……。

「やはり値段が全体的に安い……」

中でも驚いたのは「カルビ専用ごはん」。

あれは美味しい!
「カルビ専用ごはん」は、「カルビいらないごはん」だった。

「ただの海苔ごはんじゃん!」なんて心の中で思っていたら、衝撃的な美味しさだった。

人間もごはんも"ノリ"が大事やねん!
ネットで調べると、家でも再現できるみたいだから、気が向いたら作ってブログに書きます。

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市の焼肉ランチ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.