高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

高知の喫茶店「デポー」京町・改装オープン!ランチは新メニュー多数

2017.12.12

デポー京町店の外観

ずいぶん昔からある、高知の老舗喫茶店『DEPOT(デポー)』京町店が、2017年リニューアルオープン!

デポー京町店のメニュー

以前はクラッシックな「昭和の喫茶店」といった雰囲気で営業されていたデポーが、近代的な喫茶店に生まれ変わった。

店内を完全禁煙化。五連サイフォンを導入し、有機栽培&RA認証の「ダークロースト珈琲」がいただけるようになっている。

ダークロースト!

暗闇の中でローストしたコーヒーに違いない。

本来ならばその辺りを解明しなければならないが、リニューアル後・初来店の今回は、あえてデリケートな部分には触れないように進めていこうと思う。

まずは「デポー」の意味から、改めて学んでおきたい。

DEPOT(デポー)とは

デポー京町店のメニュー

「デポー」はフランス語で「倉庫」の意味。

いろんな人が集まり、にぎわいのある店づくり、よい商品作りを目指して皆様の憩いの場所(倉庫)としてデポーと名付けました。

……とのこと。
「なるほど、倉庫……」

ほぉ……と思い読み進めると、最後はこう結ばれている。

デポーをこれからもスタッフ一同、よろしくお願いします。(喫茶デポーのメニューより引用)

「いえいえ、こちらこそよろしくお願いします!」

デポー京町店の看板

私は入口で出迎える「デポー貴婦人」の肖像画に、そう一礼して入店した。

デポー京町店の入口

入口の扉から変えてきている、デポー!

「扉も変えられたんだなぁ……」
デポー京町店に、十代の頃から20年通っている竜一。

思い入れしかない!

リニューアルした、デポー京町店の店内

デポー京町店の店内

ビルの2階にある『デポー京町店』。窓際に以前はなかったカウンター席が設けられ、濃い茶系の色だったテーブルやソファーも、明るい配色のものに一新されている。

しかしカウンター席以外における席の配置はほぼ同じで、昔からの常連客も戸惑うシーンはあまりないのではと思う。

デポー京町店のメニュー▲ ほかのお客さんがいたため写真は撮りませんでしたが、窓際に設けられた新しいカウンター席は上記画像のような雰囲気です。

飲食店の雰囲気作りは難しくて、よく老舗のお店が改装されると雰囲気がガラッと変わってしまって、それまでのお客さんが来づらくなってしまったりすることがあるけれど、デポー京町店は元のよさを残しつつ上手く改装されている感じ。

デポー京町店のメニュー

デポー京町店のメニュー

デポー京町店 おすすめメニュー

新しくなったのはお店の内装だけではない。

メニューにも、新作が投入されているとのこと。

洋風の料理から、和風の料理までそろっている。

デポー京町店 ランチメニュー&ケーキメニュー

デポー京町店 ランチメニュー&ケーキメニュー

▲ 激しくブレました。すみません。心の目で見てください。

デポー京町店のモーニングメニュー

デポー京町店 モーニングメニュー

▲ モーニングメニューも充実。

「すごいボリューム!この構成でこのお値段!」

改装したおカネは回収できるのかと、下世話なことを考えてしまうほどのコスパである。

デポー京町店のメニュー

デポー京町店 ドリンクメニュー

個人的にドリンクメニューのおすすめは、お店側も「おすすめ」と書かれているけれど「クリームソーダ」。

デポーは、クリームソーダ屋さんです。

お店の長い歴史がミックスされているからか、「ミックスジュース」もおいしい。

モーニングも魅力的なラインナップだが、この局面、昼!

今回はランチ!

デポー京町店のランチ2連発だ!

おむすびバスケット

デポー京町店のランチ

初手は「おむすびバスケット」!

デポー京町店のランチ(おにぎり)

ふんわり!海苔!

握るというよりは、添えたような、そんな海苔の光景!

デポー京町店のランチ

全景は、こう!

