幻の本手打うどん山雀 桜花の章 後編/うどん乱舞 携帯用(1)

※ このエントリーは、
『幻の本手打うどん山雀 桜花の章 後編/うどん乱舞』を、
携帯閲覧用に2分割したエントリーの、1つ目のエントリーです。

前編はコチラっ・・・!
『幻の本手打うどん山雀 桜花の章 前編/麺狂』

幻の山雀うどんが放つアルデンテの誘惑に、竜一の興奮は絶頂・・・!
完全に常軌を逸し、錯乱しながらも、その白い麺を口に運び始める。


まずは・・・ぶっかけっ・・・!

幻の本手打うどん山雀 ぶっかけうどん

『ぶっかけうどん』

今回・・・!
うどんの上には生姜・・・!

生姜が鎮座っ・・・!

植える予定だった種生姜を・・・!
豪快に摩り下ろしてしまったのである・・・!

生姜は言う・・・!

「子孫は残せなかったけれど・・・!
幻の山雀うどんと共に食べられるなら・・・本望だし・・・
しょうがないわ・・・!生姜だけにね・・・!」

「おぉおぉ・・・生姜よ・・・!
よく言った・・・それでこそ我が生姜・・・しかし・・・
いつからそんな山雀さんみたいなオヤジギャグを・・・!」

幻の本手打うどん山雀 ぶっかけうどん ぶっかけ!!

今回も、また山雀スペシャルの、
特製ぶっかけ出汁をぶっかけて、食す。

幻の本手打うどん山雀 ぶっかけうどん 麺アップ

パクっ・・・!
ちゅるちゅる・・・!
モグモグ・・・モグモグ・・・!

(味わっています)

(味わっています)

おっ・・・おっ・・・!
おっ・・・おっ・・・!

(顔文字、入ります)

( ^ω^)おっおっおっ

( ^ω^)おっおっおっ

( ^ω^)おっおっおっ

噛むごとに・・・!
顎を押し返す弾力・・・!

モチモチ・・・モチモチ・・・!

獰猛なる・・・!
アルデンテのゴム食感っ・・・!

山雀うどんと・・・竜一生姜・・・!
希有のコラボレーション・・・!

両者交わりし・・・その時・・・!

バッチバチっ・・・!
バッチバチっ・・・!

弾けまくる・・・電光石火・・・!

圧倒的っ・・・!
攻撃力っ・・・!

そして再来する・・・!
無敵釜揚げっ・・・!

幻の本手打うどん山雀 釜あげうどん

『釜あげうどん』

クク・・・ククク・・・!
久し振りだね・・・釜あげちゃん・・・!

食べている内に、つゆにお湯が入って段々と薄くなって行くのがイヤで、
普段、店では滅多に注文しない釜揚げ。

だが・・・!
無敵釜揚げは違う・・・!

無敵なので・・・!
無敵ですし・・・!
無敵だから・・・!

出汁のストックがあるのだっ・・・!

つまり・・・!
薄くなってきても・・・!

「あ・・・!薄くなっちった~!
ちょっと出汁を足そうかしらぁ~!♪~(´ε` )」

平気・・・平然・・・無問題っ・・・!

薄まりを気にせず食べられるなんて・・・云わば絶世・・・!
筆舌に尽くしがたい・・・夢世界・・・!

(さらに続きます)

コチラからどうぞっ・・・!
『幻の本手打うどん山雀 桜花の章 後編/うどん乱舞 携帯用(2)』

人気ブログランキング!倍プッシュだ!
人気ブログランキング・・・!

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


Return Top