プロも作る「納豆うどん」卵や山芋とろろでレシピは無限大! | 生姜農家の野望Online

プロも作る「納豆うどん」卵や山芋とろろでレシピは無限大!

「竜一さん。ブログでいつだったか、うどんに納豆をかけて食べていたじゃないですか?」

「ああ、まあ……」
「あれ、衝撃的でした。そもそも「うどん」に「納豆」って、合うんですか?」

「結構、合いますよ……」

うどん×納豆。
意外な組み合わせに思える人もいるだろうし、「たまにある組み合わせだよね」と言う人もいるだろう。

実際にその組み合わせは、うどんを食べ歩いていると、時々見かける組み合わせだ。

もちろん、どのお店にもある、ということではないけれど、ものすごく珍しいわけではない。

高知のうどん店にもあるし、讃岐うどんのメッカ・香川県においても見かけるメニューだったりする。

うどんは「麺」が大事で、讃岐うどん的にコシを求めるなら、家で作ってもお店と同等の弾力を再現するのは難しいだろう。

けれども「麺」の状態を気にしなければ、家でも簡単に「納豆うどん」を作ることができる。なにせ納豆をのせればいいだけなのだから……。

今回は、実際に私がお店で食べた「納豆うどん」を3パターンご紹介したいと思う。

この通りに具材をのせれば、納豆うどんの完成だ!(たぶん)

うどんに「納豆」と「山芋」とろろをのせる食べ方。

とがの藤家・ざぶざぶ・うどん8▲ 画像は、高知・佐川町にある、手打ちうどん店『とがの藤家』さんの「ねばねばぶっかけ」。

関連記事:ロケーション抜群!高知・佐川町のおすすめうどん店「とがの藤家」

うどんの上に確認できるのは、大根おろし、おろし生姜、ネギ、海苔、ゴマ。

「あれ?納豆ないねぇ」と思うところだが、納豆は別皿。

とがの藤家・ざぶざぶ・うどん9▲ 器に「納豆」「山芋とろろ」が入っている。

そこにぶっかけ出汁を注ぎ、序盤はうどんの“つけつゆ”にして食べておいて、そのつゆを途中からうどんにかけ、いわゆる“ぶっかけ”の仕様にして食べるのが、”つけうどん”と”ぶっかけうどん”を両方楽しめる、ひとつの食べ方。

しかし最初から、うどんにぶっかけてしまってもいい。

とがの藤家・ざぶざぶ・うどん11▲ うどんに納豆と山芋とろろ、そして出汁をぶっかけたのが、この状態。

見た目はそれほど美しいものではないが、そのおいしさを知っている私などは、口の中に自然とヨダレが充満してしまう。

とがの藤家・ねばねばぶっかけ2

納豆、山芋とろろが、うどんに絡んで一体となって攻めてくる。

至極のうどん、である。

うどんに「納豆」「卵」「山芋」とろろをのせる食べ方。

%e9%ba%ba%e6%88%bf%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%83%bb%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%e3%83%bb%e9%ab%98%e7%9f%a538
▲ 続いては高知市にある、麺房『まつみ』さんの「ねばとろ」と名の付くうどん。

関連記事:高知うどんの名店「麺房まつみ」おすすめメニューリスト

%e9%ba%ba%e6%88%bf%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%83%bb%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%e3%83%bb%e9%ab%98%e7%9f%a539

納豆と山芋とろろ、ここまでは先ほどの『とがの藤家』さんのうどんと同じ組み合わせだが、特筆すべきは「生卵」の卵黄がのっている点。

さらに「山芋とろろ」を、最初からうどんにかけている。

小皿に入っているのは、おろし生姜ではなく、ねりワサビ、これも『とがの藤家』さんと違うところ。

%e9%ba%ba%e6%88%bf%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%83%bb%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%e3%83%bb%e9%ab%98%e7%9f%a540

おかげで、よく粘る!
山芋とろろを、均一に、まんべんなくかけてくれている効果である。

うどんに「納豆」と「温泉卵」をのせる食べ方。

さぬき岩蔵6
▲ 最後は高知市の『さぬき岩蔵』さんの「月見納豆」と呼ばれるうどん。麺の温かさを「温」「冷」から選べるが、これは「温」。

関連記事:さぬき岩蔵 ~薬味の意義~

大量のネギ、きざみ海苔がのっていて見えづらいが、温泉卵」そして納豆が入っている。「山芋とろろ」の姿は見えない。

家庭で「山芋」が冷蔵庫にない場合に、再現しやすそうな仕様だ。

さぬき岩蔵8

全体をかきまぜて食べる。

さぬき岩蔵9

すると小麦の香りと、納豆の香りが調和。

うどんの弾力、納豆の粘りと食感が口いっぱいに広がり、うどんだけでは到達できない領域……!

圧倒的喉越し実現されるっ!!

うどんと納豆……。
ふたりなら、ゆける……。

世界の向こう側へ。

* 是非、うどんに納豆、のせて食べてみてください。あなたの中のうどんの世界が広がります。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)