月別アーカイブ:2015年08月

「麺房まつみ」 天ぷらうどん(冷やかけ)、天下無双の女麺

高知市の産業道路を西へ進んで『麺房まつみ』の前に差しかかる。いろいろなうどん店を食べ歩いているため、一年の内で同じ店に複数回行くことがなかなかできないのだけれど、『まつみ』はここ数カ月で、すでに何度目かだ。 「おっ!珍しい!駐車場あいちゅう!」店の西側に二台分ある駐車場が両方とも空車になっている。奇跡的。「まぁもう2時やもんな」 よもやの麺切れを少しだけ覚悟しながら店に入ったが大丈夫そうだ。 蒸し暑い日だった。冷たいうどんが食べたい。けれども、まつみのメニューに『冷やかけ』の記載はない。しかし注文すれば冷 ...

cafe de show(カフェド昭)香南市のいち駅近く!高架下の素敵カフェ

『カフェド昭』は香南市野市町、土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」野市駅のすぐ東、鉄道高架下にひっそりと佇んでいた。 <まだモーニングやりゆうかな……> 午前10時半。 早朝4時には目が覚めていたのだけれど、朝からそんじょそこらの総理大臣並みに忙しく、遅い朝食になってしまった。 店内に入ると、台に並べられたたくさんの小物が目に付いた。販売しているもののようだ。 二人掛けのテーブル席がいくつかあるだけで決して広くはない。ただ、どこか可愛らしい雰囲気がゆったりと漂っている。 厨房と飲食スペースを仕切る壁が棚状 ...

はちきんらーめん 外観

「はちきんらーめん」北川村いごっそらーめん店長、お弟子さんの新店

2015年7月下旬。 北川村の『いごっそらーめん店長』にラーメンを食べに行ったときだった。 閉店時間を間近にした店内はいつもの賑わいと違い、ゆったりとした空気が流れている。ラーメンの出来上がりを待っていると、壁に貼られた一枚の紙に目が留まった。 "香南市野市町にて、お弟子さんが出店される"という内容が記載されている。 <野市にラーメン屋?これいつ書かれたものだろう…。最近野市に新店はないはずだけれど…>視線が宙を泳いだ(このときの模様はすでに文にしたためております。→『いごっそラーメン店長 & 進撃情報! ...

てづくりうどん 麦笑 「冷やかけとオクラと謎天」

時間がなかった。15分間ほどのあいだに昼食をとって現在地に帰ってくる必要があった。 高知市中心市街地。周りには数軒のうどん店。迷うまでもなかった。<麦笑しかない!あそこならセルフだからきっと早い!> (店舗画像は何年も前のものです。汗) 速足で歩き、『てづくりうどん 麦笑』に飛び込む。急いだおかげで暑い。身体から湯気が出そうだ。 入口から奥に伸びるセルフレーンのスタート地点で『冷やかけ』を注文した。レーンの途中に天ぷらが並んでいる。オクラの天ぷらがあったのでトングで挟んで一本、皿に取る。 しかしオクラが一 ...

【閉店】一期一会 とうふ家(高知市朝倉)

最近太り気味だからヘルシーなものを食べようと思った。どこが太っているのだと言う人に、お腹を見せてあげたいくらい太っている。いまのお腹は東京ドームの屋根くらい丸い。まったく笑えない。 ヘルシーなものといえば「豆腐」だ。 うどんは炭水化物だから、どうしても太る。うどんはダメだ。やっぱり豆腐だ。うどんを封印してでも豆腐を食べよう。 一路、高知市朝倉を目指す。『一期一会 とうふ家』という豆腐料理の店があるらしい。 何かの情報誌で見かけた記憶があり、夜の店だと思っていたが、昼も営業されているということだった。 土佐 ...

高知市高須ランヤニコットのスープカレー

【高知】「ランヤニコット」激熱シーフードスープカレー!

高知市高須の電車通りに 『ランヤニコット』という店があると知ったのは、つい最近のことだった。 スープカレーで有名な店だという。 <スープカレー…あんまり外で食べたことない…> 考えてみれば、家でも滅多に食べない。 電車通りから店の裏に回り、駐車場に車を停める。 すでに午後二時を過ぎているのに、たくさんの車が入っていて、空きは少ない。 <えらい人気のある店ながやねぇ…!> 店内、入ってすぐのところにショーケースがある。 <ケーキも売りゆうがや……!> 奥にある飲食スペースは、大勢の人で埋まっている。 わずか ...

