小豆島からの帰還。そして伝説へ・・・

2017.03.27

  1. TOP >
  2. 香川観光 >

小豆島からの帰還。そして伝説へ・・・

2017.03.27

小豆島、滞在2日目にして、実質の観光初日。

スポンサーリンク

▼ 面白いトイレを見つけた。

スポンサーリンク

▼ 可愛らしいキャラクターを見つけた。

恥ずかしながら存じ上げなかったのだが、即座にツイッターで教えていただいた。それによると画像向かって右側のキャラクターはオリーブくんというらしい。(訂正:左側が「オリーブくん」で、右側は「オリームくん」とのこと!)

情報化社会。すごい。
知らなかったヤツの名前さえ、すぐに知ることができる。

「ITを駆使すれば、俺にわかんねぇことなんてないんじゃないの?」

ITを得た!
我は無敵なり!

(* 無敵なり!って言いたかった)

スポンサーリンク

帰還

▼ フェリーの中は暇だから、暇つぶしにうどん食べながら帰る。

近くにいた、ちびっ子に半分食べられて涙目。

▼  フェリーに乗ること1時間。高松の町が見えてきた。

出汁の香りが、風に乗って香川県方面より漂ってくる。

「何とか生きて、島を出ることができた……」
胸をなで下ろす竜一。

そのとき香川のうどん屋のおばちゃんの声が、風に乗り漂ってくる……。

「兄ちゃん!なんにする!ぬくいんっ…!?ひやいんっ…!?どっち!!!」

「恐るべし讃岐!うどん屋のおばちゃんの気合いが、波動となって伝わってくる……!」

香川県という、うどん戦国が、竜一の帰還を待ち受けていた……。

(* 今後は順次、小豆島・弾丸1泊2日旅のレポート詳細版をあげていきます)

竜一

高知で生姜農家を経営 / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知の飲食店を約20年でのべ2,000件以上食べ歩き / 大好きなお店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ
メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中
詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

© 2021 生姜農家の野望Online