ラーメン・牛すじ「どば」(高知・知寄町)

投稿日:2011.09.22 更新日:

香長平野

「どうだい・・・この空・・・広いだろう・・・!
あの雲の上に・・・!ラピュタがあるんだ・・・!」

などと、藤岡弘、が言いそうで言わ無さそうことを発しながら、
私は久し振りのラーメンを食べに行こうとしていた。

それも、うどん屋新店を連戦した興奮の熱、
冷めやらぬ中での、ラーメン屋新店である。

ワクワクする。

いつも見知らぬ店に行く時は、
ドキドキが入り混じるのに、今回はなぜかワクワクしか感じない。

その原因は、インターネットでの評判にあった。

<みんな結構・・・高評価・・・というか・・・!
なかなか良い風に書いている・・・!
これはもしかして・・・キテるんじゃねぇのか・・・風がっ・・・!>

十年に一度の神風がっ・・・!!

南国市の香長平野を抜けて、
高知市へと進む間、ドンドン落ちる陽。

<ククク・・・!
暗くなったほうが・・・いろいろと盛り上がるってもんさ・・・!>

ラーメン・牛すじ どば

『ラーメン・牛すじ どば』

その店は、高知市にある『ベスト電器高知本店』東向かいに、
美麗な光を放ちながら佇んでいた。

<ふぉっ・・・!ラーメン屋っぽくねぇ・・・!>

以前は喫茶店が入られていた店舗らしく、
道路に面した側はガラス張りになっていたりして、
ありがちなラーメン屋の様相とは異なる。

中に入る。

想像よりも広いコンクリート壁の店内は、
清潔感があって開放的。

少人数で来る客が多いのか、よくある四人掛けではなく、
二人掛けのテーブル席がたくさん並べられている。

適当な席に座り、見やるメニュー。

メニューに記載された、ラーメンの味は三種。
しょうゆ、みそ、塩。

一見、三択に見えるこの局面。
だが、事はそんなに単純ではない。

問題は『牛すじ』だった。

<看板にも大きく書かれているぐらいなもので・・・!
どばの売りは・・・!十中八苦・・・牛すじ・・・!>

看板に書かれているから・・・!

正に正真正銘・・・!
文字通りの看板メニュー・・・!

<ならば・・・牛すじだけは是が非でもイッときたい・・・!>

同じ文字サイズで書かれているハズなのに、
メニュー表の『牛すじラーメン』の文字だけが大きく目に写る。

<んぬぬぅ・・・だが牛すじラーメンは・・・おそらく醤油スープ・・・!
畜生っ・・・!俺の今の純粋な本命は味噌スープ・・・!>

理由なんてねぇ・・・!
ただ・・・!心から・・・!
味噌スープが飲みてぇんだよっ・・・!

<ここで店主に頼めば・・・!
味噌スープで牛すじラーメンを作ってくれるかもしれない・・・!>

そういう可能性はある・・・!

<だが・・・!それが言えたら苦労はしねぇ・・・!>

そんな客注・・・!
チキンハートの俺に・・・!
出来るわけが無いっ・・・!

<だいいち・・・メニューの枠組みを逸脱するのはアンフェア・・・!
ここは決められたメニューの中で攻略の糸口を見出すべきっ・・・!>

導き出すんだっ・・・!

味噌ラーメンと牛すじ・・・!
両立の道・・・!

開けろ・・・!
新世界への扉をっ・・・!!

水を持った女性が歩み寄ってくる。

川中美幸に似ている。

「ご注文は後ほどで・・・!?」

この時、竜一の心中、まだグチャグチャ。
オーダーを決定できない。

「あっ・・・いやっ・・・その・・・!」

悩み果て、苦悩が頂点に達したその瞬間。

思考の中から生み出されし魔球が、
幾重にも張り巡らされた『どば』のメニュートラップの網目を、
まるで針の穴に糸を通すかのような精密なコントロールで掻い潜って辿り着く。

「み・・・みそラーメンと・・・!
牛すじ丼の小・・・!」

牛すじ・・・!
牛すじ・・・!

牛すじ丼の小・・・!

これが・・・!
味噌ラーメンと牛すじ両立の・・・!

突破口っ・・・!!

<ククククク・・・!
勝負は紙一重だった・・・!
俺は寸前のところで見付け出したのさ・・・!>

そもそも俺に与えられた選択肢は・・・僅かにふたつ・・・!

<みそラーメンと・・・牛すじ単品・・・400円にするか・・・!
みそラーメンと・・・牛すじ丼の小・・・300円にするか・・・!>

それだけ・・・!

<単品のほうが牛すじの量は多いかもしれねぇが・・・!
そこまで大量に食べたいわけでもない・・・!
メインはラーメン・・・牛すじは少しでいい・・・!>

そう考えたら・・・!
もうこの局面の答えはひとつしか無かった・・・!

牛すじ丼の小・・・!

コイツで・・・!
この未曾有の攻め手で・・・!

