月別アーカイブ:2015年01月

【愛媛】「津島しらうお&産業まつり」2014

カツサンドを食べた私は、車を走らせた。 向かうは愛媛県。 愛媛県といっても、 ありがちな松山市ではない。 目指すは愛媛県南予…! 宇和島市っ………!! 今回は………! 宇和島市に………! 鯛めしを………! 食べに行こわいっ…!! 愛媛県の郷土料理といえば……! 鯛めし! 鯛めしといえば、 炊き込みご飯に鯛が混ざったもの。 一般的なイメージは、それだろう。 がっ!しかし! 宇和島市など、 南予の鯛めしは違うらしい。 なにが違うのか。 答えは…………。 なんと……! 鯛が生なんだって。 白いご飯の上に鯛の刺身 ...

道の駅 あぐり窪川 【愛媛タイづくしの旅】 第1話

高速道路を降りて、『道の駅 あぐり窪川』に寄る。 <お腹空いた……> 一角に小さな店、発見。 そこで売っていたのは、『あぐり窪川』が建つ四万十町名産の『仁井田米』その米粉を使用した、様々なパン。 <"豚まん"に"カツサンド"……!"しいらバーガー"まである……!!> 時、すでに11時前。 ああっ…それにしても…!腹が減った…………! 俺は朝から……!なにも食べていないんだ…!! 店の前で一瞬迷った。なにかは食べる。食べるけれども、一体全体なにを食べるか、だ。 <しいらバーガーもいいッ…!豚まんもいいッ…… ...

麺屋・國丸。南国店。土佐カツオ味噌の炙りチャーシューメン。

子供の頃、 福岡県に行くツアーに参加したことがある。 たしか小学校高学年から 中学生くらいを対象としたツアーで、 基本的には親子で参加することを 想定して作られたツアーだった。 そのツアーに、当時12才、 中学1年生の私は1人で参加した。 いまはすっかりチキンだが、 子供の頃は凄まじい度胸を持った人間だったのだ。 道中で仲良くなった 須崎市在住だという母子と一緒に食べた、 博多の屋台の豚骨ラーメン。 それが子供ながらに、 衝撃的な美味しさだった。 以来、私は、 「ラーメンはなに味が好き?」 そう訊かれるた ...

ドラゴンボールにもいた!天津飯! 「中華料理 鳳来」

初めて食べたのは子供の頃だった。当時、家では食べたことがない料理だった。 黄色い山を前に息を呑み、その山をスプーンで切り裂いた。 すると褐色の餡がドロッと崩れ、中から白いご飯が現れた。 「これ……天津飯っていうんだ!」 平民の子にとって衝撃的な料理だった。 料理全体が、タマゴで覆われているのだ。 「タマゴは1日1個まで」 そんな我が家の常識を覆す、贅沢な料理。 「美味しい……」 1口食べて思った。 「美味しい……」 2口食べて思った。 3口食べても4口食べても、10口食べても天津飯は美味しかった。 そして ...

美味しんぼ山岡 たいやきくんざる麺

美味しんぼ山岡(高知/いの町)たいやきじゃない、たいやきくんざる麺

数年に1度、 自動車免許を持つ者にやってくる、 免許更新。 講習は午前からのものと、 午後からのものがあるという。 <朝行くの…大変だから午後から行こう…> 午後の講習開始は14時すぎ。 「それまで山岡で、 ラーメンやっ…!」 家からは遠いので、 普段はなかなか来られない。 だからこそ……! 免許更新時のお楽しみ! 『美味しんぼ山岡』 (※ 店舗画像は2013年8月のもの。 この記事は2014年4月の話です) 店構え。 民家風というよりも、 ほぼ民家。 2度目だがドキドキする。 あまり付き合いのない 親戚 ...

回るラーメン! 「スシロー 南国店」

高速道路のサービスエリアでも、 ショッピングモールのフードコートでも、 私は、わりとどこでもうどんを食べる。 回転寿司でも………… うどん……! と言いたいところだが…… 今日はラーメンやっ! 『スシロー 南国店』 〆にラーメンを食べるんだ。 寿司は腹八分でやめておこう。 そう思ったのも束の間。 結局、食べられるだけ食べてしまった。 もうまったくお腹は空いていない。 しかし私は最初から ラーメンを食べるつもりで ここに来たのだ。 だから……! 満腹でも…! 無理矢理食う……! 『鶏チャーシュー入り塩ラーメ ...

祝!オープン!南国に続く2号店! 「セルフ 讃岐うどん屋 卸団地店」

大きな新年会の準備で猛烈に忙しかった年末年始。 そんな中、耳に入ってきたうどんの新店情報。 2012年12月15日にオープンした、南国市の『セルフ 讃岐うどん屋』 その2号店だという。 しかしオープン日は、1月10日。 大きな新年会の前日にして、ウチのオカンの誕生日。(実話) 大きな新年会で使う小道具の調達に忙しい。 故に、オープン日に行くことは不可能。実際のところ、うどんどころの騒ぎではなかった。 だが私は忘れていない。 うどんへの愛を、情熱を。 1月17日。オープンから丁度1週間が経ったその日。 未知 ...

