高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Onine

コメダ珈琲店「カツカリーパン」辛くておいしい期間限定メニュー登場

投稿日:2019.01.24 更新日:

1日22時間しかしていないTwitter散見中に、圧倒的ビジュアルのパンを見かけた。

なんて大きさだ……。
ほとんどカバンじゃないか。

カバンみたいなパン。

名を「カツカリーパン」というようだ。

でも、どうせ東京の代官山かどっかの小洒落たカフェのパンだろう。

高知の農民には無縁のパンに違いない……って、

コメダ珈琲店!?

このパン、コメダ珈琲店のパンなのか?

コメダなら高知にもある。

行くしかない、コメダ珈琲店。

乗るしかない!
このビッグウェーブ!

コメダ珈琲店で、カツカリーパンを注文

コメダ珈琲店のメニュー カツカリーパン

コメダの期間限定メニュー「カツカリーパン」

カツカリーパンの価格と販売期間

価格⇒ 880円(税込)/ 920円(税込)
販売期間⇒ 2019年1月15日〜3月下旬まで

* 価格は販売店舗により異なります。

1901年創業、老舗の食品メーカー「新宿中村屋」と「コメダ珈琲店」が共同開発したメニュー。

カツカレーパンじゃなくて、カツカリーパン。

カレーじゃなくて、カリーってのがいいなぁ。
なんだか"ハイカラ"って感じがする。

コメダ珈琲店のドリンクメニュー

ドリンクメニュー

卓上に置かれたボタンを押して、店員さんを呼ぶ。

「ご注文お決まりですか?」
「カツカリーパンを……」

メニューを見せながら、そう言うと女性店員さんは微笑む。

「結構辛いですけど、大丈夫ですか?」

辛いっ……!?
わざわざ確認しなきゃいけないほど辛いのか?

恐い……。
どれほど辛いんだろう。

で、でも、まさか「蒙古タンメン中本」ほどは辛くないよな。

戦々恐々としながら、辛いけど大丈夫かと聞く店員さんに答える。

「はい、大丈夫です。たぶん……」
「ではカツカリーパン、おひとつでよろしいですね?」

「あっ!それと"コメ黒"」

コメダ珈琲店の期間限定「カツカリーパン」は圧倒的巨大!

コメダ珈琲店 カツカリーパンの断面

コメダ珈琲店 カツカリーパン(税込880円)

そのパンは、あまりに巨大で圧倒的な存在感を放っていた。

どひゃー。
こりゃあ大きい。

豆腐4丁分くらいあるんじゃないか?

コメダ珈琲店 カツカリーパンの断面

カツカリーパン

巨大なパンに巨大なトンカツとキャベツ、カレーソースが挟まっている。カツにかかるのはカレーソース。みんな大好きカレーソース。

どう食べれば良いのか、迷ってしまうサイズ感。

手に持って、口を全開にして食べるしかないか。

アゴが外れちゃわないように気をつけないと。

コメダ珈琲店 カツカリーパンの断面

パンも大きいが、トンカツも大きい。

豆腐4丁分はあるカバンみたいなパンに、ワラジみたいなカツがサンドされている。

そうか、ワラジ入りのカバンというわけか。

カツカリーパンを食べる!カレーが結構辛い

コメダ珈琲店 カツカリーパンの断面

厚っ……。

断面の高さは、6センチ、7センチ、いや8センチメートルくらいあるかもしれない。

か、からい!

食べてみると、注文時に店員さんが言ったように、たしかに辛い。

カラムーチョより、カツカリーパンのほうが辛いと言い切れるくらいに辛い。

そして濃い!
カレーソースの味が濃くてスパイシー。

肉厚もすごい!
サックサクで肉厚のトンカツはジューシーで、肉汁がドバドバあふれてくる。

でも、やわらかい!
トンカツやわらかい。

豚自身の脂でトンカツが解けていく感覚。パンとキャベツが脂をサッパリさせておいて、スパイシーなカレーがドォーンと秒速でやってくる。

秒速トンカツセンチメートルだ。

とんでもないボリュームに見えるカツカリーパンだが、ムシャムシャ食べられる。

ドンドンいける。

なんだろう……。
いくらでも食べられちゃう……。

おいしい!
文句なしにおいしいカレーパン

いやカツカリーパンだ。

パンはパサついていなくて、シットリしている。

カレーが辛いけれど、辛くて旨味が感じられないほど辛いわけではない

食が進む辛さだ。

カツカリーパンには、コーヒーが好相性

コメダ珈琲店 コメ黒

コメダ珈琲店のコーヒー「コメ黒」(税込540円)

コメ黒

ストレートで楽しむブレンドコーヒー。コクのあるブラジル産の最上級豆と香り高いキリマンジャロをブレンドしている。* フレッシュはあえて付けられていない。

コーヒーとカツカリーパンが、期待以上に合う。

カツカリーに席巻された世界を、コーヒーがリセットしてくれるようだ。

カツカリーパン880円に、コーヒー(コメ黒)を付けると1420円。

なかなか割高なランチになっちゃったけど、満足度は高い。

とくにカツカリーパンは、家で作ろうとしてもこのクオリティは880円で出せない

お家で簡単には食べられない贅沢なパン。

幸せというか、なんというか、カツカリーパンを食べたらテンション上がった。

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

関連する記事

Copyright© 生姜農家の野望Onine , 2019 All Rights Reserved.