高知市のカフェ

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP4/吉照(よししょう)

更新日:

『EP3を読む』


正月時期。ひろめ市場。
『ファミーユ』のカウンターは満席。

「高知の方ですか?」
左隣に座る短髪のオジサンが言った。
肌が少し陽に焼けていて、綺麗な褐色をしている。

「そうです!高知です!」
オジサンは愛媛県から来たのだと言った。
奥さんも一緒だった。オジサンのさらに左隣に座っていた。

ソルティードッグ経由からのウィスキー。
すでに2杯目。

「ファミーユ…初めてですか?」
コミュ障農家、頑張ってオジサンに訊いてみた。

「もう何回もきてますよ!高知に来るたびに寄ってて…年に…そうやなぁ…年に何回ぐらいやろ…」

そう言ってオジサンは、隣に座る奥さんを見た。
「年に何回ぐらいきよるっけ?」

「んん…何回ぐらいやろ…」
奥さんは宙を見上げて微笑んだ。

とにかく愛媛から、年間に複数回、来られているようだった。

あっちゃん!すごい!
愛媛県民をも取り込む!
圧倒的…中毒性っ…!!

ファミーユのマスター・あっちゃん。
その魔力の恐ろしさ。
鳥肌がエースコックの焼そばみたいに、ジャンジャン立った。

愛媛から来られたご夫婦相手に、コミュ障。
精一杯の会話を展開。

意外にもソコソコ弾む会話。
<やればできる…やればできるじゃん…俺…話そうと思えば日本語話せるじゃん…!>

感極まっていると、ファミーユのすぐ裏にある『吉照(よししょう)』
そこの美人店員さんが持ってきてくれた。

『醤油タタキ丼』

愛媛からきたご夫妻の、旦那さんが言う。
「それ…なにいうもんですか?」

「醤油タタキ丼いうがですけど…」
「美味しいんですか?」
「どうながでしょうね…」

吉照のタタキ丼を食べるのは初めて。
当然その味、まだわからない。

俺は吉照のタタキ丼のことを知らない…!

知っているのは…!
ご飯の上にタタキが載ってんなぁ!
ってことぐらいだ…!

知らない……!
だからこそ…知りたいっ…!!

この中に…どんな魅力が隠されているんだろう…!
きっと素敵なはずだ…!絶対的にチャーミングなはずだ…!

俺は知りたいっ…!
このドンブリの…すべてを…!!

黒っぽい色した団子、丼上に鎮座。
「醤油が薄かった場合、それを崩して一緒に食べるといい」
と『吉照』の店員さんが教えてくれた。

ガブッ…!

<これは…………!>

タタキに醤油が…!
染み込んで…るぅぅぅぅぅ…!!

醤油ダレにタタキを浸けて作った…ように見える一品。
通常のタタキ丼とは、また違った雰囲気。

<醤油の味がズッシリくる…!だがもっと醤油が欲しくなる不思議…!摩訶不思議現象…!>

醤油団子を崩す。
そしてそれをタタキに付けて食べる。

<ぐあぁぁぁああぁぁぁ……!>

圧倒的…!
醤油世界…!!

「醤油世界」と書いて、
「醤油ワールド」と読む!

吉照。
4杯目のタタキ丼。

もうダメっ…!
抜けられないっ……!

食べれば食べるほど…!
タタキ丼の魅力に…絡め取られていく…!

未曾有のタタキ丼4連打。
朦朧とする意識の中で、私はヨロヨロと席を立った。

(EP5へ続く…!)
『EP5を読む』

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のカフェ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.