いくらでもいけちゃう!(個人的に、いけちゃってはいけない) 「マルトクラーメン」

ここは香南市野市町(のいち)。二十年ほど前、まだ香美郡野市町だったころは、辺り一面に田園風景が広がっていた。 幼少期の私は思っていた。 「野市、田舎やな!」 しかし近年、野市町は再開発され、鉄道が走るようになり、駅前は様変わり。すっかり垢抜けた町となった。 これが良いことなのか悪いことなのかは別として、野市町という町は(駅前だけ)別の町みたいになった。 そんな野市町に、あるとき一軒のラーメン店ができた。 元々、骨付き鳥の店としてやっていたのが、ラーメン店になったのだ、と噂に聞いたときには、「ふーん」としか ...

披露宴翌日から粘りまくり! 「麺房まつみ」

ホテルのベッドで目が覚めた。昨日大丈夫だったかな。楽しんでもらえたかな、などと寝起きから不安な気持ちになった。 結婚式の翌日ってもっと幸せに包まれているものだと思っていた。 幸せだ。幸せだけれど不安だ。 最後の新郎挨拶も、私らしいグダグダっぷりだったので…。 嫁のお父さん、お母さん的に、 大丈夫だったのかと心配だ…! <まぁ………!いまさらなにを言ってもあとの祭りさ…!それに…俺は俺であれが限界……!> 通常であれば、娘を返してもらいたくなるレベル。 <だが………!ちゃんとしろと言われても…120%……目 ...

温、冷、釜揚げでまったく違う!「手打ちうどん さかえ」

「顎が疲れた……!」 十年ほど前、初めて食べたときは、その固さに驚いた。 「こんなにも固いうどんがあるとはね」 固すぎるな………。 最初はそう思った。でもその数日後から襲ってくる、不思議な感覚。 「固い…固いよ……でも…また食べたい……」 なにかの中毒症状のような感覚だった。 むしろ、このときすでに私は魅了され、狂い始めていたのかもしれない。 白いアルデンテの世界に…。 香美市土佐山田町。『手打ちうどん さかえ』 気が付けば約1年ぶりだった。 相変わらず太い………。 相変わらず固い………。 相変わらず…… ...

数日間、竜一超絶ラッシュ(忙しい)につき!たも屋ラッシュ!2回目!

『ひやかけ』に、ナス天だよ!

数日間、竜一超絶ラッシュ(忙しい)につき!たも屋ラッシュ!開始!

いつもの南国店だよ!

【閉店】蘇ったミルクラーメン!ひろめ市場内「さきっちょ」

「さきっちょ」は閉店されましたが、以下リンク先のお店でミルクラーメン食べられます▼ 同級生から『ミルクラーメン』の話を聞いて、 当時まだ中学生だった私は子供ながらに思った。 「なんじゃそりゃ」 白いミルクの中に麺が沈む光景を想像した。 「めっちゃ不味そうやな…」 しかし、それを食べた同級生は、 みんな口を揃えて「美味しかった」と絶賛する。 「この味を知らないなんて、人生の9割を損しているよ」 みたいな勢いで言うので、それならばと私も食べに行ってみた。 当時、追手筋でミルクラーメンを出していた、 『へそまが ...

テイクアウトうどん! 「なか卯 32号高知葛島店」

ある店にカレーラーメンを食べに行こうとしていた。 カレーラーメンだ。 どこでも食べられるものではない。 私自身、店では食べたことすらない。 カップヌードルシリーズの、カレーヌードルならまだしもだ。 車のステアリングを握り、 目的の店を目指す道中もワクワクしていた。 「カレーラーメン食べたいなー♪」 赤信号で停車。 ふと、車内の時計を見た。 「あれ……」 私は言葉を失った。 「時間が……」 いったいどういうわけだろう。 「すでに午後2時が近付いている…!」 じつは3時くらいから別の予定があった。 目的の店に ...

閉店まで1ヵ月を切った!「ぎゅうせん」

私は一人で知らないうどん屋に入れるが、知らない飲み屋には入れない。 私は一人で知らないラーメン屋に入れるが、知らない飲み屋には入れない。 一人で街で飲むときは、いつも馴染みのBARにしか行かない。 知らない人だらけの空間で、知らない人と話すのがイヤなんだ。 だけど、放って置かれるのもイヤなんだ。 私は……………。 コミュ障……! 馴染みのBARが閉まると、もう行く店がなかった。まだ飲み足りなくても、行ける店がなかった。 一人で歩く深夜の飲み屋街。通りのスナックから漏れる、カラオケを歌うおじさんの声。楽しげ ...

炭火焼 さんとう

ああっ………!それにしても食べたいっ…! うどんと同じ……!細くて長いもの……! "う"が付くもの………! うなぎが食べたいっ! がっ………!しかし…………! 酒も飲みたい………! うなぎも食べたい………!うなぎと一緒に酒も飲みたい………! いまの俺は……!塊っ………!! 欲の塊っ……!!! 『炭火焼 さんとう』(画像はうなぎのマネだよ!) 高知市杉井流の住宅街にその店はあった。 さあ行こう……!焼酎ロックで開幕だ……!! 店内満席。<危なかった……!予約していなかったら…おそらくは入れなかった…!> う ...

© 2021 生姜農家の野望Online