うなぎの名店「源内」高知市で美味しい炭火焼うなぎを食べる

投稿日:

ああ………
それにしても
うなぎが欲しいっ……!

頭の中がうなぎになりそうなほど、うなぎが食べたかった竜一。

走り出せ……!
高知うなぎの名店へ……!

土佐炭火焼うなぎ「源内」(高知市北御座)。

うなぎの名店『源内』。元々は高知市八反田「城北中学校」そばにあり、数年前に現在の店舗がある高知市北御座に移転された模様。

「源内」の店内は座敷あり。

子連れも行きやすい仕様。

スポンサーリンク

「源内」のメニュー。

(* メニューは2016年4月に撮影したものです)

蒲焼きや、白焼きもあるが……。

やっぱりご飯にのせたい!

俺には聞こえる…うなぎの声が……。
うなぎ「俺ご飯にのりたい!すこぶるのりたい!」

「……となると、選択肢は3つ。『うなぎ丼』『まぶし丼』『うな重』

この局面、迷わない。
「せっかく来たんだ……」

贅沢の極み……!
「うな重」でいこう……!

「ククク……きょうは大丈夫。銀行で引き出したカネは2億。うな重を食べても懐は毛ほども痛まない……

ビールを飲みながら、うなぎの焼き上がりを待つ。

注文を受けてから、うなぎを炭火で焼いてくれる『源内』。

お茶をチェイサーに、生ビールをあおる竜一。

ビールがうまい!

新幹線か竜一か、超速で飲み干して、お代わりする。
うなぎが焼ける香りで、ビールが飲める!2リッター余裕ッチ……!」

そして、うなぎの焼き上がり以前に、ほろ酔いとなりおおす……。
「ちょっと飲みすぎちゃったな、ははは……」

そんな中!来る……!
今宵のド本命……!

源内の「うな重(上)」

お重に1本分入ったうなぎ!「うざく」「肝吸い」が付く、王者の構成……!

美しい褐色。

「茶色いものは、うまい」。

最強の茶色ここにある!

一口食べた竜一。

昇天!
一撃で倒される!圧巻の攻撃力……!

「皮はパリパリ!身はふっくら!」

うまい……!
「焼いてくれてありがとうございます……!」

感謝の一撃!
「うなぎ!うまい……!」

肝吸い。

うなぎの肝(きも)が入ったお吸い物、「肝吸い」。

「うな重」を食べて「肝吸い」を飲むと……。

気が狂う。
とんでもない旨味が俺を襲う……!

うざく。

うなぎが入った酢の物「うざく」。

「『うざく』なんて料理を考えた人、絶対頭おかしいだろう!こんな贅沢なこと、しちゃダメだよ!うなぎで酢ものって……!

そんなことを言いながらも……

食べると、また昇天!
「これはヤバい……」

至福。愉悦のひととき。

「あえて『上』にして良かった。『特』だったら、うなぎのチカラで夜も眠れなくなり、走り出すところだった……

茶色いものは、うまい。
「うなぎは茶色いものシリーズの頂点かもしれない……」

感動の夜が……過ぎた……。

「源内」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市北御座11−22(地図
営業時間/11:30~14:00、17:00~20:00
定休日/木曜日
駐車場/有
一人行きやすさ/○ カウンター席あったような?
子連れ行きやすさ/○ 座敷あり

高知市のカフェ情報はこちらから

2017/3/4

高知の西村商店でランチ!タッチパネルのメニューにメジカの新子発見

とんでもない魚がおった! 西村商店に、とんでもない魚がおったで! 高知市葛島の飲食店『西村商店』。一昔前まで、高知のイタリアンの先駆け『伊太利亭(いたりーてい)』があった、その跡地。 西村商店は子連れ可能? 『西村商店』の店内に、座敷はない。 しかし店内奥に片側が長椅子になった席があり、そこを抑えることができれば、子連れで行けないことはない。 だが『西村商店』は非常に人気のある店。平日でも常に満席に近い状態で、奥の長椅子を簡単に確保することはできないかもしれない。 そこで竜一が取ったのは、いつものことだが ...

ココイチのスパイスカレー theチキベジ

2018/6/20

ココイチの新メニュー「スパイスカレー チキベジ」ルーのみ持ち帰り!

カレーハウスCoCo壱番屋の新作メニュー「スパイスカレー theチキベジ」をルーのみ持ち帰り(テイクアウト)して食べた感想をご紹介。2018年6月1日〜8月31日までの期間限定販売。価格は890円。761kcal。

2015/9/29

「どんぶりころころ」メガ盛りの聖地でメガ盛りを食べない

券売機の前で少し悩んだ。並盛りにするか、ライトにするか。 時刻は午後二時半を回っている。これが昼ごはんのつもりだが、晩ごはんも数時間後に迫る。 メガ盛りで有名な『どんぶりころころ』。並盛りでも他店の大盛かそれよりも多いくらいの量をほこる。ライトでようやく他店の並盛り程度だ。 <メガ盛りの聖地でメガ盛りを食べないだけにとどまらず、大盛も食べず、並盛りも食べず、ライトだなんて…!許されるか!そんなショボい話が…!> だが三十代。つっぱることが男のたった一つの勲章、そういう時代は過ぎ去った。 <ライトにしよう… ...

