高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

駐車場うどん ~ダンナちゃん個人レッスンに紛れ込む竜一先生~ 後編/未知なる麺線

2012.06.13

『前編を読む』


夏子さんちの「ばあば」が作った「チラシ寿司」に舌鼓を打って、
さらに焼酎を煽りながら誰かしらと話していると、
その「ばあば」の息子さん、「ダンナちゃん」が打ったうどんが釜揚げされ始めた。

ダンナちゃんが最近うどんを打っていることは、
夏子さんのブログで読んで知っていたのだけれど、実際に食べてみたことは一度も無い。

未知なる麺線、香り、食感、味。

彼が打ったうどんの中には、
間違いなく知らない世界が広がっているのだ。

初めて行った店のうどんを食べるみたいに、
期待、不安、嬉々、躊躇、心に様々な感情を入り混じらせながら、
器を手に持ち、玉取りされた麺を取りに行く。

ココは日常では食べることが出来ない、裏うどんを、
自分の好きな食べ方で食べることが出来る、桃源郷。

果たしてダンナちゃんのうどんを、
どういう食べ方で食べようか、内心迷った。

この局面でスグに出来そうなのは、
「かけ」か「ぶっかけ」か「釜玉」か「冷やかけ」か・・・。

私は「ぶっかけ」を選択した。

駐車場うどん ダンナちゃんうどん(ぶっかけ)

『ダンナちゃんうどん(ぶっかけ)』

「ぶっかけ」と言っても、
私は「醤油うどん」の醤油をかけるようにしか、ぶっかけ出汁をかけず、
麺本来の香りや味、そしてなにより「力」・・・「麺力」が露呈する状況を密かに作り上げた!

・・・と書いてはみたが、実際には、そんな大層な考えは無く、
"ただ単になんとなく"・・・という曖昧な動機で「ぶっかけ」にしただけで、
ぶっかけ出汁を少ししかかけない、それだっていつものこと。

つまり、いたって単純に、自分好みの食べ方をしたに過ぎなかった。

<本日3杯目の裏うどん・・・!
ありがたいなぁっ・・・!>

嬉々として食す。
すると想像よりも固めの弾力で、
低重心からバシバシと張り手をお見舞いしてくる!

<おおおっ・・・!
百烈張り手っっっ・・・!>

駐車場うどん 中日ラーメン

『中日ラーメン』

途中から登場したいっけんさんが、なにやら黄色い麺を湯掻き始めたので、おやおやと見ていると、
これは、新潟でうどん屋さんをされている方が拵えたという中華麺なのだと言う。

うどんのかけ出汁を注いで、いわゆる「中日」の状態で食す。

先に食べ始めていた皆さんが口々に絶賛していて、
本当にそんなに美味しいのか!と思いながら食べだら、本当にそんなに美味しかった!

細い中華麺だが、
これが圧倒的アルデンテ・・・!

「うまい!」「おいしい!」の言葉しか聞かれなくなった駐車場の片隅で、
私も「ほへぇー、おいしい・・・」などとボソッと呟いた。

駐車場うどん 釜玉うどん

『釜玉うどん』

途中から、えらくお腹が張ってきたな
と感じていたが、それもそのはずだった。

私は気が付けば、うどん3玉、中華麺1玉、チラシ寿司、夏子さんの手料理、
さらにはビール3本、どれだけ飲んだかわからない焼酎をチビリチビリと煽りながら、
気が付けば4玉目のうどん、「釜玉」を無意識に放り込んでいたのである。

駐車場うどん 皆さん帰られました

皆さんが帰られたあと、
残ったのは、とうやくさんと、いっけんさんと、山雀さんと、私。

高知裏うどん界で有名な御三方に囲まれて、
急に高まる胸の鼓動と緊張感。

私はコップに入っていた焼酎を飲み干すと、
お茶に切り替えた。

日本の未来について、熱い議論を交わす御三方。

私は冷たいお茶を飲みながら、
ふむふむもっともだ!という表情で真剣に聞き入りながらも、
いっけんさんを見つめていた。

いっけんさんという人は、私がうどんに本格的に嵌り始めていた頃、
自身が書くブログに頻繁にうどんの記事を更新されていて、
そのブログを私は毎日食い入るように読んでいた。

いっけんさんは、私にとって、
当時も今も、カリスマで、アイドルだ。

私は、イチローや松井秀喜を前にした野球少年みたいに、
目をキラキラさせながら、いっけんさんを見つめていた・・・

・・・!が、酔いが回って、
いっけんさんが5人ぐらいいるようにも見えていた・・・。

【追伸】


ナポリタンうどん!

妙にエンジンのかかり具合が悪くて、いつも以上に大人しかったかなという、
この日の竜一さんでしたが、皆様ありがとうございました。楽しかったです!

お土産に戴いたうどんは、
初挑戦!の「ナポリタンうどん」にしてみました。

イケました・・・!

このページが気に入ったら「いいね!」しよう

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.