ピクニックに持って行けそうな、小洒落たバスケット。カゴの中に唐揚げやサラダ、卵焼きが詰められている。

これをお母さんが作ってくれたとして、私が子どもだったらピクニック先で感極まる。そういう仕様。

デポー京町店のランチ

唐揚げ大きい。

隕石のように巨大。これが落ちてきたらだいぶ痛い。しかし口に入れればおいしいだろう。食べなくてもわかるが、実際に食べてみても、やはりおいしい。

やわらかい。モモ肉。

ムネでないことはすぐわかる。プリップリのやわらかいモモ肉が「私はモモですよ」とキッチリ説明を付けてくれる。

デポー京町店のランチ

本来ならば「食べ順ダイエット」で先に食べたいのは、ヘルシー路線の代表格、サラダ。

キャベツを主体にニンジン、そしてウチの子が大好きな「コーン」、さらにはゆで卵が入っているのに、隣の器にも「卵焼き」の姿が見える。

告白しよう。

私は卵が好きだ。

卵が好きすぎて、近年は自身の体型を、丸い「卵形」に近づけているほど好きだ。

この卵攻めには、

卵の竜一、歓喜。

「ゆで」「焼き」。よもや2種類の卵が食べられるとは夢にも思わなかった。

「ありがとうデポー」と私は一礼した。

ナポリタンとミニグラタンセット

デポー京町店のメニュー

次順はこちら。
「ナポリタンとミニグラタンセット」。

ナポリタンにミニグラタン、なにも言わずに黙ってサラダにサンドイッチ、デザートにドリンクまで付けてくるという、男気すら感じさせる「おすすめメニュー」の筆頭に記載されたセットである。

デポー京町店のランチ

やってきた!やってきた!
デポーらしいのが、やってきた!

このメニューは新メニューである模様。だがデポーは以前から、こういった小さな料理を組み合わせたセットを置いている印象がある。

私の中の"デポーイメージ"。それが凝縮されたのが「ナポリタンとミニグラタンセット」。

この話の続きは、2万文字コース。飲みながら誰かとしたい。

デポー京町店のランチ(サンドイッチ)

巨大サンド。

唐揚げも大きかったが、サンドイッチも大きい。全長はそれほどでもないけれど、横幅はほとんどハンバーガー。

デポー京町店のランチ(サンドイッチ)

アメリカンナイズドの風が吹く!

油断してかわいらしく食べると、落ちるゆで卵。スライストマトも垂れてくる。

もはやこの状況、かわいらしさは必要ない。

ここはニューヨーク・マンハッタンの調子で豪快にかぶり付く!

すると卵は落ちず、トマトも大人しい。
「よしよし。上手に食べられた。言うことを聞いたぞ具材たちが!」

万が一、具材が落ちても大丈夫。テーブルの脇には複数枚の紙ナプキン完備された万全の体制!

デポー京町店のランチ(グラタン)

このセットの中で、ナポリタンと双璧をなす存在、

ミニグラタンはここにいた。

ホタテ貝を模した器に入っているが、あわや高知名物「長太郎貝(ヒオウギ貝)」かもしれない。

「そんなマニアックな仕掛けはないか……」
ゴチャゴチャと考えながら食べるも、味はシンプル。

グラタンの味!

「普通においしい」
"普通においしい"という表現を嫌う人が時々いるが、"普通においしい"は非常に重要。

たとえば、あなたのお母さん、あるいは奥様が作ってくれたお料理は"普通においしい"でしょう。毎日飛び上がって「おいしい!なにこれ!最高!」などと絶叫して喜んでいるのかということになる。

普通においしいから、毎日食べても飽きない。継続的に食べられる。

日常に溶け込む、それが普通なのだ。

そんな話は置いておいて、

デポー京町店のランチ(サラダ)

「おむすびバスケット」と同様に、「ナポリタンとミニグラタンセット」にもサラダが付く。

ただこちらのサラダのほうがサイズは大きい。

野菜をたくさん食べて栄養を取ったあとは、いよいよ主役のナポリタンだ。

デポー京町店のランチ(ナポリタン)

喫茶店の真価が問われます「ナポリタン」。

昭和の頃から店を構える、老舗の喫茶店には大抵「ナポリタン」があるもので、Googleの検索窓に「喫茶店」と打ち込むと「喫茶店 ナポリタン」と勝手に表示される。

そのくらい、喫茶店といえばの「ナポリタン」。ナポリタンといえば「喫茶店」なのである。

そんな中、デポーのナポリタン!

デポー京町店のランチ(ナポリタン)

伸びる!伸びる!
スパゲッティがどこまでも伸びていく!

「昭和の味がする……!」

昭和時代から時間をかけて熟成された味が、皿の中でひとつの答えを出している!

「ケチャップが強くない。食べやすい……!」

俺はケチャップだ、と言わないんです!

デポー京町店のランチ(デザートのプリン)

ナポリタンを食べおおすと、見えてきた!

最終盤のデザート!プリン!

ここまで3,000文字オーバー!
ようやくたどり着いたフィニッシュライン!

リニューアルしたデポーには、小さな料理がたくさんのったセットメニューのように、古きよさと、新しきよさ、

そのすべてが詰まっていた!

デポー京町店の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市はりまや町1丁目3-1 2階(地図
営業時間/8:00~22:00
定休日/無
駐車場/無
■カウンター席/有 ■テーブル席/有 ■座敷/無

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中【詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

-高知市カフェ
-, , , , ,

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.