高知市のうどん

めん處 雅(みやび) ~再訪~ EP1/決着の刻

更新日:

EP2を読む』 『EP3を読む』 『EP4を読む


もう随分と前、十代の頃。
思春期真っ只中だった当時の私には、好きな人がいた。

「竜一君って、好きなものから先に食べるタイプ?
それとも好きなものは、あとに取っておいてから食べるタイプ?」

彼女の唐突な質問に、少し考えて、うつむきながら答えた。

「俺・・・テキトー・・・」

「そうながや!」

クスクスと可愛らしく笑いながらそう言う彼女の姿が、
淡い思い出として今も脳裏に焼き付いている。

あれから十数年。

相変わらず私は、先に食べるとか、あとから食べるとか、
なんにもコダワリが無く、まったくテキトーで自堕落な毎日を送っている。

そんな私が、うどんを食べ歩く際にだけ、唯一こだわっていること。

それが、
「行く先々の店で、その店のメニューに記載されている最大量を注文する」
ということである。

そういう縛りを自分に課しているからこそ、
数あるうどん屋さんとの激戦の中では、何度か逝きそうになったことがある。

「うどんを食べ歩きは遊びじゃない・・・!」

いや、正確には遊びだという気もするけれど、
ハシゴするとき以外、行った先々の店で、その日の自身の体調など関係なく、
常に最大量を注文して勝負し続けていると、時々、本気で逝きそうになる。

このバンジージャンプに命綱なんてない、
あるのは死線を彷徨うかもしれないという疑心だけ…!

かつて何店かある"逝きかけた店"の中でも、
強烈な印象として残っているのが、高知市瀬戸にある「雅」

メニューには「中盛」と「大盛」しか無かったため、
<おそらくは2玉・・・楽勝だ・・・>なんて、量への警戒心ゼロで「大盛」を注文した、
その油断が引き金となって、突如現れた1000メートル級の山々ならぬ、"麺々"の攻撃の前に、

なんとか全量を食べられたものの、
危うく途中で、ライオンはライオンでも「マー」が付くライオンと化すところであった。

あの夏の出来事から半年。

私は1日3食、シッカリと限界まで食べまくり、
「雅」の「大盛」を余裕で制圧できるほどにアップデートされた胃袋を搭載して、
今一度、瀬戸の住宅街を目指していた。

(EP2へ続く・・・!)
EP2を読む』 『EP3を読む』 『EP4を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のうどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.