四万十うどん「かっぱ亭」道の駅とおわ/駐車場内のうどん屋さん

よっしゃあ!うどん行こうぜぇー! 勢いよく『カフェ オルソン』を飛び出した。 すごく勢いが付いている。 勢い余って…とは、こういうことを言うのだろう。 気が付けば車で二時間半、 四万十町十和まで来てしまっていた。 休憩がてら寄った『道の駅 四万十とおわ』の販売所を出て、四万十川を眺める。 <随分遠いところまで来たもんだ。 この辺りにはうどん屋もなさそうだ。そろそろ帰るか…> って…………! 不意に思い出した。 <そういえばこの駐車場の端に、 「うどん」と書いたのぼりが立っていた記憶が…!> 一歩も歩きたく ...

Cafe OLESON(カフェ オルソン) ~another story~

『カフェ オルソン』を出ようとしていると、 扉の近くの床に、たくさんのビアジョッキがあることに気が付き、足を止めた。 ジョッキは茶色いカゴに入れて置かれていて、 「ご自由にお取りください」と書かれている。 「欲しい!」と思った。 家にビアジョッキはない。 買いたいと思ったことはないが、 くれるというのなら貰いたい。 振り向くと、女性の店員さんがこちらを見ていた。 「これ、持ってってええがっすか」 小声で言うと、店員さんは「どうぞー」と微笑んでくれた。 ビアジョッキはよく見ると、大きさが違う。 「大」と「中 ...

うどん処 ゆたか 「釜玉 & ひやし」~肥ゆる夏~

万々(まま)の商店街に強烈な太陽光が降りそそいでいた。 天気予報の予想最高気温は36℃。アスファルトからも照り返しの熱気が昇ってくる中、『うどん処 ゆたか』は薄い緑と白が配色された涼しげな暖簾を揺らしていた。 (高知県高知市中万々72-14、11:00~15:00売り切れ次第終了、定休日月曜[祝日の場合は翌日休]、駐車場・店舗横に有) 高知屈指の人気店だが店内は比較的空いている。昼どきを外した甲斐があった。 出入口から中に向かって伸びる褐色のカウンター席。その一番奥の空席に腰を下ろして、メニューを見る。 ...

鄙屋 冷やしふきよせうどん

麺 鄙屋 「冷やし五目 & 冷やしふきよせ」

仕事を午前中に切り上げて 車で高知市へ走った。用事があった。 午後1時半くらいだった。 どこかで昼ごはんを食べないと、 早朝からずっと草刈りのバイトをしていて、お腹がへった。 草刈りのバイト代は、 高知県における一般的なバイト代の2倍くらいある。 ここは豪勢に………。 といっても、うどんしか頭に浮かばない。 コインパーキングに車を停めて歩く。 『高知市文化プラザかるぽーと』の向かいへ歩く。 褐色の外観。 たぶん1年以上は行くことができていない、 『麺 鄙屋(ひなや)』 (高知県高知市南はりまや町2-15- ...

高知市 まるきちうどん 四万十青のり土佐鰹うどん

まるきちうどん 「四万十青のり土佐鰹うどん」

店の上にそびえる立体駐車場に車を停める。 エレベーターで地上に降りてきて、一旦外へ。 降りそそぐ太陽の光の中は強烈な熱気に包まれている。 仕事中は、もうすっかり慣れてしまって 気にならないが、働いていないときは 不思議とまともに暑さを感じる。 暑い。 道行く中年頃の女性の表情も歪んでいる。 日本有数のがっかり名所『はりまや橋』の、 すぐ近くに建ったビルが作りだす影を追いかけながら歩く。 大阪から来たパチンコ店『123』 いまだに読み方が「いちにさん」なのか 「わんつーすりー」なのかわからない。 わからない ...

はま寿司 高知・南国店

地元の神社の夏祭りに行くと時間が遅すぎて、ほぼすべての食べ物が売り切れていた。 <仕方がない。俺が日が暮れるまで働く、働き者だからこんなことになってしまったんだ> 祭りから帰る頃には、午後9時を迎えようとしていた。 <晩ごはんどうしよう……。外で食べようにも、もう開いている店があんまりない> ……ああ、回転寿司ならまだ開いているか。 閃いて車を走らせた。先日オープンしたばかりの『はま寿司』高知1号店、南国店。 このあいだ持ち帰り寿司をして、まだ4日しか経っていない。 プロ野球における先発ピッチャーの標準的 ...