高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

【コイケヤ】「わさムーチョ」なかなか売ってないレア商品(うまい)

投稿日:2018.03.09 更新日:

私はお菓子を買うことが滅多にない。そもそも甘いものが苦手なのだ。

どちらかといえば「塩辛い」ポテトチップスなどの「スナック菓子」もまず食べない。

食べたいと思わないからだ。

「ポテチを食べる余裕があるのなら、うどんを食べていたい……」

わりと本気でそう思っている。

だが唯一、刺激的なお菓子は好きだ。

たとえば「ワサビ味」のお菓子。これは時々食べたくなる。

スポンサーリンク

ワサビ味のカラムーチョ「わさムーチョ」がうまい!

出会いは衝撃的だった。

2歳児の娘をショッピングカートに乗せ、とあるスーパーマーケットのお菓子売り場を歩いていると、視界に緑色したパッケージが飛び込んできた。

「なんだこれ……おいしそう……」

お菓子に反応しないはずの脳が、それを求めた。

考えてみれば、恋の始まりだったのかもしれない。

「いや、俺はお菓子を食べないキャラだ」

固定観念にとらわれて数十秒迷ったが、次の瞬間にはカゴに入れていた。

「わさムーチョ」という、コイケヤのお菓子だった。

コイケヤ わさムーチョ

コイケヤ「わさムーチョ」

次の日、私は「わさムーチョ」を開封した。

2歳児の娘を保育園へ迎えに行く直前だった。少しつまんで迎えに行く予定だった。

がっ……。

わさムーチョ

食べ始めると、止まらない「わさムーチョ」。

うまい……。

うまい……!

なんだこれ!うまいっ!!

「すごくワサビが効いている……」

元々ワサビが好きで、「ネギトロ丼」を食べる際などにも大量のワサビを投入し、「私はネギトロ丼を食べているのではない。ワサビを食べているのだ」との名言を残した、ワサビフェチにはたまらない味だった。

娘を保育園に迎えに行かなければならない。

わかっているのに、手が止まらない。

悪魔だ……!
わさムーチョは、悪魔のお菓子だ……!!

そう言いながらも食べ続けてしまう。

圧倒的!美味っ!

とんでもない、おいしさがそこにあった。

わさムーチョ、売ってない?(なかなか販売されていない説)

コイケヤのお菓子は「カルビー」などと比較すると、どうしても販売店が少ない傾向にあると思う。

「わさムーチョ、売ってないよ!」というかたも散見される。

しかし現代は、インターネット時代。ネットで購入することも可能。

ちなみに私が住む高知県では、

  • スーパー「サンシャインカルディア」
  • お弁当&コンビニエンス「くいしんぼ如月・某店」

の2か所で販売されているのを見かけた。

高知のかたは是非!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.