2013/11/25

くろちゃん食堂 前編/猛獣ハンター

本当にいるのか・・・!この高知市中心部の街中に・・・! イノシシが! 生姜の収穫期を間近に控えた頃。コインパーキングに高級な軽自動車を停め、降り立った高知市の・・・圧倒的帯屋町。 <何処だ・・・イノシシはいったい何処に・・・!>いにしえの噂によると、イノシシはこの街の何処かにいるらしい。 「くんくん!」戌年の私は犬みたいにイノシシの香りを追い、柳町通りに達した。一軒の店を見つけた。 <きっとここだっ・・・!ここからイノシシの香りがプンプンする・・・!> いかにもイノシシがいそうな気配。雰囲気。私はその店に ...

2017/2/23

カフェ「珈風帆」(かふうほ)高知市西塚ノ原で洋食ランチ

「コーヒーの風がホッ!と書いて珈風帆(かふうほ)か・・・」 コーヒーの風がホッとするようなカフェが、高知市西塚ノ原にある。 カフェ珈風帆(かふうほ)のランチでホッ! 「ああ、俺は日々の喧噪のせいでギスギスしている・・・」 「麺棒で伸ばされたいほど病んでいる・・・」 俺は最終、麺棒で伸ばされたいんだよ。。。 #うどん — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) February 16, 2017 ダメだ、これは。ホッとさせてもらわないとダメだ。 珈風帆の店内、ソファーでゆったり 昔ながら ...

2014/3/4

ぎゅうせん 牛丼(並)

『そば処・吉野家』で『肉あんかけつけそば』を食べたときの話だ。 蕎麦だけではお腹が張らないと考えた私は「牛丼セット」を注文しようとした。 しかし吉野家の店員さんは、他の蕎麦は牛丼セットにできるが「肉あんかけつけそば」はできないと言った。 ええっ!なんで!どうして!どういう理屈だよぉぉぉっ…! 肉あんかけつけそばだけ…牛丼セット不能…うそぉーん!うそぉーん! 大人の事情があるのだろうが、悲しい。全俺の心が悲しみに満ちた。 そんなに牛丼が食べたいのなら、蕎麦と別に単品で牛丼を注文すればいい。たしかにそう。でも ...

2016/8/31

高知のとんかつ専門店「かつれつ亭」で「カツ丼」ランチ

トンカツ屋さんというものが、それほど多くない高知・・・! <トンカツが食べたいと思ったとき、そんなときに行くとなったら昔からここ・・・!> かつれつ亭 知寄町店・・・! テーブル席と、掘りごたつになった小上がりがある店内は広め!子連れのこの局面、当然小上がりに上がる竜一・・・! 開いたメニュー・・・! <さすがはトンカツ専門店!見事に揚げ物だらけ・・・!> カツに使われる豚も様々で、「熊本りんどうポーク」や「山形・三元豚」地元高知の「窪川米豚」「沖縄・アグー豚」なども選べる仕様・・・! <おっと!アグーは ...

2013/2/28

昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!(昼編・たっ!)

『昼編・うっ!を読む』 もはや「ひろめ市場」は高知の観光名所の一つということだろうか。 観光客風の人、多し! 平日にも関わらず、たくさんの人で賑わっていて、様々な方言が飛び交っていた。 土佐弁とはまったく違うアクセントで話す見知らぬ男性2人と同じテーブルで、念願の"ひろめうどん"を食べていると、 なんだか自分が観光客である気がしてきた。 <せっかく高知に来たんだ・・・!うどんを食べただけで帰るなんて勿体無い!やはり高知ならではの味覚を堪能して帰らなきゃ!> 高知ならではの味覚といえば、なんだろう!と考えた ...

2016/5/27

高知市で洋食ランチ!「オステリアビベール」

はりまや町界隈をブラブラ・・・! <あるじゃないか・・・こんなところに・・・!> 高知のイタリアが・・・! オステリアビベール・・・! <競走馬の名前みたいだ・・・!いかにも速そう・・・> テラス席もあるオステリアビベール・・・!店内は混雑模様・・・! 欧州の風漂うランチメニュー・・・!その構成・・・! <パスタランチのボンゴレビアンコ・・・!および本日のランチを注文・・・!> 気持ちは表参道な人々が好みそうな・・・洒落た雰囲気の中・・・! 初手は両ランチに付いている・・・! サラダ・・・! サラダを食べ ...

2012/6/29

高知大丸 横浜・中華街展 前編/未見の大陸麺

なんという名だったか忘れてしまったが、「高知大丸」で、日本中の美味しいものが集うイベントが開かれていると聞いて、私は高知市内でうどんを食べるついでに、高知大丸5階へ向かった。 しかし、そのイベントで販売されていた、見るからに美味しそうな食べ物たちは、物の価値を「たも屋のうどん○玉分」という基準で、無意識に換算してしまう私にとって、かなりツライ値段設定がなされていた。 <これがたも屋のかけうどん特大2杯・・・つまり6玉分か・・・!>そう思い始めたら、もう買えない。 元々、明確に目当ての品があったわけでもなけ ...

2013/11/26

くろちゃん食堂 後編/猛獣も人間も恥ずかしがってゆきます

『前編を読む』 雰囲気に味のある『くろちゃん食堂』店内を観察しながら、猛獣イノシシの登場を待つ。 オバチャン、持ってきた。前菜。 『カツ丼』 猛獣イノシシの前にブタを喰らう。それは至極当然、普通の流れと言えた。 <いい具合に熱せられた玉子・・・!香る出汁が会長・・・タマランチン・・・!> 充満するヨダレを垂らさないように注意。いざ黄金色の海を箸で切り裂く。 現れる・・・食堂らしく奇を衒っていないトンカツ!白いご飯・・・!米っ!米っ!米ぇぇぇっ! <ニッポンの味っっっ・・・!>米とカツを口一杯に頬張れる幸せ ...

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のカフェ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.