えききた&だいせい 高知駅裏のうどん屋さんの記事一覧(現在は閉店)

【閉店】高知駅近!ランチ「えききた」うどんと魚の漬け丼が好相性!

広々とした店内、窓が大きく開放的な空間・・・! <気軽に入りやすい・・・!> お食事処「えききた」・・・! 店名の通り、高知駅のすぐ北・・・! 高知駅北口を出て徒歩1分の場所にあるうどん店・・・! 『えききた』のうどんは・・・ 「うどん」ではない、「おうどん」である・・・! うどんの表記はすべて「おうどん」で統一されたメニュー・・・! <間違って「お」を付けるのを忘れ、「うどん」と書かれていないか探してみるも、抜かりなく全部「おうどん」とされている・・・!> 中でも「えききた」最大の魅力にして特徴は、「本 ...

【閉店】えききた 釜玉のおうどん

「食べちゃダメだってわかってるけど、なにも食べないわけにもいかないしなぁ」 生姜農家の竜一は、最近お腹の出方が気になっていた。 「どうせ食べるなら、やっぱりうどんがいい…」 『えききた』 生姜王子はうどんが好きだった。ぶっかけうどんを、ぶっかけられたいくらい好きだった。 「カレーうどん推しの"えききた"……!でも今日は釜玉………!釜玉が食べたい…!釜玉にしよう…!」 「ここに来たら、漬け丼を付けたくなるところだけど…カロリーが気になる……」 うどんに漬け丼………!つまり…うどんにごはん……! 炭水化物!炭 ...

【閉店】お食事処 えききた

<今日はマグロか……!>「お食事だいせい」から店名を変えて再オープンした「お食事処えききた」 そこで「本日のお魚の漬けごはんセット」というものを食べていた。「だいせい」時代にもあった気がするメニューだ。 <マグロの生臭さもなくて美味しい!> 「かけ」「冷かけ」「おろしぶっかけ」から選べるというセットのうどんは、「冷かけ」にした。薄くスライスされたスダチの香りが出汁の香りに混じり、冷涼感を強めている。 何日も雨が降らず、日照りが続く七月下旬だった。 青い空から太陽がギラギラと光線を放っている。この半月後に記 ...

お食事だいせい 閉店

初めて食事をして店を出るとき、「またきとうせー」と送り出された。 「また来てください」という意味の土佐弁だ。 いろいろなうどん屋さんを食べ歩く中でも、初めてのパターンだった。 桜が咲く季節。 私は『お食事だいせい』を訪れた。 東の隅のテーブル席が空いていたので、そこに腰を下ろした。 <いつも気付けば西に座っている・・・東に座るのは初めてだな> と思った。<これで東西制覇だ・・・!> 私は満足感に浸りながらメニューを確認した。 注文は、あらかじめ決めてきている。 <あったこれ!これ!> 水とおしぼりを持って ...

【閉店】お食事 だいせい EP3/お野菜も牛すじもたっぷりぜよ!

『EP1を読む』 『EP2を読む』 うどんが出来上がるのを、イスの背もたれに踏ん反り返って大人しく待つ。 「だいせい」のスグ隣には高名な「高知駅」がある。もちろん「だいせい」の店内からも、窓越しにそれを望むことが出来る。 「高知駅」は近年改装されて新しくなっているのだけれど、私は高知県人であるにも関わらず一度も足を踏み入れたことが無かったし、ロクにキチンと見たことすらも無かった。 そこでだ。この機会に是非マジマジと眺めてやろうと思ったのだ。 けれども、私が座った席は、よりによって「だいせい」の店内に数少な ...

【閉店】お食事 だいせい EP2/美麗なる生姜とイルカ

『EP1を読む』 『EP3を読む』 オープン当初の「らっしゃいっっっ!!!!!」みたいな緊張感が良い意味で抜けて、「いらっしゃいましぃー」というような穏やかな雰囲気で迎えてくれる「だいせい」 テーブルに付くなり目に付いたのは、「おろし生姜」 手のひらサイズのガラス容器に入れられたそれは、えらくお上品にすりおろされている。 一瞬、「さすがは"だいせい!"生姜の扱いが丁寧だ!」などと無駄に興奮しそうになったけれど、すぐさま、これが罠であることに気が付いて冷静さを取り戻した。 <よくよく考えてみろ・・・おそらく ...

【閉店】お食事 だいせい EP1/うどんを食べに行くぜよ!

『EP2を読む』 『EP3を読む』 <チクショー・・・だいせいめ・・・!また俺のお腹を空かせやがって・・・!> 普段、心の中に捨てている言葉を流せるから、という理由でコッソリやっている「Twitter」 一応やっているにはやっているのだけれども、「Twitter」の何が面白いのか私にはまったくわからないから、2分に一度ぐらいしか確認していない。 なのに、たまたま偶然にも、いつもお腹が空いてくる昼11時過ぎに見てしまうのだ。 「だいせい」の呟きをっ・・・! 「だいせい」とは、高知駅の北側にある、高知トップク ...

【閉店】土佐のうどんお食事 だいせい ~後編~

続き~!前回の記事はコチラっ! → 『土佐のうどんお食事 だいせい ~前編~』 注文して、待つ。 南側にある大きなガラス窓は、床から高い天井まで伸びていて、そこから冬の柔らかな陽光が射し込んでいる。 床に寝転べば、きっと快適な日向ぼっこが楽しめるに違いない。 そんな風に考えて、いよいよ床に寝転ぼうしているその時。 来たっ・・・! 『土佐黒毛和牛のぶっかけおうどん(大盛)』 画像では見え辛い・・・むしろ見えないけれど、中央に温泉玉子が乗っている。 箸でスーッと押さえると、中からトロ~リ。黄身が溢れ出てくる。 ...

【閉店】土佐のうどんお食事 だいせい ~前編~

正月の余韻、冷めやらぬ1月3日。 なんだか、ムラムラしてきた。麺が食べたくて、ムラムラしてきた。 「まだ開いている店は少ないんだろうなぁ」そう思いながらも、高知市へと向かった。 気になっていた市内東部の中華料理屋は、案の定、閉まっていた。 『新年は五日から営業します』とある。 「やっぱそんなもんだよな~」と、正月の現実を噛み締めながら車を走らせて、高知駅近くまで来た時、ピン!と来た。 そういえば、駅裏に新しいうどん屋が出来てるんだった! 他に何軒か回ってみたけれど、みんな閉まっているし、丁度良いから行って ...

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2020 All Rights Reserved.