月別アーカイブ:2015年12月

「手打ちうどん かめや」バリカタしょうゆうどん

とあるうどん屋のうどんがえらく美味しくて、いわゆる"女麺"と呼ばれるような、軟らかい麺にハマった今年。 その年末。突然硬い麺が食べたくなった。 <硬い麺を出してくれるうどん屋といえばどこだろう>考えた。こういうときの処理速度は速い。頭の中にはうどんデータベースが入っている。 <『かめや』行こうか>『かめや』の麺は硬い。硬いといっても土佐山田の『さかえ』のようなゴム麺とまた違う、ゴチッとした硬さがある。 年末。各地の洗車機も混み合う中、「『かめや』、入れんのかっ!」高田総統風に言いながら乗り込んだ。 予想外 ...

グッドタイムカフェ ゴーゴーカレー

【閉店】Good Time Cafe(グッドタイムカフェ)高知・南国市

八月末にひっそりと閉店した『うどん源水 南国』。その跡地で改装工事が行われていた。何になるんだろう。答えが出たのは数カ月後。 白と水色の看板に『Good Time Cafe』と書かれている。オープンしていることは、しばらく前から知っていた。ここまで来る車中で何度か口に出して言ってみたりした。 「ぐったぁーいむかふぇ」 "ぐっどたいむかふぇ"と日本語読みにしないのがポイントだ。 「ぐったぁーいむかふぇ」 たぶん五回くらい口にした。"おっぱっぴー"みたいなノリで何だか言いたくなる魔法の言葉、「ぐったぁーいむか ...

【閉店】川村ダイニング

*川村ダイニングは、その後に閉店されました。 『川村ダイニング』に行くのは二度目だった。初回はオープン当初(ブログ未掲載)。 当時は唐揚げ推しの店という印象が強かったのだけれど、近況『ビフめし』なるメニューが人気のようだ。 メディアで見かけたが、ごはんの上に何枚ものローストビーフが載り、中央に温泉卵が鎮座するその様は圧巻。京都の『八坂神社』にて「ただの寺やん(神社だけど)」と言い放った私をも唸らせる美しさがあった。 <ビフめし、ちょー食べてえー!> 意気揚々と乗り込んだ『川村ダイニング』 だがメニューを見 ...

我らサバ寿司戦隊!「サンシャインカルディア」

昔はアイツのことなんか気にならなかった。それなのに、いまではアイツなしでは生きていけない。私の中でアイツはどんどん大きな存在になっていった。 \ VIVA! サバ寿司 / 世界中のサバ寿司を食べ比べてみたいと思った。サバ寿司はわりとどこにでもある。高知なら。 南国市にある大きなスーパーマーケット、『サンシャインカルディア』。なにかの必殺技か、光属性の魔法みたいな名をしたのそこにもサバ寿司が売られていた。四切れ税込311円。 買って帰って晩酌のアテにすることにした。 持ち運びに便利な軽量パッケージ。『ゆず入 ...

廓中ふるさと館!高知/安芸市で「かき揚げちりめん丼」が食べられる店

高知県東部の安芸市で名物の ちりめん丼 が食べられるお店「廊中ふるさと館」を地元高知のグルメブロガー竜一がご紹介。メニューについても詳しく解説しています。

安芸市「寺尾鮮魚店」 サバ寿司

「安芸へいて、サバの寿司をこうてこないかん」 生姜の収穫中に酒飲みのおじさんが話していた有名な魚屋が安芸市にある。 安芸市営球場前の交差点を右に曲がり、国道五十五号線を一本南側の通りに入る。しばらく東に進むと見えてきた。右側に黄色いテント。その前に人だかりができている。 「すごいね、この店」目を丸くした。 道路を往来する人々。見ると、店先の道路を挟んだ向かい側に駐車場があった。十台ほどが停められそうな駐車場はほぼ満車。一台分だけ空いていたのは幸運。 駆ける。小雨の中。 高知県屈指の人気鮮魚店、『寺尾鮮魚店 ...

中華そば 平八

高知市大津、『中華そば平八』(※店舗画像は退店後に撮影しています) 裏手に回り込んで車を停めた。裏口がある。中に入れそうだ、ここからも。 小上がりに座って眺めるメニュー。『PM2:00オーダーストップ』とある。時刻を確認。まさに午後二時ちょうど。しかしギリギリセーフ。大丈夫。そんな雰囲気。 店名には『中華そば』と付いている。しかし聞いた話では豚骨ラーメンが美味しいらしい。そこで『とんこつ』を注文。 クリーム色のスープ。ネギが載り、キクラゲが載り、紅生姜が載る。脇にチャーシューと煮卵。 しっかりした弾力、ゴ ...

一汁三菜食堂 帯屋町店 カレーうどん

高知市の『帯屋町チェントロ』に来ていた。うどんを食べるためだ。一階の『金高堂書店』には入ったことがあるが、二階に上がるのは初めて。 エレベーターのドアが開くと長い通路が伸びていた。外のアーケード街の喧騒とは裏腹に静まり返っている。どこにあるんだろう。不安に駆られながら、てくてく歩いた。 すると通路の一番奥にあった。『一汁三菜食堂』と書かれた自動ドア。高知に数店舗ある、セルフスタイルの食堂だ。 中に入ると、左側に長いセルフレーンが伸びていた。通路といい、セルフレーンといい、チェントロはなんでも長い。長過ぎて ...

© 2021 生姜農家の野望Online