商店街の魚屋さんで、ハマチの刺身とまだあった「メジカの新子」を購入

投稿日:

いつもの魚屋さんで今回は「ハマチの刺身」、そして時季的にはもうギリギリ。最終盤の「メジカの新子」を購入してきた。

ちなみに前回の記事:赤ムロアジの刺身、カツオのタタキを鮮魚店で購入。

▲ メジカの新子。

よもや、まだメジカの新子に会えるとは!

メジカの新子は8月下旬~9月下旬、わずか1か月間のみが旬とされていて、10月に入るともう食べられないかなと思っていたが、なんと販売されていたのだ。

価格は1舟250円(税込)

安いっ!
「8月に買ったときも250円だったんだよね……」

8月の記事:【高知】近所の鮮魚店で幻の魚「メジカの新子」が250円で買えた。

▲ ハマチの刺身もよく脂がのっている。

▲ ハマチの刺身、正面ビュー。

▲ メジカの新子、正面ビュー。

▲ メジカの新子はブシュカンをしぼって、醤油でいただく。

▲ ハマチは高知流の葉ニンニクが入った「ぬた」でいただく。

おいしい!

おそらく、メジカの新子はこれが今シーズンの食べおさめ。

メジカよ、メジカよ、メジカちゃん!
また来年よろしくお願いします。

 

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-持ち帰りグルメ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.