ウサギ日和 EP2 「盛港~大久野島」

投稿日:2013.05.10 更新日:

『EP1を読む』


盛港から乗った船

船は低いエンジン音を響かせながら、港に接岸した。
中から降りてきた係りのオジサンに乗船券を渡して乗り込む。

<船に乗るなんていつ以来だろう・・・>
と僕は記憶をたどった。<桜島へ渡ったとき以来、2年ぶりか・・・>

船内

さて、どの座席に腰を下ろそうか、
迷っているあいだに船は早くも発進した。

甲板

普段、船に乗る機会なんてあまりないのに、
船内に閉じこもっているのは勿体ない気がして、甲板に出る。

乗船した盛港が急速に遠ざかっていく。
周りにはいくつかの島が見えるけれど、目指す大久野島がどれであるのか、僕にはわからない。

甲板にあったジュースの自販機

<どの島にいるんだろう・・・>
と僕は濃い青色の海に浮かぶ島々を眺めながら思った。
<ついに、もうすぐ会えるんだな・・・>

大久野島、通称・・・「ウサギ島」
島中、ウサギだらけだという、ウサギ島。

僕は動物が好きだ。ウサギが好きだ。
僕は数年前から、ずっとウサギ島に行ってみたかった。

甲板に立つ竜一

ウサギへの想いをめぐらせながら、船内を観察したり、
瀬戸内海の景色を眺めたりしているあいだに、13分間の短い船旅は終わった。

船は機敏な動きで素早く、大久野島の港に接岸する。

大久野島に上陸!

<やっと来れた・・・>
船を降りながらそう思った。けれども何か実感が沸かない。
やっと来れた憧れの地なのに・・・。

大久野島・ホテルまでの送迎バス

島の中にあるホテルまで無料送迎してくれるバスがあった。
しかし一緒に船から降りてきた他のお客さんたちは、皆、バスに乗らずに歩いて島の奥に向かっている。
大抵歩くものなのか・・・と僕も歩くことにした。

大久野島で第一うさぎ発見!

数秒歩くと!早速!
第1ウサギ発見・・・!

<カワイイ・・・!>
僕は凄まじく興奮して鼻息荒くカメラのシャッターを切りまくった。

大久野島うさぎ

さらに!第2ウサギも発見!

<やーん!ホントにいっぱいおるー!>
また僕はカメラを向ける!もう止められない!この胸の高鳴り!止められない!

大久野島うさぎ2

夢中でウサギをファインダー越しに追い続けていると、ウサギのほうから寄ってくる!

大久野島うさぎアップ

ふぎゃぁぁぁ!しゅごーい!
チュッ!チュッ!しにきてくれたー!

ありがとうございます・・・!
大サービス!ありがとうございます・・・!

僕はどんな映画を観たときよりも感動しながら、島の奥へ歩いた。

(続く・・・!)
※ 次回!必見!カワイイ画像満載!次回はみんなで萌える回だよ!
『EP3を読む』

押していただけると励みになります!

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-愛媛県観光

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.