うなぎの名店「源内」高知市で美味しい炭火焼うなぎを食べる

2017.05.14

  1. TOP >
  2. 高知市グルメ >

うなぎの名店「源内」高知市で美味しい炭火焼うなぎを食べる

2017.05.14

ああ………
それにしても
うなぎが欲しいっ……!

頭の中がうなぎになりそうなほど、うなぎが食べたかった竜一。

走り出せ……!
高知うなぎの名店へ……!

土佐炭火焼うなぎ「源内」(高知市北御座)。

うなぎの名店『源内』。元々は高知市八反田「城北中学校」そばにあり、数年前に現在の店舗がある高知市北御座に移転された模様。

スポンサーリンク

「源内」の店内は座敷あり。

子連れも行きやすい仕様。

スポンサーリンク

「源内」のメニュー。

(* メニューは2016年4月に撮影したものです)

蒲焼きや、白焼きもあるが……。

やっぱりご飯にのせたい!

俺には聞こえる…うなぎの声が……。
うなぎ「俺ご飯にのりたい!すこぶるのりたい!」

「……となると、選択肢は3つ。『うなぎ丼』『まぶし丼』『うな重』

この局面、迷わない。
「せっかく来たんだ……」

贅沢の極み……!
「うな重」でいこう……!

「ククク……きょうは大丈夫。銀行で引き出したカネは2億。うな重を食べても懐は毛ほども痛まない……

スポンサーリンク

ビールを飲みながら、うなぎの焼き上がりを待つ。

注文を受けてから、うなぎを炭火で焼いてくれる『源内』。

お茶をチェイサーに、生ビールをあおる竜一。

ビールがうまい!

新幹線か竜一か、超速で飲み干して、お代わりする。
うなぎが焼ける香りで、ビールが飲める!2リッター余裕ッチ……!」

そして、うなぎの焼き上がり以前に、ほろ酔いとなりおおす……。
「ちょっと飲みすぎちゃったな、ははは……」

そんな中!来る……!
今宵のド本命……!

源内の「うな重(上)」

お重に1本分入ったうなぎ!「うざく」「肝吸い」が付く、王者の構成……!

美しい褐色。

「茶色いものは、うまい」。

最強の茶色ここにある!

一口食べた竜一。

昇天!
一撃で倒される!圧巻の攻撃力……!

「皮はパリパリ!身はふっくら!」

うまい……!
「焼いてくれてありがとうございます……!」

感謝の一撃!
「うなぎ!うまい……!」

肝吸い。

うなぎの肝(きも)が入ったお吸い物、「肝吸い」。

「うな重」を食べて「肝吸い」を飲むと……。

気が狂う。
とんでもない旨味が俺を襲う……!

うざく。

うなぎが入った酢の物「うざく」。

「『うざく』なんて料理を考えた人、絶対頭おかしいだろう!こんな贅沢なこと、しちゃダメだよ!うなぎで酢ものって……!

そんなことを言いながらも……

食べると、また昇天!
「これはヤバい……」

至福。愉悦のひととき。

「あえて『上』にして良かった。『特』だったら、うなぎのチカラで夜も眠れなくなり、走り出すところだった……

茶色いものは、うまい。
「うなぎは茶色いものシリーズの頂点かもしれない……」

感動の夜が……過ぎた……。

「源内」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市北御座11−22(地図
営業時間/11:30~14:00、17:00~20:00
定休日/木曜日
駐車場/有
一人行きやすさ/○ カウンター席あったような?
子連れ行きやすさ/○ 座敷あり

竜一

高知で生姜農家を経営 / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知の飲食店を約20年でのべ2,000件以上食べ歩き / 大好きなお店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ
メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中
詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

© 2021 生姜農家の野望Online