どばのキングを・・・!
チェックメイトっ・・・!

注文し終わって、ふと壁に目をやると、
『店主が一人でていねいに作っていますので、
少し時間がかかる時があるかもしれません・・・ご了承ください』

と記載した紙が張られていた。

混んでいる店の空席を待つのは苦手だが、
料理が出来上がるのを待つのは、まったく平気。

初めて味わう『どば』の雰囲気を堪能しながら、気長に待った。

穏やかにまったりと流れる空気。

前は喫茶店だったと聞くだけあって、
一般的なラーメン屋さんよりも、遥かに狭く見える厨房。

その厨房とホールを仕切る壁の狭間から、
忙しく振るわれる中華鍋と、店主の手元が見える。

一緒に注文したチャーハンを拵えているようだ。

「サッサッサッ!」と、飯や具材が宙を舞い、

「トントントントン!」と、お玉が中華鍋を叩く音が聞こえる。

<あっ・・・なんか液体入れた・・・!
あれなんだろ・・・!>

などと、気付かれない程度に見やりながら、
期待で胸が「ドクンドクン」と高鳴る。

止まらねぇ・・・!
ムラムラが止まらねぇっ・・・!

湧き上がる興奮。
出来上がったものから順次運ばれて来る。

ラーメン・牛すじ どば 肉ギョウザ

『肉ギョウザ』

若干、羽根が付いてパリパリ系に見える見た目とは裏腹に、
食べてみると、皮がモチモチモチモチ。

モチモチ系。

ラーメン・牛すじ どば みそラーメン

『みそラーメン』

ラーメン・牛すじ どば みそラーメン アップ

卵の固まり具合、ドストライク。

<全盛期の岩瀬の高速スライダーみたいに・・・!
絶対に打てねぇ軌道から・・・!
俺にストライクゾーンに投げ込んできやがった・・・!>

ラーメン・牛すじ どば みそラーメン 麺アップ

特徴的な食感をした麺。
固めで「ブリッ」とした独特の歯応えがある。

この歯応えが好みを分けそうだけれど、
『好きな人には堪らない一杯』といった風に、
好みが合致しさえすれば、特大のホームランを生み出す可能性を秘めている気がする。

ラーメン・牛すじ どば みそラーメン スープ

比較的濃厚な味噌スープ。

ラーメン・牛すじ どば おろしニンニク

ラーメンと一緒に運ばれてきた『おろしニンニク』

好みで入れると良いと言う。

半分ほど食べて入れようと思った気持ちに反して、
ちょっと食べ過ぎて、7割ほどを食べた頃に入れた。

すると、ドンブリ内、豹変。

ぬおぉぉぉおおん・・・!

オカぁーン・・・!
これ入れるんと入れんのとでは・・・!

全然違う・・・!

<はっ・・・!おい・・・ちょっと待て・・・!
これって・・・考えてみれば・・・最初は味噌ラーメン・・・!
途中からはニンニクラーメンにする・・・!なんてことも・・・!>

当然・・・可能・・・!

「うおおぉぉぉおお・・・!!」

農民・・・!
歓喜っ・・・!

圧倒的!興奮っ・・・!

『どば』は・・・!
一杯で二度楽しめるっ・・・!

ラーメン・牛すじ どば 牛すじ丼(小)

そして来たる・・・!
『牛すじ丼(小)』・・・!

コイツが俺の℃本命っ!

ラーメン・牛すじ どば 牛すじ丼(小) アップ

丁寧に煮込まれたトロトロの牛すじ。

様々な素材の味が幾重にも折り重なるように、
複雑に絡み合って味覚を刺激して来る。

獰猛なる攻撃力・・・!

ご飯と一緒に食べてもかなり濃く、
その濃さが、麺と同様、やはり好みを分けるかもしれないけれど、
味の個性、主張の強さが光る。

ラーメン・牛すじ どば 塩ラーメンセット

『塩ラーメンセット』

塩ラーメンに、プラス200円でチャーハンが付くセット。

白いスープは透き通って、透明感を帯びている。
飲むとジワッと口内に優しい味わいが広がって、思わず笑みがこぼれる。

極端に攻めた流行りの味では無いけれど、
何処か懐かしく感じる、深みのあるスープである。

食べ終えた頃には、どっぷりと日が暮れていた。

正面のガラス張りの向こう側の道路を行き交う車の光が、
右から左、左から右へと忙しく走る。

そんな喧騒に相対して、
ゆっくりと穏やかに流れる『どば』の時間。

市街地のオアシスみたいな店である。

ラーメン・牛すじ どば

◆ ラーメン・牛すじ どば(高知市知寄町2丁目)
営業時間/11時~14時30分・17時30分~21時
定休日/火曜日
駐車場/店前に2台分
(みそラーメン700円、塩ラーメン650円、+200円でチャーハン付、
牛すじ丼・大600円・小300円、肉ギョウザ300円など)
『どば』の場所はココっ・・・!

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のラーメン

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.