高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

スシロー 高知インター店 前編/栄光の座席

2011.07.25

  1. 生姜農家の野望 >
  2. 回転寿司 >
  3. スシロー >

スシロー 高知インター店 前編/栄光の座席

2011.07.25

前回、人生初のスシローとなった『スシロー高知潮江店』で、
数年ぶりに、スーパーのパック入りの寿司ではない寿司を堪能した挙句、
タッチパネルに夢中になり、童心に返ってしまった竜一。

以来、『スシロー=楽しい』の図式が脳内で出来上がっていたのだった。

それから月日は流れた。
私の中でスシローとのことは、すっかりと良い思い出に変わっていた。

あの頃は、私にだけ魅せてくれていたスシローの優しい微笑みも、
今は、もう他の誰かのものになっているのだろう。

日増しにスシローのことを思い出す日も減って行き、
私は私でそれなりに楽しく過ごしていた、ある日。

ふと、スシローのことが気になった。

<懐かしい彼の声・・・また聴きたいな・・・!
今・・・電話でもかけてみたら・・・彼は驚くかな・・・!>

ケータイを手にして、アドレス帳を開いた。

<あっ・・・!そういえば・・・!
電話番号・・・!知らないんだった・・・!
これじゃ電話・・・出来ないや・・・でもっ・・・でもっ・・・!>

自分の中で、何か止めることの出来ない運命の歯車が、
「ギシリ・・・ギシリ・・・!」と音を立てて回り始めていた。

「行こう・・・彼に逢いに行って・・・!
確かめよう・・・この想い・・・!」

スシローに行くことを決意した時。
私は男になった。

「乙女口調はもうヤメだっ・・・!
キッチリ喰いまくってやるぜっ・・・!」

今度はインター店っ・・・!

スシロー 高知インター店

『スシロー 高知インター店』

18時34分・・・!
入店・・・!

<まだこの時間なら・・・空いているだろう・・・!>

そう思ったのは、浅はか。
待合席では既に10人強の人々が座って待っていた。

スシロー高知インター店 整理券

私も整理券を取って待つ。

次から次へと新たなる客が入って来て、
雪ダルマ式に膨れ上がる待機客。

通常、他の飲食店では「待たなければ食べられない」と分かるや否や、
断念して別の店に行ってしまう人も多い、とにかく待てない県民性。
それが高知県民。

しかし、ここでは誰も諦めない。

皆・・・!
覚悟が違う・・・!

「何としてでも食べにゃならんのや・・・!」

という決死の覚悟・・・気迫・・・!
腹構え・・・!心構え・・・!

それを持ってスシローに来ているのだ・・・!

私も滝に打たれる修行僧のように、
「ジッ」と歯を食いしばって順番を待った。

20分ほど待ったところで、
私の持っていた整理券の番号が呼ばれた。

<今日は一世一代・・・俺の晴れ舞台・・・!
理が非でも・・・掴み獲るんだ・・・栄光の皿をっ・・・!>

などと自分で自分にプレッシャーをかけながら、
店員のお姉さんの後を付いて行く。

すると、お姉さんは特定方向を指し示して言った。

「コチラへどうぞ・・・!♪」

<うそっ・・・!マジかっ・・・!>

お姉さんが指し示した・・・!
その先は・・・テーブル・・・!

圧倒的っ・・・!
テーブル席・・・!

<テーブル席といえば・・・!
選ばれし者のみが座れる特等席・・・!
俺みたいな平民が座って・・・いいのかよ・・・お姉さんっ・・・!>

疑心暗記しつつお姉さんの方を見ると、
お姉さんは天使のような表情で微笑んでいた。

<信じらんねぇ・・・出来るだけ待ちたくねぇから・・・!
カウンター席でもテーブル席でも・・・!
どっちでもいいってのを選択していたのに・・・!
それでテーブル席に座れる・・・!
そんな奇跡パターンってあるんだ・・・!>

内心、テーブル席に座りたかったから、嬉しかった。

<感謝・・・感激・・・マジ深謝・・・!
これなら・・・やりたい放d・・・!
いや・・・!存分に楽しめそうだっ・・・!>

(後編へ続く・・・!)
『スシロー 高知インター店 後編/サーモン大好き竜一さん』

愛をください。(;ω;)

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

人気ランキング

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.