【高知】中華そばとバッテラの店「まつみ」は評判通りおいしい!

投稿日:

高知市はりまや町、高知橋の南詰にある中華そばとバッテラの店『まつみ』。

塩田町にある同名のうどん店『まつみ』のご親族が営むお店である。

スポンサーリンク

バッテラが有名な、中華そばまつみ

中華そばまつみの外観

中華そばとバッテラの店 まつみ(高知市はりまや町)

まつみで有名なのは「中華そば」と「バッテラ」。

「まつみに来た日には、中華そばとバッテラは外せない……」

中華そばとバッテラは絶対食べる!

中華そばとバッテラだけは……

絶対に……!!

勇んで入った店内。間もなく閉店という時間帯だったが、多数のお客さんが麺をすすっている。

木の褐色が印象的な店内からは、リクルートスーツに身を包んで面接にやってきた若者のような清潔感がにじみ出ている。

4人がけのテーブル席が2卓。あとはカウンター席。そういう配置。

中華そばまつみのメニュー

中華そばまつみのメニュー

中華そばまつみのメニュー

空いていた席に腰を下ろして、メニューを眺める。

  • 中華そば 650円
  • 五目そば 850円
  • 五目あんかけそば(タルメン) 850円
  • 黒汁そば 850円
  • バッテラ 1本500円 半分250円
  • いなり 2個200円 3個300円

壁にもメニューが貼られている。

  • 魯肉寿司(ルーロー寿司) 1本600円 半分300円
  • 昭和そば(昔ながらのあっさり醤油味)700円/1日15食限定

「ルーロー寿司や黒汁そばが気になるが……」

ここは中華そばとバッテラの店まつみ!

「中華そばとバッテラ。あとは五目あんかけそば、いってみよう!」

スポンサーリンク

バッテラは評判通りのおいしさ!

中華そばまつみのバッテラ

中華そばまつみのバッテラ(半分)

注文するとすぐ。先にバッテラを持ってきてくれた。

中華そばまつみのバッテラ

こ、これは……!!

そのバッテラは驚くほどのうまさだった。

「なにこれ……おいしい……」

さすがはバッテラで名を馳せる、まつみ……。

うますぎるのだ。

「鯖の旨味!昆布の出汁が私の体を循環してゆく……!」

ほのかに……甘い。

「旨味の甘さ!こんなにおいしいバッテラ。なかなかないぞ……!」

バッテラが……

俺はバッテラ界の王だと、風格を漂わせ言っている……!!

 看板メニューの中華そば!

中華そばまつみの中華そば

中華そばまつみ 中華そば

バッテラに驚愕するあまり意識がもうろうとしているところに、看板メニューの「中華そばがやってきた。

和を極めた様相。

中華そばまつみの中華そば

野菜たっぷり!

湖面を埋め尽くす圧倒的野菜量に思う……。

「これだけの野菜をいただけたら、ビタミンにあふれてお肌がスベスベになるに違いない!」

スベスベになった結果、おそらくは肌の上でフィギュアスケートを滑ることも可能と思われる。

中華そばまつみの中華そば

口にふくむと、安定のおいしさが駆け抜ける。

「いろいろな素材の味が、私を優しく包み込む……!」

まつみの看板メニュー「中華そば」は、バッテラ同様に抜群のおいしさを魅せていた。

五目あんかけそばもおいしい!

中華そばまつみの五目あんかけそば

中華そばまつみ 五目あんかけそば

次順、五目あんかけそば

中華そばと同じく野菜たっぷりだが、イカやエビなど、中華そばに見られなかった具材が入っている。

中華そばまつみの五目あんかけそば

卵あんかけの世界へようこそ。

幻聴などではない。
五目あんかけそばは、たしかにそう言ったのだ。

中華そばまつみの五目あんかけそば

はふっ!はふっ!

熱々の五目あんかけそばを、ハフハフしながらいただく。

ボタっ!ボタッ……!!

胃に落ちてくるおいしいスープ!

中華そばまつみの自家製生ラー油

すべてのラーメンに、途中から自家製生ラー油を入れて食べるのがおすすめですよ、と張り紙に記載されていたため実行。

実際に中盤以降、自家製生ラー油を入れて食べてみる。

「ああ、これもおいしい……」

よくあるラー油ほど刺激が強くない。

優しい味の中華そばに、上品な味のラー油が絡む。

そのとき自家製生ラー油が喋った。
「ラー油の世界にようこそ。よく混ぜて食べるとおいしいよ!」

幻聴などではない。
自家製生ラー油はたしかにそう言ったのだ。

中華そばまつみの特徴まとめ

  • 初来訪時には、中華そばとバッテラ、このコンビは外せない。
  • とくにバッテラはお土産に持ち帰りしたくなるおいしさ。
  • おでんもあるよ。

中華そばまつみの所在地、営業時間、定休日、駐車場

  • 所在地/高知県高知市はりまや町3丁目3-5(地図
  • 営業時間/11:00〜15:00
  • 定休日/水曜日、第2第4木曜日
  • 駐車場/有
  • ■カウンター席/有 ■テーブル席/有 ■座敷/無

おすすめ記事:おすすめ高知ラーメンまとめ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のラーメン

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.