高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

【なか卯】新メニュー「牛たん重」と「生うに丼」は、おいしい?

投稿日:2017.12.17 更新日:

「牛タン」を初めて食べた幼少期。

こんなにおいしいものが世界にあるのだろうかと驚いた、後日…それが「牛の舌」だと知った。

……あの衝撃から数十年。
草木も色をひいた、2017年冬。

今年もなか卯の「生うに丼」が始まりました。

立て続けに、プレミアム重シリーズ第5段として、新メニュー「牛たん重」も発売開始。

共に、期間限定商品。

いましか食べられない味覚がここにある!

さあ!いこう!
ひとっ飛び……!

高知に一店しかない「なか卯」まで!

なか卯の店舗外観

高知の『なか卯』では「牛たん重」が発売されていないのでは?

高知は、ゼンショーグループの眼中にないのでは?

高知を見捨てるのか、ゼンショー!

そんな不安もよぎる中、発売日に駆けつけたが……

なか卯の店舗外観

大丈夫!大丈夫!
高知のなか卯にも「牛たん重」ある!

スポンサーリンク

なか卯の「牛たん重」と「生うに丼」を持ち帰り

高知にも平等だった『なか卯』。

店内で食べてもよかったのだが、幼児連れの竜一。家に持ち帰って食べたほうが楽だと判断。

ドライブスルーでの「持ち帰り」を決断する。

そうして持ち帰った「牛たん重」「生うに丼(ミニ)」!

まずは「牛たん重」から!

なか卯の新メニュー「牛たん重」肉厚がすごい!

「どんなヤツが入っているのだろう……」

また……私は知らないごはんに出会うのか……。

また……私はいっぱい食べて大きくなってしまうのか……。

興奮のボルテージは最高潮!

いま!解き放たれる!
なか卯の「牛たん重」!!

なか卯 牛タン重

牛タンっ……!
誰が見ても牛タン!!

いや、牛カルビだと言われれば、牛カルビにも見えるし、ロースだよと言われればロースに見えるかもしれない。

けれども、これがカルビだとしてもロースだとしても、はたまた茶色い「はんぺん」であったとしても、もう引き返せない。

なか卯にリセットボタンはない。

そう、人生にリセットボタンがないようにね。

箸を手に取り……

挑む!牛の舌!

なか卯 牛タン重

ああ!うまい!
ブリブリしてる!

肉厚っ……!
はんぺんみたい!

なか卯 牛タン重

並盛890円という価格。
「親子丼」が490円で食べられる『なか卯』において、安いメニューではない。

親子丼のほとんど2倍!

しかし………

牛タンの厚みは文句なし!

薄く切ったタンもいいけど、厚く切ったタンもいい……!

さらに牛タンにかかっている、瀬戸内産レモンを使用したという「塩ダレ」。これがうまい。

なか卯 牛タン重の高菜

付け合わせの「きざみ高菜」は申し訳程度でも気にならない!

「牛たん重」本体だけで、890円取ってもらってかまわない!

けれども、「きざみ高菜」もうまい!

私は元々、高菜が好きなのだ!

コンビニのおにぎりでも、あれば真っ先に取るのは「高菜」!

その次元の高菜愛!

「豚骨ラーメンに辛子高菜」は鉄板の組み合わせだが、「牛たん重に高菜」も攻撃力高い!高い!

スポンサーリンク

なか卯の「生うに丼」はイクラも入っている!

さらに「生うに丼」!

ごはんもの2連発はやりすぎ!
自重して、こちらは「ミニサイズ」にて注文。

なか卯 生うに丼

とろっとろのウニ!
プッチプチのイクラ!

高級食材「ウニ」に……
「イクラ」まで入っているとは……。

イクラ何でもやりすぎだろう!

なか卯 生うに丼の出汁醤油と海苔

トッピングに「きざみ海苔」、そして「信州安曇野産の本ワサビ」が付いている!

持ち帰りにすると、ごはんと、具材、それぞれ別容器。

ごはんが入った容器、その上に生ウニとイクラが入った容器が重ねられている。

さあ!いくぞぉ。
スライドさせて、お前たちをごはんの上にのせてやる!

なか卯 生うに丼

盛ったぁ……!
わりと綺麗に盛れた!

……ように見えるが、
▼ 遠巻きに見るとこの状態。

なか卯 生うに丼

空間、だいぶ余ってる!

「仕方がない。これはミニだからだ!きっとそうだ!」

そう納得して対峙するは、ウニとイクラの最強コンビ!

なか卯 生うに丼

このウニとイクラ"魚卵"!

幸せにしてやるぞ、と言っている……!!

イクラなんでもやりすぎだろう!
イクラでも食べられそうな気配……!

「生うに丼」の価格は「牛たん重」より高い、並盛990円。ミニにしても640円。490円の「親子丼」よりも高い。

『なか卯』の中では高価なメニュー。

……とはいえ「ウニもイクラも入っている」。そのわりには安い。

世間の相場よりは安いはず!

だからこそ、当初「ウニ大丈夫かな?臭いんじゃないかな?」

なか卯のウニ、臭いんじゃないの?

そんな心配もあったのだが、問題なし!

ウニ独特の匂い!
海の幸の香りがする……!!

「牛たん重」「生うに丼(ミニ)」、ふたつで1530円。

リーズナブルに定評のある『なか卯』で、

よもやの豪遊!

しかし悪くない……!
こんな夜があってもいいかな、と思える構成。

ただ、おかげさま……!
体もバッチリ太って、さらなる巨大化を達成。

もう体重計には乗れないよ!

牛タンが、そして生ウニが、私を大きく育てます。『なか卯』でした。

関連記事:【なか卯】「鶏塩うどん」&「牛とじ丼」をドライブスルーで持ち帰り

なか卯「牛たん重」と「生うに丼」の販売期間はいつからいつまで。価格。

【牛たん重】

  • 販売期間/2017年12月4日~2018年1月下旬まで。
  • 販売価格/並890円、大盛950円

【生うに丼】

  • 販売期間/2017年12月7日~
  • 販売価格/ミニ640円、並990円

*価格は、いずれも税込。

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.