7月オープン「道の駅なかとさ」風工房にドッグランもある道の駅! | 生姜農家の野望Online

7月オープン「道の駅なかとさ」風工房にドッグランもある道の駅!

2017年7月15日。高知・中土佐町にニューオープンした『道の駅 なかとさ』。

  • マルシェなかとさ(産直市)
  • 黒潮亭 いか船頭(魚介類の販売・その場で飲食可能)
  • 浜焼き 海王(魚介類中心のごはん屋さん)
  • 岩本こむぎ店(パン屋さん)
  • 風工房(イチゴ農家の手作りケーキ屋さん)
  • ドッグラン
  • 観光案内所

……などが入る、漁師町・中土佐町の新しい観光拠点となっている。

人気スポット『久礼大正町市場』からも近く、車で5分とかからない距離のため、中土佐町観光の際は『道の駅なかとさ』~『久礼大正町市場』をセットで行きたいところ。

関連記事:魚屋で買って即食べる「久礼大正町市場」田中鮮魚店「メジカ」の新子!

この日は、夏休み期間中の週末土曜日とあって、たくさんの人が『道の駅なかとさ』を訪れていた。

黒潮亭 いか船頭 / マルシェなかとさ

まずは生きたままの魚介類を購入できたり、その場でさばいてもらって食べることも可能、という魚好きの心を鷲づかみにするお店『いか船頭』と、地元で採れた野菜や総菜などを販売する『マルシェなかとさ』が入る建物に潜入。

生け簀でイカが、泳いでる……!

食べずともわかる!
コイツは間違いなくおいしい!

「新鮮も何も、生きてるもんね。このイカ……」

▲ 貝もたくさんいる……!

伊勢エビさんもいらっしゃる!

「あとで食べてもいいなら、ちょっとくらいコイツのハサミで挟まれてもかまわない。そんな気にさえなる……」

▲ 清水サバが1本580円、天然ハマチが1本1,500円。

安くないですか?
「家族が多かったら、1本丸々購入したいくらい魅力的……」

『マルシェなかとさ』のほうに移動すると、野菜や総菜が売られていた。

でかぁっ!
「こんなに大きなサバ寿司、なかなか見ないよ。サバの頭が……マグロの頭くらいあるよ!」

ドッグラン

▲ 外には「ドッグラン」もある。

大型犬専用のスペースと、小型犬専用のスペースが分けられている。

「そうか。大型犬と小型犬、一緒じゃ危ないもんね。ちゃんと分かれてんだな……」

「緑の芝生を見ていると、俺も走りたくなる……」

思い出すのさ……
犬だった頃を……!!

浜焼き 海王

そして『浜焼き 海王』。こちらでは『道の駅なかとさ』の目の前にある漁港に水揚げされた、地元・中土佐町の海の幸がいただけるという。

「目の前の漁港から直接魚がくるってすごいなぁ……」

ほか、「カツオのソフトクリーム」なるものも販売されていた。

道の駅なかとさに、移転した「風工房」

元々は『道の駅なかとさ』がオープンした場所から、何キロも離れていないところにあった、イチゴ農家が運営する、手作りケーキのお店『風工房』。

移転前から、非常に人気のあるお店として有名。

「俺も以前、移転前の店舗に行ったことがある……」

関連記事:「風工房」高知・中土佐町・久礼!苺農家のイチゴケーキと生姜ロール

じつは甘いものが苦手な竜一。
それでも『風工房』のケーキはおいしく食べられる。

「風工房のケーキは、甘ったるくなくておいしいんだよねぇ」

▼ 風工房の詳細記事はこちら。

スイーツの人気店「風工房」道の駅なかとさ に移転オープン!

ちびっ子広場

ほかには子どもが遊べる『ちびっこ広場』があり、たくさんの家族連れで賑わっていた。 

ミニ列車に乗ったり、トランポリンで遊んだりする子どもたちを見て思う。

「俺も乗りたい」。

今度の休日は、お魚食べがてら中土佐観光、いかがでしょう。

「パパどこか遊びにいこうよ」
「そうだなぁ。中土佐町へお刺身食べにいこうか」
「わーい、パパ最高ー!おさしみたのしみー」

……ハッピーファミリーの誕生です。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「道の駅なかとさ」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高岡郡中土佐町久礼8645−2(地図
営業時間・定休日/営業時間や定休日は店舗により異なるため、詳細は『道の駅なかとさ』の公式サイトにて)
駐車場/有

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)