高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

おむすびころりん 後編/おむすび、うどん、カツオ、そして苺氷りとの出会い

投稿日:2013.06.07 更新日:

『前編を読む』


おむすびころりん はちきん定食

やがてオバチャンは「はちきん定食」が乗った盆を持って、再び現れた。
<ハチキンそうなオバチャンが、はちきん定食を>と私は思った。

定食のうどんは通常、いわゆる"かけうどん"で提供されるようだった。
けれども私が行ったこの日は、偶然にもトッピング無料の日だということで、"肉、きつね、月見"などの中から、好きなトッピングがひとつ無料で選べるということだった。

私は自分でも驚くほどの優柔不断で決断力がないけれど、この局面では迷わなかった。
即答で選択するは、「肉」

値段が一番高そうだったからだ。
こういうときに出る。貧乏性ならではの、"セコさ"

おむすびころりん5

麺は急げ。
タタキとのセット。先にうどんから食べる。

箸でつまむ。麺は出汁を滴らしてる。
肉の煮汁が溶けた出汁。ふんわり広がる。

おむすびころりん6

カツオのタタキ。
太平洋。

おむすびころりん7

それからこの局面では天下のうどんを差し置いての主役であろう、おむすびに手を伸ばす。

<俵型・・・!>
一口食べる。中から何か出てきた。<昆布ッ・・・昆布ッ・・・!>

コイツ・・・!
塩むすびじゃないっ・・・!

具なしの塩むすびだろう、という戦前からの私の予想は覆された。
<どこから見ても塩むすびだと思っていたのに・・・!>

おむすびは、見かけによらない。

ひとつは昆布。もうひとつはが中に入っていた。

<ありがたいっ・・・!>
と私は思った。<風前の灯火だった銀行口座に、想定外のお金が振り込まれていたときの気分・・・!>

うどん、おむすび、タタキ。
炭水化物、炭水化物、魚。

よい具合にお腹が張った。
タタキは土佐人の心を満たし、うどんはうどん野郎の魂を満たし、おむすびは日本人としての・・・。
・・・!ナニカを満たしたのだった・・・!

おむすびころりん 花かご定食

『花かご定食』
(うどん、おむすび、唐揚げのセット)

おむすびころりん8

(巨大唐揚げが3つ、天高くそびえる!)

おむすびころりん9

(花かご定食は、はちきん定食の"俵型"とは違う形状のおむすびで三角形)

食べ終えて、席を立つ。
オバチャンに舌代を払って、外へ。

雨は降っていなかったけれど、相変わらずネズミ色の空が広がっていた。チュー。

そのときだった。
店のオバチャンが店から出てきた。かなり慌てている。

「お客さん!これ・・・!」
と私に言うオバチャン。見ると片手にiPhoneを握り締めている。

「はぅぁっ・・・!」
私は驚愕した。

<そんじゅそこらには売っていない・・・こともない!ドコカで見た圧倒的可愛らしさの"鰹にゃんこ"のケースッ・・・!他の量産型と同じ洗練されたデザインッッッ・・・!誰が見てもソイツは俺のiPhone・・・!>

「あぁっ・・・!忘れちょった!」
私は土佐弁でオバチャンにそう言った。私は店にiPhoneを忘れていた。

するとオバチャンは、iPhoneを私の眼前にかざし、ニヤリと笑って言った。

「もうちょっとで忘れて帰りよったねぇ!
ほいたら・・・!」

「100万円・・・!」

「ひゃ・・・ひゃくまんえん・・・!?」
私は怯みながら苦笑した。「こらえてくださいよー!」

「まだおったき良かったわー!」
と言いながらオバチャンは目尻を下げた。
「食器を下げよったら椅子の上にコレがあったき、慌てて追いかけたがよー!」

「あぁ・・・すいませんすいません!」
私はお礼した。<危なかった・・・もう少しで2ヶ月連続の携帯紛失をしてしまうところだった・・・>

その後。
「おむすびころりん」と同じ敷地内にある、お土産物屋(?)「かつお船」に寄った。

「おむすびころりん」の店内のポップで見かけた、謎の「苺氷り」のことが何だか気になっていて、この機会に食べてみたいと思ったのだ。

いま食べておかなければ、もう会えないかもしれない。苺氷り。
苺氷り。苺氷り。涼しい顔した苺氷り。甘くて冷たそうな苺氷り。

苺氷りの上にはソフトクリームを乗せることも可能なようだった。
けれども私のお腹はソコソコ張っていた。私はソフトクリームを乗せなかった。

おむすびころりん11

「かつお船」のオバチャンが丁寧に拵えてくれた、苺氷り。
それを駐車場に停めた高級な軽自動車の車内で食べる。

カキ氷の上に、苺のシロップと練乳がかかっている。

私は小さなプラスチックのスプーンで苺氷りをすくって口へ運んだ。
氷は舌の上ですぐさま融ける。ヒュッと。新幹線みたいな速度で。

この1ヵ月後ぐらいに、苺氷りと思わぬ場所で再会した話は先に更新されているッ!
『ひろめ市場内「龍馬茶屋」 苺氷り』

おむすびころりん

◆ おむすびころりん
(高知県高知市仁井田201−2)
営業時間/11:00~15:00
定休日/無
駐車場/有

「おむすびころりん」の地図・・・!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.