商店街の鮮魚店で「ネイリ(カンパチ)」と「ヒラメ」の刺身を購入!

投稿日:

相変わらず定期的に通っている、商店街の魚屋さん。

初めて魚屋デビューしたのは、2017年5月で、それから現在まで半年以上……。

関連記事:魚屋に行ったことのなかった私が初めて「鮮魚店」で刺身を買った話。

なかなかキャリアを重ねてきた竜一!

もうすっかり!
魚の買い方もマスター!

「いらっしゃい」
いつもの雰囲気で出迎えてくれる女将さん。

「きょうは何かえいがぁ(いいの)、ありますか?」
土佐弁でそうたずねる竜一。

「きょうはぁ、ヒラメとマグロ……あとネイリも脂がのっちゅうねぇ」

ネイリとは、高知でカンパチの幼魚をさす呼称だ。

関連記事:高知産「ネイリ(カンパチ)」「キハダマグロ」の刺身を鮮魚店で購入

「うーん……」と一瞬考える。

なんとなくマグロの気分じゃないなぁ……。

「そしたらヒラメとネイリで!」そう答えた。

家に帰る。

魚パーティの開始!

ネイリの刺身&ヒラメの刺身

ネイリの刺身&ヒラメの刺身

手前がネイリ、奥がヒラメ。

ネイリの刺身

ネイリの刺身

ネイリの脂が普通じゃない!

白い!白い!

雪か!ネイリか!
そのくらい白い……!

ヒラメの刺身

ヒラメの刺身

▲ ヒラメはこの状況。

その艶……!
洗い立てのうどんに匹敵!

ネイリの刺身に添えられたレモン

今回のネイリは、かなり脂が強い。

そこで添えてくれていたレモンをしぼり、ワサビ醤油で食べる!

ネイリの刺身をワサビ醤油で食べる

瞬間っ!
口の中で失踪を遂げるネイリ!

グッバイ!ネイリ……!
ネイリは、たちまちいなくなった……!

春の雪か!このネイリか!
フワッと迅速に溶けおおす!

「おいしい……」

ヒラメもなかなか……!
脂がのったネイリと、あっさりいただけるヒラメの対比で酒がすすむ……!

「ついつい飲みすぎちゃうんだよねぇ……」

年末年始は、高知名物・皿鉢(さわち)の注文も入っているようで、商店街の魚屋さんは忙しそうにされていた。

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-持ち帰りグルメ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.