混ぜるよ!ゴンッゴンッ混ぜるよ

3パックがセットになった「くめ納豆 北海道納豆ミニ」。ミニよりもさらに小さいプチ容器が4個セットになった「くめ納豆 プチ北海道納豆」。

焼きサバを入れてみたり目玉焼きと一緒にごはんにのせてみたり、多様な方法で「くめ納豆」を攻略してきた、"くめ納豆マスター"竜一。

「くめ納豆」からの次なる「刺客」はこちら!

くめ納豆 丹精……!

メーカー小売り希望価格は、税込248円。

2パックで、248円!

同タイプの「くめ納豆 北海道納豆ミニ」が、3パックで181円、1パックあたり約60円だったのに対して、「丹精」1パック124円!

倍以上の価格!

たっかっ……!
「丹精」は、この世で一番高級な「くめ納豆」なのだ!

「くめ納豆 丹精」は高いだけあり、薬味付き

金ゴマ、海苔、ネギが付属している。

くめ納豆 丹精のカロリーは?

「くめ納豆 丹精」のかろりーは、薬味やタレをすべて入れた状態で84キロカロリー。納豆本体40グラムのみでは、77キロカロリーとなっていて、これは同型の「北海道納豆ミニ」とまったく同じカロリー。

見よ!これが高級納豆「くめ納豆 丹精」の姿だ!

パッケージが違う「くめ納豆 丹精」

金持ち用の納豆は違う…!
パッケージが紙!紙に包まれている…!

おごそかに開封………。

「うわぁ…。たった二つしか入っていない……」

漂う貫禄!威厳……!
これが「くめ納豆 丹精」…!

▲ 薬味付き!

▲ 無論、タレと辛子も付いている!

ここで小波乱。

「トルネードできないっ…!」

納豆を覆うフィルムを外す際のことだ。常日頃、2本の箸を納豆の中心に突き立て、回転させる「トルネード方式」でフィルムを取り除いている竜一。

しかし丹精!トルネードできないっ…!

「豆にフィルムが貼り付いている!納豆がっ!フィルムにっ!強力に粘着している……!」

仕方なく、手動で外すフィルム!

さらに第2の波乱が起きる。

「タレの袋が置けないっ…!」

「通常、その辺で売られているミニパックの納豆というものは、パックの上面を支えるフタの裏がくぼんでいる。なのに丹精…!」

出っ張ってんだよ!

「タレをかけたあと、タレが入っていた袋を、開封後に裏返し、その辺に放ったフタの上に置きたい!

是が非でも置きたいのだ!

「なのに丹精!フタの裏が出っ張ってて……」

置けないんだよっ……!

「どうしてだよ!ミツカン……!」

そのとき竜一、気付く。
そ…そうか……。金持ちはフタの上にゴミを置いたりしないんだ。家政婦とか、そういうので…そもそも自分で納豆を開封したりしないんだ……」

薬味をかけた「くめ納豆 丹精」圧巻の光景!

とんでもない……!

「こんな納豆あるっ!?普通の見た目じゃないよ、コイツ!」

ゴマが入っている!これが金ゴマ……!

「乾燥ネギってのが、微妙っちゃ微妙。乾燥ネギ、ハッキリ言って美味しくない。ネギ本来の食感がないせいで、ただの風味づけで終わってしまう感が強い……。自分でネギを切って入れたほうがマシな気はする……」

だが、そうか。
「金持ちは自分でネギを切ったりはしない…!でもそういうときは家政婦さんが…って、まあいいや。この話をし始めると収拾が付かなくなる……」

「くめ納豆 丹精」の粘りを確かめる

一回し目から違う「丹精」

やわらかっ…!
納豆を混ぜる感覚!めちゃくちゃやわらかい!

「なにこれ、すごい……!」

とんでもない、やわらかさっ!

「安物の納豆みたいに、豆がくっ付いていない!」

豆が一粒一粒、独立国家を形成してんだよっ!

ふぉらぁっ!

ふぉらぁっ!

「くめ納豆 丹精」を食べた感想

ヤッバッ……!
「ヤバすぎ子ちゃんだよ、これ……!」

口に入れた瞬間!
納豆が………!

納豆がっ!ブルルルルルルル!

喉の奥めがけて入ってくる……!

「タレが結構辛い。再仕込み醤油だからだろうか…。わからない。セレブは濃い味が好きなのだな……」

  • ネイリの刺身&ヒラメの刺身
    商店街の鮮魚店で「ネイリ(カンパチ)」と「ヒラメ」の刺身を購入!
  • 高知・佐川町のサバ寿司
    高知の「かいさま寿司」はどんな寿司?画像で公開!
  • 高知・丸池寿司の外観
    【高知】「鯖寿司」おすすめは丸池寿司!通に有名なお店で持ち帰り!
  • 商店街の魚屋さんで、ハマチの刺身とまだあった「メジカの新子」を購入
  • 9月はツガニの旬。強い出汁が食欲をそそり、夏の終りを感じさせる。
  • 袋のまま食べる!それが「袋入りかき氷」(袋氷)の食べ方だ!
おすすめの記事
農業全般
天気予報では午後から雨とあって、朝から湿度ムンムン。体にベタベタとまとわり付くように染み出てくる汗。 いつの日も、『汗も滴るいい男』でありた...
生姜栽培
種生姜割りダンジョン六日目…! ついに最終日………! <一日家で割った日を除けて…予冷庫に通うこと…のべ五日…!明日から来なくていいと思うと...
暗黒料理
『前編を読む』 何事も………!練習すれば上手くなる…!! 1個目は完全に失敗した竜一。しかし2個目以降、徐々に上達。 初めはわからなかったが...
生姜栽培
タケノコで荒稼ぎの夢は儚く散り、仕方が無いから、生姜を植えている。【参考記事】 → (タケノコ① タケノコ②) 数万個の生姜を、ひとつずつ土...
高知市のラーメン
子供のころのボクにとって、ラーメンは憧れだった……。 トンカツは……ヒーローだった……。 憧れとヒーローが、ひとつの器で共演する姿を初めて見...