ローソンの「そば」は美味しい?「半熟玉子のとろろそば」を食べる。

投稿日:

2017年6月30日。
コンビニエンスストア『ローソン』が、1日だけ発売したプレミアムフライデー限定商品「冷し鴨南蛮そば」。

関連記事:「ローソン」プレミアムフライデー限定「冷し鴨南蛮そば」が超うまい

それは衝撃的な味だった……。
「コンビニの蕎麦が、こんなに美味しいとは……!」

あるのか……!
こんなこと……!

「うまい。コンビニでこのクオリティの蕎麦が食べられるとは……!」

そのとき竜一の中で生まれた、新説。

ローソンの蕎麦、大体うまい説……!

検証するために買ってきました。

スポンサーリンク

ローソン「半熟玉子のとろろそば」。

  • 価格/460円(税込)
  • カロリー/391kcal

開封していきます。


▲ バンドは、なかなかの跳ね具合。いいねぇ……。


▲ フタを取ります。


▲ 中身を取り出します。


▲ 本わさび……!


▲ これで食べられる!
……と思ったら、まだフィルムが付いているんだねぇ……。

危うく、フィルムを食べちゃうところだったよ。へっへっへ。


▲ やっぱり「冷し鴨南蛮そば」みたいな、平打ち麺ではないんだね。

このあいだ食べた『ファミマ』の「冷しネバネバ納豆そば」の麺よりは幅広に見える。


▲ つゆで麺をほぐします。


▲ ぬっ……!

コンビニの蕎麦は、どれもなかなかほぐれなくて、「冷し鴨南蛮そば」も蕎麦の団結力がすごかったんだけれど、これはわりとほぐれる。


▲ いい感じにほぐれてきました。


▲ とろろ入れます。

きた……!
千載一遇の温玉……!

温玉がのると、美味しそうに見えるんだよねぇ……。

これを「温玉最強説」と呼びます。

俺はずいぶん前から、この説を提唱しているから。


▲ ネギ入れます。

完成!
できた!嬉しい……!


▲ うどんでいう、「温玉とろろぶっかけ」だね。

いただきます!

おぉおぉおぉ……。

ふんふんふんふん……。

おぉおぉ、ふんふん……。


▲ 温玉割ります!


▲ 温玉が絡むと、まろやかになる!

竜一の表情もまろやかだ!

幅が違うだけで、蕎麦自体は「冷し鴨南蛮そば」と同じなのかな?似た味に感じる。

麺は難しくって、うどんでもラーメンでも幅が違うだけで、まったく同じ生地で作っていても違う味に感じるんだよね。

たぶん食感や舌触りが変わるからだろうと思うけれど……。

だが、俺ほどになるとわかる……。
おそらくこの蕎麦、「冷し鴨南蛮そば」の蕎麦と、幅が違うだけだ……。

……と言い切ったのに、製法自体もまったく違います、という話だったらどうしよう。

とろろの粘りで飲むように食べられる、さっぱりした夏向き蕎麦です。

なかなか美味しかった。
ローソンの蕎麦、ほかのコンビニの蕎麦と比較しても美味しい気がする。

また何か見つけたら食べてみます。

このブログは、おはようからおやすみまで、お蕎麦を見つめる、竜一の提供でお送りしました。

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-コンビニグルメ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.