高知の飲食店情報を中心に、様々なグルメの情報をドキュメンタリー風味でお届けしています。お店探しにお役立ていただけるのはもちろん「読みもの」として眠れない夜にお供します

【讃岐うどん】「よこい」香川・高松市。完全手打ちのうどん屋さん!

投稿日:2017.10.08 更新日:

手打ちうどん よこい(香川・高松市)

香川県高松市の『手打ちうどん よこい』は、足踏み、手切りによる完全手打ちのうどん屋さんとして知られる。

少し北に行くと、屋島のドライブウェイがあり、そこを上っていくと「新屋島水族館」があるよ、そんな立地である。

手打ちうどん よこいの店内

『よこい』の店内は、4人がけのテーブル席が5卓、そして座敷に4人がけの席が2卓あり、子連れにも嬉しい構成となっている。

そんな『よこい』はセルフ方式のお店で、会計は先払い。麺をテボに入れて温めたりするのはお店のかたがやってくれるため、昔は畑から自分でネギを切ってくる必要がある店もあった香川のうどん屋さんの中では、それほど"セルフ難易度"の高いお店ではない。

手打ちうどん よこいの「釜揚げうどん」

手打ちうどん よこい「釜揚げうどん」

やや太めで提供される『よこい』の麺は、「釜揚げうどん」の状態で食べると、非常にモッチリとした食感が楽しめる。

それはもう実際に「モチモチ」と音が聞こえそうな気がするほどだ。

後述する「天ぷらうどん」が有名なため、それを食べるかたが多く、「釜揚げうどん」に目が行きづらいが、作り始めからできあがるまで、生地を手でこねて、足踏みして、手切りしてと、機械を使わずに大将が一から十まで手作りされた麺は、是非一度「釜揚げ」で食べられたほうがよいのではないか、と思えるうどんである。

手打ちうどん よこいの名物メニュー「天ぷらうどん」

手打ちうどん よこい「天ぷらうどん」
▲ そして、こちらが『手打ちうどん よこい』の名物「天ぷらうどん」。

「天ぷらうどん」と聞いて、どんなうどんを思い浮かべるだろうか。

大抵は、大きなエビの天ぷらが1本か2本、ドッカリとのっていて、ほかに野菜の天ぷらがいくつかのっている、そういううどんを多くのかたが「天ぷらうどん」とのメニュー名から連想すると思う。

しかし『よこい』の天ぷらうどんは、一般的な「天ぷらうどん」と異なる。

手打ちうどん よこい「天ぷらうどん」の、えび天ぷら

地物の小エビのかき揚げが、ちょこんとのっている、それが『手打ちうどん よこい』の「天ぷらうどん」なのだ。

この小エビは、大将の奥様が丁寧に手作業で「頭」と「尻尾」を取り外した、生の小エビを使用しているとのこと。

胴体の部分は殻を残してあるため、かき揚げを口に入れると、カリカリとした食感が楽しめ、香ばしい匂いと、小エビの甘さが舌の上に広がる。

かけ出汁を含んだかき揚げは、口の中で衣がほどけ、なにかかき揚げが「僕おいしいでしょう?」と、こちらに語りかけてくる、そんな気さえする。

麺も、かき揚げも、心をこめて手作りしてくださっているものだと知って食べると、「ありがたいなぁ」そう言葉が自然にこぼれる。

口に出して言おうとしなくても、言葉がもれてくる……こぼれるのだ。

手打ちうどん よこいの「山かけうどん・冷」

手打ちうどん よこい「山かけうどん・冷」

温、冷、食べ方が選べる『よこい』の「山かけうどん」。

「温」を注文すると、当然かけ出汁がかかったうどんを提供してもらえるわけだが、「冷」を注文すれば、ぶっかけ出汁をかけて出してもらえる。

手打ちうどん よこい「山かけうどん・冷」の、山芋とろろ

「天ぷらうどん」に入っていたカマボコを、こちらにも入れてくれている。

かけうどんにカマボコはあっても、ぶっかけうどんにカマボコはめずらしい気もするが、ぶっかけ出汁にカマボコは合う。もしかすると、"かけ"より"ぶっかけ"のほうが合っているのではないか、そんなふうにも考えられる。

よく私みたいな酒飲みのおじさんが、カマボコに醤油をかけて酒のつまみに食べたりするが、カマボコとぶっかけ出汁の組み合わせは、あの感じに似ている。

手打ちうどん よこい「山かけうどん・冷」の麺  

表面がつるっとしたうどんは、舌触りがとてもよく、同じ『よこい』のうどんでも食べ方によって変化する感じは、食べごたえの「釜揚げ」、喉越しの「ぶっかけ」、なんて言い方もできる。

ぶっかけ出汁が絡んだ山芋とろろと、麺をさらに絡めることで、出汁と麺が仲良くなり、器の中にある「うどん」というチームに、まとまり、一体感が生まれる、

手打ちうどん よこい「山かけうどん・冷」器(全体像)

『手打ちうどん よこい』の「チームうどん」。

きっと日本シリーズで優勝するに違いない。

*『手打ちうどん よこい』では、冬季限定で「生そば」も提供されています。

「手打ちうどん よこい」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/香川県高松市新田町乙甲961−2(地図
営業時間/10:30~17:00(麺切れで終了)
定休日/木曜日
営業形態/セルフ
駐車場/有
一人行きやすさ/△ カウンター席なし
子連れ行きやすさ/○ 座敷あり

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

アクセスランキング★TOP5

1 高知蔦屋書店 内観

高知 蔦屋書店!南御座に新店オープン!全テナント情報を徹底解説

高知市南御座の卸団地にオープンした、大型複合書店「高知 蔦屋書店」全テナントの営業時間と定休日の一覧。ほか「高知 蔦屋書店」を実際に訪れて詳細レポートしています。テナント数は20以上!書籍はもちろんおいしいグルメにキッズスペースもあります。

2 ヴェッセルのランチ

ヴェッセル (VESSEL)高知・香南市野市町にカフェの新店がオープン

2019年2月4日!高知県香南市野市町に民家カフェ「ヴェッセル(VESSEL)」が新店オープン!リーズナブルな価格で食べられるヴェッセルの手作りランチをグルメブロガー竜一が徹底解説!

3 Real食堂 西山珈琲館 サイフォンコーヒー

Real食堂「西山珈琲館」高知市高須にオープンしたカフェでランチ

高知市高須にオープンしたカフェ「西山珈琲館」のランチをご紹介。巨大なコーヒーの焙煎機がある西山珈琲館。ハンバーグ、チキン、スープカレーが食べられる、子連れ(幼児連れ)で行けるカフェです。

4 製麺処蔵木南国店 特製濃厚魚介豚骨ラーメン太麺

【新店】製麺処 蔵木 南国店 ラーメンの人気店が南国市にオープン

南国市にオープンしたラーメン屋さん「製麺処 蔵木南国店」を最速で実食レポート。蔵木南国店のラーメンを食べた感想やメニュー、営業時間の確認ができます。これまでに数百軒のラーメン屋さんで大量のラーメンを食べてきたブロガー竜一がご紹介します。

5 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

-高松市うどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.